• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ゲーム会社にDDoS攻撃を仕掛けた16歳高校生を書類送-全国初

サムネイル出典:

ゲーム会社にDDoS攻撃を仕掛けた16歳高校生を書類送-全国初

Posted date:
ゲーム会社にDDoS攻撃を仕掛けた16歳高校生を書類送-全国初

ゲームに夢中になった16歳高校生。まさかのアカバンになってしまい、そのはらいせにサーバに攻撃を仕掛けた事件。その攻撃で連続20時間もサーバがストップしてしまい、ゲーム会社も困り果て攻撃者を捜し、発見したらまさかの16歳高校生だった。

だが、犯罪に年齢は関係ない。犯罪は、犯罪だ。

DDoS攻撃とは

DDoS(分散サービス妨害)とは、第三者のマシンに攻撃プログラムを仕掛けて踏み台にし、その踏み台とした多数のマシンから標的とするマシンに大量のパケットを同時に送信する攻撃。

このように攻撃元が複数で、標的とされたコンピュータが1つであった場合、その標的とされるコンピュータにかけられる負荷は、より大きなものになる。攻撃元が1つの場合はDoS攻撃となる。

DoSやDDoS攻撃は、これを簡単に実行させるためのツールがインターネット上で出回っている。

DDoS攻撃は少なくとも現状では標的にされれば完全に防ぐ方法はなく、インターネットの根幹に対する脅威である。

出典:セキュリティ用語事典[DDoS攻撃]

「DDoS攻撃」初立件は高校生 ゲーム妨害の疑い

画像をクリックで拡大

集中的に大量のデータを送りつけてウェブサイトをパンクさせる「DDoS(ディードス)攻撃」でオンラインゲーム運営会社の業務を妨害したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は18日、熊本市在住の高校1年の少年(16)を電子計算機損壊等業務妨害の疑いで書類送検した。同課によると、DDoS攻撃を仕掛けた人物を立件するのは全国初という。

DDoSは「Distributed Denial of Service」(分散型サービス妨害)の略。サーバーの処理能力を超える大量のデータを送りつけ、ウェブサイトを表示できなくしたり、表示を遅くしたりする。

送検容疑は今年3月19~20日、DDoS攻撃を代行する海外の有料サイトを使って、「ゲームオン」(東京)のサーバーに33回にわたって大量のデータを送りつけ、業務を妨害した疑い。同社が運営するオンラインゲームを妨害するのが目的だったという。

少年が海外サイトに攻撃先のIPアドレスを指示。発信元を隠すため、設定に不備のある国内外のサーバーを経由して、大量のデータを送りつけていた。サイバー犯罪対策課によると、少年は「ゲームの運営方法に不満があった。DDoS攻撃したらダウンして面白くなり、何度かやった」と話している。

少年は戦闘ゲームの利用者だったが、同社からアカウントを凍結されて遊べなくなったことに腹を立てたという。少年は別のゲーム会社2社にもDDoS攻撃をしたと話しており、サイバー犯罪対策課が調べている。

ゲームオンのサーバーには、最大で通常の約20倍の負荷がかかり、約10時間にわたって使用不能になった。同社が今年8月、渋谷署に被害届を出していた。サーバーの接続履歴から少年の関与が浮上したという。

出典:「DDoS攻撃」初立件は高校生 ゲーム妨害の疑い  :日本経済新聞

16歳高校生を書類送検=ゲーム会社にDDos攻撃容疑―全国初

画像をクリックで拡大

海外サイトを利用してデータを大量に送り付ける「DDos攻撃」を行い、国内のオンラインゲーム会社のサーバーをダウンさせたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は18日、電子計算機損壊等業務妨害容疑で、熊本市に住む高校1年の男子生徒(16)を東京地検に書類送検した。同課によると、DDos攻撃の実行者の検挙は全国初という。

男子生徒は容疑を認め、「ゲームのアカウントを不当に凍結され不満だった。面白くなって何度もやった」と供述。別の会社2社にも同様の攻撃を行っていたという。

送検容疑は3月19、20日、自宅でパソコンやスマートフォンを使い、DDos攻撃を行うサイトを利用して、オンラインゲーム会社「ゲームオン」(東京都渋谷区)の業務用サーバーに通常時の約10~22倍の高負荷を与え、業務を妨害した疑い。

 

同課によると、生徒は海外の攻撃サイトを利用。発信元のIPアドレス(ネット上の住所)を書き換え、正確な時刻情報を提供する「NTPサーバー」に対し、ゲームオン社のサーバーが繰り返し問い合わせをしたように偽装し、延べ約1100カ所の国内外のNTPサーバーから時刻情報を送信させ高負荷を与えていた。

出典:16歳高校生を書類送検=ゲーム会社にDDos攻撃容疑―全国初・警視庁 (時事通信) - Yahoo!ニュース

ゲーム会社にDDoS攻撃で16歳検挙

複数のパソコンから大量のデータを送りつけ、オンラインゲーム運営会社の業務を妨害したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は18日、熊本市の市立高校1年の男子生徒(16)を電子計算機損壊等業務妨害容疑で書類送検した。サイバー攻撃の一種の「DDoS(ディードス)攻撃」と呼ばれる手法で、摘発は全国初。

同課によると、生徒は「ゲーム会社の運営に不満があり、攻撃したらサーバーがダウンしたので面白くなり何度もやった。他のゲーム会社2社も攻撃した」と容疑を認めているという。

送検容疑はDDoS攻撃を代行する海外の有料サイトを利用し、今年3月19~20日に計33回、東京都渋谷区のゲーム会社「ゲームオン」のサーバーコンピューターにDDoS攻撃を仕掛けて負荷を与え、サーバーの機能を低下させ業務を妨害したとしている。【林奈緒美】

出典:ゲーム会社にDDoS攻撃で16歳検挙 - goo ニュース

ネットの声

悪い事したら必ず自分に天罰が加わる良い事例

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。