• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
目が釘付け♡「まんすじ」「メコスジ」韓国&日本芸能人選手権♡セクシー画像まとめ

サムネイル出典:

目が釘付け♡「まんすじ」「メコスジ」韓国&日本芸能人選手権♡セクシー画像まとめ

Posted date:
Update date:2017年08月08日
目が釘付け♡「まんすじ」「メコスジ」韓国&日本芸能人選手権♡セクシー画像まとめ

まんすじ、メコスジ とは

もともと正式名称は存在せず、性的な俗語として単に「食い込み」と呼ばれていた。また衣類の圧力で陰部が盛り上がることから「モリマン」という呼称も用いられたが、この用語は俗に上つきと呼ばれる性器の位置の浅い女性を示す言葉となり定着しなかった。衣類が食い込んで出来るものは谷間・凹凸であり、スジという名称はそれを包括するには多少の齟齬がある。しかし、他に適当な名称がないまま俗語として「マンスジ」あるいは単に「スジ」とも呼ばれていた。1980年代のアイドルブームの折りに、カメラ小僧と呼ばれるアマチュア写真愛好家によって撮られた、いわゆるパンチラ写真の頃は食い込み・マンスジ・スジと呼ばれることが多かった。
インターネットコミュニティ上で、愛好者たちにより俗称されるうちに、いくつかのアダルトゲーム、成人向け漫画などで用いられ始めた用語としての「スジメコ」「スジマン」という言葉(これはスジ状である陰裂そのものや女性器全般を指したり、未だ陰毛が発毛していなかったり、剃毛や脱毛等で陰毛が無いために筋状である女性器の様子を指す場合が多い)があるが、これも非常に狭い世界での用語である。スジメコの倒置として(あるいは逆)自然発生的に生まれた言葉であるが、「メコスジ」は、女性器の俗称である「オメコ」の「メコ」と、「筋」の合成語であり「マンスジ」も、同様に女性器俗称の「オマンコ」の「マン」と、「筋」を合成した語であるために性的な言葉とは認識されやすい。しかしこの言葉のみで「衣服の食い込みによって盛り上がった女性器」と理解できる層は限られている。
雑誌・写真集などの写真表現物やビデオ・DVD・テレビ放送などの映像表現物で、演出者あるいは出演する女性自身が、性的な印象を強調するために故意に、下半身に着用する衣類を陰部に食い込ませる事があるとされる。近年着エロと称して、衣類を着用しながらのエロティシズム表現として用いられる傾向にある。

「まんすじ」♡セクシー画像まとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。護身術師範。 悪質なクレーマーや左翼と戦う某団体所属。喧嘩上等。 「I'm proud of the fact I was born in Japan.」