• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
九州豪雨の中、自衛隊員が救った「命」とは

九州豪雨の中、自衛隊員が救った「命」とは

Author:
risarisasaririsarisasari
Release Date:
九州豪雨の中、自衛隊員が救った「命」とは
絶対マロン自力で小学校まで渡って来れんよねって言ってたら、やっぱり自衛隊の皆さんが助けてくれてた😢❤️
人より見つけづらいのに感謝しかないです。
全ての命を助けようと頑張って頂いてる自衛隊の皆さんありがとうございます。
大雨の中、小学校に取り残されていた犬
自衛隊員が救助し水を与えてくれたそうです。避難所にいる飼い主さんは今犬を飼えない為、このワンちゃん(マロンちゃん)は
親戚のお家に置いていただいているとか。早く一緒に暮らせるようになってほしいです。
屋根の上にとりのこされた
ご夫婦と2匹の柴犬
無事救助 自衛隊は犬を入れる袋をもって救助に来てくれた




鬼怒川でも犬を救助した自衛隊員に賛否がありましたが、人間も動物も大切な命です。ありがたいと思います。
私の地元は津波が来たかのようです。家を失った人も多くいます。他の地域もです。
まだ救助されずに、次いつ土砂崩れが起きるか不安と隣合わせの人もいます。
行政によっては支援物資の受付を開始している所があるようです。
皆さんにも知って頂きたいです。


こんな大雨の中、よく人も犬も助かりました。
陸上自衛隊は、現在、福岡県と大分県において人命救助等に係る災害派遣活動を実施しています。画像は、ヘリコプターを使用して空中から孤立者を救出する様子と、地上から孤立者を救出する様子です。
自衛隊員の必死の人命救助も続きました。

だが、まだまだ救助を必要としている人たちは大勢いる

創業100年を越える父が受け継いだ旅館がこんな姿に。悔しさでいっぱいです。今までご愛顧して下さったお客様ありがとうございます。予約して下さっていたお客様申し訳ありません予約帳も流され連絡できません。どうか届きますように🤝家族は全員無事です🐕

100年続いていた旅館も被害にあいました。ここにもワンちゃんも写っていますね。被害にあうのは人だけではなく動物も同じです。
九州豪雨 朝倉市 杷木

災害から2日経ちましたが
今でもこの状態です。
まだひどい所はたくさんあり、
これはほんの一部です

どうか他人事と
思わないでほしい。
写真を通じてたくさんの方に
知ってもらいたい




まるで、東北の震災の時の津波のようです。
それでも、今回も自衛隊や警察は必死に救助していますね。
RTしとる場所俺が小学校から高校のときまで住んどった場所
田舎やけどいいとこやしみんないい人ばっかりやった
翔ちゃん家もまいきん家もボロボロやん
みんな無事であってほしい
救助きてないならはやくきてほしい
	
ご心配お掛けしております。m(_ _)m
家族も元気です。
幸いな事に自宅にも被害は有りません。
ですが僕の住む朝倉市杷木地区は甚大な被害を受けております。
職場の病院は患者さんを救急車で救助や自衛隊のヘリからの患者さん受入をやっておりました。
ご心配頂きありがとうございました。
	
今東峰村はこんな状況です。
日田市にでようと思えばでれるんですがでられない人もいます。
小石原も上がれなく状況がわかりません。
支援物資もまだ届いてなく子供、お年寄りもいます。
2ヵ所の老人ホームも孤立状態です。
拡散お願いします
	
【海自Facebook更新】九州北部における大雨に伴う災害派遣の様子を掲載しました。⇒
今現在も、自衛隊員による救助も続いています。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
risarisasari