• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
兄が泥酔して帰宅し、ヨーグルトと間違えてボディーソープを食べてしまった「ボディーソープ誤飲事件」が面白い

兄が泥酔して帰宅し、ヨーグルトと間違えてボディーソープを食べてしまった「ボディーソープ誤飲事件」が面白い

Posted date:
兄が泥酔して帰宅し、ヨーグルトと間違えてボディーソープを食べてしまった「ボディーソープ誤飲事件」が面白い

人はお酒を飲み過ぎて、泥酔状態になると何をするかわからないのが本人も一緒に居る人も怖いのですが、ある妹さんの兄がお友達のスイス人とお酒を飲み一緒に帰ってきて、お腹が減っていたのか、テーブルに置いてあった詰め替え用のボディーソープをヨーグルトと勘違いして食べてしまった事件が起きたみたいです笑

兄が泥酔して帰宅し、ヨーグルトと間違えてボディーソープを食べてしまった「ボディーソープ誤飲事件」が面白い ※ 非公開設定になってしまっていたので 本文のみお借りしました

兄貴が酔っ払って帰ってきたんだけど、酔っ払いすぎてボディーソープの詰め替えようをヨーグルトと間違えて口に入れて「美味しい!」って言いながらムシャムシャ食ってるんだよね、今から兄貴連れて病院行って来ます

今病院なんだけど、休憩中なのに「あの、ボディーソープ食べちゃって」って言ったら先生が慌てて出てきてくれて二人で診察室入ったら「えっと、お子さんですか?」って聞かれて「いえ、違います。こちらは兄です、ちなみにボディーソープ食べたのも兄です」って私が答えたら先生が爆笑した、つらい

「ボディーソープをヨーグルトと間違えて「ヨーグルト美味しい!」って言いながらバクバク食っちゃったんです、兄が」って言ったら「も、申し訳ありません、こんなに笑うなんて失礼で、あの、でもボディーソープを食べたことは危険ですので今から診察をしますのでお待ちください」って言われて待ってる

兄貴と夫婦だと勘違いされたことにムカついてるけど、正直兄貴がボディーソープを間違えて食わなきゃこんなことにはならなかったし病院の先生も爆笑する気持ちは抑えきれないのわかるから仕方ないかなって気持ち

妹さん、大変そうね…って看護婦さんから心配されるのマジ無理

とりあえず「こっちのヨーグルトの方がうまいよ~~!」って言いながら兄貴に牛乳を飲ませたのは良かったらしい、私はすごい

スイス人は一緒に帰ってきて爆睡してたよ、兄貴は起きたまま酔っ払っててボディーソープを食ってたよ

胃洗浄するらしい、兄貴が「ウ、ウオオオ腹が~~~~」、って言ってるの最高にヤバイ

ボディーソープの詰め替え用を机に置いてたらそれを食ってたんだよ

会社に「兄の体調が悪くて今日面倒を見ないといけないので休ませてください」って言ったら「お前の兄貴大人だろ!お前今日の仕事大事なんだぞ!」って言われて「いや…あのそれが…兄貴が酔っ払って間違えてボディーソープ飲んじゃって…」ってカクカクしかじかと話したら死ぬほど笑われたやめて

「ヒー!ヒー!おまえら兄妹本当おもしれえな!ヒー!ヒー!めっちゃウケるヒー!ヒー!に、兄ちゃんの様子はまた報告してくれ!調子が戻ったらお前もヒー!出てこいよ!ブーッ!ヒャヒャヒャ!」ってひたすら上司に笑われて精神的屈辱を味わってる

昨日ボディーソープ詰め替えるつもりで机に置いてたけど忘れて風呂入って、間違えてシャンプーで身体洗っちゃって「ドヒエーー」となって最後少し残ってたボディーソープを慌てて使って風呂場から出てきてあーやっぱり昨日ボディーソープを詰め替えておくべきだった

まさかボディーソープ飲むとか思わねえじゃん………

使ってるボディーソープ聞かれるんだけどLUXのやつだよ

食べたというより飲んだっていう表現に近いんだけど、飲んでから口の中モグモグしてたんだよね、泡が立ってたんだよね口で。闇だよね

やはり泥酔すると人は何をするかわかりません

女性の方って記憶をなくす程お酒を飲む人って少ないのですが、男性は自分の限界まで、それ以上までお酒を飲んでしまいます。はい、バカなんです。筆者もそうですが限界以上にお酒を飲んで記憶をなくし、「此処はどこ!?」 という事が何回もありました。

ボディーソープをヨーグルトと間違えて飲んでしまう事はレアな事ではありますが、記憶がない時の自分はなにをしてかすかわかりません。お酒はほどほどにしときましょう笑

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。