• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
アンチ急増!? 清楚系エロ女優「吉岡里帆」♡やばい♡セクシーボディ画像まとめ

アンチ急増!? 清楚系エロ女優「吉岡里帆」♡やばい♡セクシーボディ画像まとめ

Author:
MaverickMaverick
Release Date:
アンチ急増!? 清楚系エロ女優「吉岡里帆」♡やばい♡セクシーボディ画像まとめ

吉岡里帆

よしおか りほ
吉岡 里帆

生年月日	1993年1月15日(24歳)
出生地	京都府京都市右京区
身長	158 cm
血液型	B型
職業	女優・グラビアタレント
ジャンル	映画・テレビドラマ・CM
活動期間	2013年 -
事務所	エーチームグループ

出典:Instagram

riho_yoshioka”カルテット 第5話”
「第1章終幕」 今夜22:00〜
怒涛の展開。
アリス、本性剥き出します。

#TBS #カルテット

出典:Instagram

riho_yoshiokaprivate📷

出典:Instagram

riho_yoshioka”ごめん、愛してる”
いよいよ始まります。
応援よろしくお願いします。

出典:Instagram

riho_yoshioka”週間プレイボーイ 最接近”
初めてグラビアに挑戦してから、3年。
お芝居がしたくてしたくて東京の養成所に通っていた頃に何かきっかけになるとお仕事を頂いて、
戸惑いながらも同じ編集さんと
マネージャーさんと歩んできました。
「怖がらずに立ち向かえ!」
これまでと今、そしてこれから、
色々な溢れる想いと共に40ページ丸々一冊
特集を組んで下さいました。
家に置いて貰えるような週刊誌を残す。
ずっと描いていた夢を今回一冊に出来たように思っています。ぜひ手にとってみて下さい。

#週刊プレイボーイ
#特別号

出典:Instagram

riho_yoshioka”DIC”企業ブランド新CM
本日から放送開始します。
見つけて下さい。 「color&comfort」

#DIC #印刷インキ世界トップシェア

出典:Instagram

riho_yoshioka”Hanako”
外であそぼう!
初表紙。

休みの日は外に出かける派です🌷

#Hanako

出典:Instagram

riho_yoshioka”B.L.T”
恋のスイッチ、ロングインタビュー

#BLT

出典:Instagram

riho_yoshioka”B.L.T.” この衣装のポスター付きだそうです。

#BLT

出典:Instagram

riho_yoshioka”soup”
デジタルマガジン記念号!初表紙。

出典:Instagram

riho_yoshioka”TOKYO DAY OUT”
特集 東京でアートを楽しむ10の方法。表紙

出典:Instagram

riho_yoshioka”東京の色いろを撮る”

ある役を頂き、
デビューしてから初めて髪の毛を染めました。
ずっと地毛にこだわっていましたが、
茶色である意味を感じる役でしたので
この色に至りました。

そんな新しい役の一つが、近々お目見えします。
受け入れて貰えます様に…

出典:Instagram

riho_yoshioka”ar”

@ar_magazine #5月号にて初登場しています
吉岡里帆 露出が増えるもブレーク感ゼロ!?
	

『カルテット』(TBS系)での目が笑わない、小憎たらしい小娘・有朱を好演し話題に

第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞:吉岡里帆受賞コメント
「カルテット
吉岡里帆の自己分析「役者として華がない。脇役の役割を担うことで勝負」


「人生、チョロかった」の名セリフが視聴者に強烈なインパクトを残し、演じたキャラクターが良くも悪くも世の女性たちの話題になった女優・吉岡里帆。その『カルテット』(TBS系)での目が笑わない、小憎たらしい小娘・有朱の好演が評価を受け、『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞を受賞した。「賞をいただけるのは初めて」と喜ぶ吉岡にドラマを振り返ってもらった。

役者として華がない自分が勝負できるのは

――新人賞おめでとうございます。個人で賞を受けるのはどんなお気持ちですか。
吉岡里帆身に余る光栄です。私は役者として自分に華がないと思っていて、そんな自分が勝負できることは脇役として主演の方がより輝けるようなキャラクター作りをして、その役割をしっかりと担うこと。それが役者としての自分のあり方だと考えていましたので、賞をいただけるなんてまったく思っていなかったですし、本当に驚きました。自分への評価が形として明確になって、こうして賞としていただけたのは初めてです。嬉しいものなんですね。トロフィーが自分のものとは思えなくて(笑)。

――ドラマは放送中から話題になり、有朱というキャラクターもSNSなどでよく取り上げられていましたが、手応えは感じていましたか?

吉岡里帆撮影中は不安もたくさんありましたし、緊張感で高ぶっていましたので、お芝居が良いとか悪いとかぜんぜんわからなくて。とにかくやれることを全力でやって、毎話毎話やりきったとは感じていました。撮影が終わるたびに心身ともに疲れ切っていましたね。ただ、撮影を重ねるに連れて、本当に目が笑えなくなってきて(笑)。優しい気持ちでいるのに目が死んでて、ほかの仕事のときに「もっと笑顔で」ってよく言われました。そんなことは初めてで、すごく作品に影響されている実感がありました。そのぶん現場は楽しかったですし、有朱という役で視聴者の皆様に認知していただけたのもうれしかったです。プライベートでもよく有朱ちゃんって声かけていただきました(笑)。

――吉岡さんが有朱そのもののように、小憎たらしく見えてしまうまでの役作りとは?

吉岡里帆憎たらしかったですよね(笑)。どの作品の役柄を演じるときも、キャラクターのバックボーンが大事だと思っています。台本は限られた言葉、場面しか書かれていないので、そこに至るまでのその人物の過去、その言葉が出るまでの経過時間など、なぜそうなったのかという“台本の前”を自分で想像して作ることを意識しています。有朱ですと、彼女は人の心を踏みにじったり、人を無下にするような言葉を平気で言うわけです。そういう言葉を言うときってつらいんですけど、それを言うのが当たり前になってしまうようなバックボーンを想像して、役柄の気持ちに自分をもっていきます。

アンチ急増中との報道も...

お待たせしました♡やばい♡エロボディ画像まとめ

出典:Instagram

			

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Maverick

I'm proud of the fact I was born in Japan.