• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【洒落怖】ク・フランの霊山(山・中編)

【洒落怖】ク・フランの霊山(山・中編)

Author:
ankouankou
Posted date:
【洒落怖】ク・フランの霊山(山・中編)

『ク・フランの霊山』

646 :627 ◆DxCY1HKXjs :04/02/09 01:09
村の産婆や薬師が魔女と怖れられた忌むべき時よりも、更に遠い昔のこと。
ク・フランが棲んでいたとされる、神聖な霊山があった。
そこはク・フランが昔、戯れに丸めた雷などが常に停滞していて、
とても人の入れる場所ではなかったという。
また、誰も入っていこうとは思わなかった。

しかし、二つ向こうの村では、その山に入ろうとしている若者がいた。
彼は「誰も入ったことがないという事は、そこは手付かずの獲物が豊富ということだ」と思い、
妻が止めても「妻は夫に意見する資格はない」と聞き入れず、彼の山へ入っていった。


647 :627 ◆DxCY1HKXjs :04/02/09 01:10
雷雲が蠢き、辛い道であったが、若者は山へどんどんと入っていった。
すると、中腹辺りに差し掛かった頃、あるひらけた場所へ出た。
そこは神の楽園を思わせるような、豊沃なところであった。
川にはミルクと蜂蜜が流れて、美しいニンフが水浴びをしており、
多くの牛達が放し飼いで戯れあい、 
そして木々では、小妖精達がお喋りに夢中になっている。

若者が見とれていると、川辺にいたニンフが話し掛けてきた。
「まぁ、ずいぶんと久しぶりなこと。新しいお客様ね」と微笑みかけられ、
若者は急に悪い事をしたと思い、
「すまない。私の立ち入れる場所ではなかったようだ。
 私はこの楽園に立ち入り、神の名を汚してしまった」
と詫びた。
しかしニンフは、
「そんなことを心配する必要はありません。
 あなたは自分の意志でここへ来たのでしょう?
 麓の村人は怖れて入山しない。あなたは勇敢で立派な若者だわ」
と、彼に優しく語りかけた。
そして、
「ずっとここへ居てよいのです。
 牛と蜂蜜はあなたのもの。小妖精はあなたに付き従う。
 勿論私は、あなたの全ての世話を見てあげる」
と言って跪く。
若者はいい気分になって、暫しの間ならということで住み着くことにした。 
すると最後に、
「但し、ここでは神霊の名はおろか、特にク・フランの名はみだりに唱えてはなりません。
 彼らを侮辱することになります」
と強く言われ、若者は了承した。


648 :627 ◆DxCY1HKXjs :04/02/09 01:12
住み着いて暫く経ち、若者が森を歩いていると、
なんと鬱蒼と茂った木々の裏に、柘榴が大量に生っているのを見つけた。
彼はここが冥界なのではと疑い、ニンフに「どうしても神霊に祈りを捧げたい」と申し出た。
ニンフはどうしてもダメだと言うが、制止を払い若者は祈りを捧げた。
すると視界にモヤがかかり、辺りがハッキリしてくると、
若者のいる場所は、荒涼とした冥界のように寂しい場所だった。
そして目の前にいたニンフの顔は崩れ、みるみる内に赤黒い悪魔の顔へと変わっていった。

若者は驚き、一目散に下ったが道が全くわからない。
そして後ろからは、悪魔が信じられない速さで襲い掛かってくる 
若者は、
「雄々しきク・フランよ!あなたの山に悪魔が巣くっています!
 そして愚かな私は、それに追われています!
 あなたが噂通りの蛮勇であるなら、どうか私に力を貸してください!」
若者がそう叫ぶやいなや、霊山の天で停滞しているはずの雷が一筋落ちてきた 


649 :627 ◆DxCY1HKXjs :04/02/09 01:15
それから数ヶ月後。
あの若者の妻が一人きりで暮らしているところ、夜中に突然ドアを叩く音がした。
誰かと思い尋ねると、あの若者だという。
とっくに死んでしまったものと思っていたので妻は、大喜びでドアを開けた。
若者は青白い顔をし、頬はこけていたのだが、明るい顔で妻を抱きしめた。
「今まで済まなかった。寂しかったろう」と言い、腰袋から何かの実を取り出した。
「私はク・フランの霊山へ行き、そこで大変美味しい果実を見つけた」
といい、妻に食べろと言った。
妻は「まぁ、赤黒くて変わった形をしているのね。でもあなたがそうおっしゃるのなら食べるわ」
と言い、果実にかじりついた。 

すると「食べたな?」と若者は呟き、段々と彼の顔が崩れて、醜い悪魔の姿に変わってしまった。
「あの男は我々の国へ自ら足を踏み入れ、冥界とも知らず私に精を注ぎつづけた。
 身の衰えにも気付かず、逃げたとて我から逃げおおせるものか。
 お前も冥界の果実である柘榴を口にした。夫婦仲良く冥界で暮らすがいい」 

それ以降、若者の妻の姿を村で見かけた者はいなく、
妻の住んでいたところの木々には、赤黒く変形した奇妙な果実が生っていたという。

『オススメの怖い話リンク』

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ankou

怖い話を中心にしてまとめています。