• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
こげんた事件(福岡猫虐待事件)の犯人「松原潤」とは

サムネイル出典:

こげんた事件(福岡猫虐待事件)の犯人「松原潤」とは

Author:
johndoejohndoe
Posted date:
こげんた事件(福岡猫虐待事件)の犯人「松原潤」とは

福岡猫虐待事件(こげんた事件)

福岡猫虐待事件(ふくおかねこぎゃくたいじけん)は、2002年(平成14年)に男性が虐待した猫の写真をインターネット上で公開した事件である。
インターネット上では、男性のハンドルネームからディルレヴァンガー事件、ディルレ事件と呼ばれることが多い。事件後に猫につけられた名前から、こげんたちゃん事件、こげんた事件とも呼ばれる他、マスメディア上で報道された際にはインターネット猫虐待事件とも呼ばれた。

出典:福岡猫虐待事件 - Wikipedia

	

松原潤 被告

松原 潤 被告 (27)無職

昭和50年生まれ

広島県呉市三津田高校卒業
九州大学工学部物質科学工学科機能物質化学クラスをH10年度卒業

こげんたちゃん

こげんたちゃん

一歳未満の若い猫で、目の縞に特徴があります。(右目の目頭のところ)

事件

深夜23時、『2ちゃんねる』という多くの掲示板を抱える巨大サイトの『動物嫌い』という板に、『おい!おまえら』というスレッドがたったのである。そのスレをたてたのは、『ディルレヴァンガー』となのるヤツがたてたのであった。『いいアプろだ教えて下さい。 先ほどキャリアを捕まえました。 』と、バスタブで缶詰の餌を食べて見上げる猫の画像が公開された。キャリアとは、猫のことだった。ディルレヴァンガーは、その後、『とりあえず尻尾と4つ足、どれからいく?』『次はどれ?』と、掲示板で次の虐待方法を募り、虐待画像をインターネット上で公開していったのだ。2枚目紐でつるされる猫の画像。3枚目バスタブの中で丸くなる猫とバスタブの淵に置かれた切られた尻尾と一本の割り箸と波きり板ばさみの画像。4枚目、血みどろのバスタブの中の猫とバスタブの淵に置かれた切られた耳と・・・。5枚目、バスタブで力なくただうずくまるだけの猫のアップの画像。そして、6枚目、目を見開いているが完全に瞳孔が開き、異常なまでに口をあけられ顎をはずされ吊るされた猫とそれと一緒に吊るされた『ぼくは敗北者主義』と書かれたCDの画像。最後の7枚目、バスタブに横たわる猫の死骸と『世界と斗う*黒ムツ諸兄に捧ぐ オスカル・ディル』と書かれた紙の画像。この画像を公開し、猫の死骸を川に捨てに行ったのであった。この掲示板は、7日の朝まで及んだのであった。そして犯人探しが始まった。

出典:福岡市インターネット猫虐待『こげんた』事件簿

	

CDRに書かれた直筆です

猫殺しディルレヴァンガー(松原 潤)

オスカール・ディルレヴァンガー

オスカール・パウル・ディルレヴァンガー(Oskar Paul Dirlewanger、1895年9月26日 - 1945年6月7日)は、ナチス・ドイツの武装親衛隊将官。最終階級は親衛隊上級大佐で、第36SS武装擲弾兵師団の師団長を務めた。
黒ムツ

出典:

『黒いムツゴロウ』の略。動物好きで有名な畑正憲さんをもじって、動物虐待文を書く連中が好んでこの名前を使う。

波板切りはさみとは

波板切りはさみ

松原潤が初公判で「波板切りはさみはダンボールの解体の為に買った」と述べた

波板切りはさみ

相当痛かったと思われます

反応

同事件はインターネット上で非難が殺到し、数日中に複数の2ちゃんねらーによってログ解析や写真の分析がなされ、通報が殺到、ついに男は福岡県警により書類送検された。この際、男は「猫は逃がした」と供述したが、事件を知った人々により写真が調べられ、問題の猫が生きていたとは思えない等の理由により、件の男性への刑事訴追を求める署名運動が起こされた。同時に男性の個人情報などがインターネット上の様々な場所で公開され、同事件を追及するウェブサイトが乱立した。
この男への不信感は、警察の尋問に対して「はさみや紐は引越しのために購入した」や「酔っていて、かっとなって」などと答えていたことにも関係する。使用されたはさみが波板と呼ばれる工事材料を切るための専用の工具だったこと、発作的な殺害と言う割には問題のスレッドの書き込み時間が長時間に渡っており、また執拗な虐待の内容を延々と書き込んだりアップロードし続け、さらに「生き物嫌い」板で以前よりハムスターを虐待する様子を頻繁に文章で書き綴っていたことなどから、2ちゃんねる利用者らからは嘘であると判断された。なおこれらの嘘が、後に「証拠隠滅を働くおそれがある」として福岡県警が逮捕に踏み切る理由となった。
なお同事件はインターネット上で一斉に広まったためマスメディアも素早く反応し、テレビ・新聞などのニュースで一斉に報じられ、社会的にも大きな反響を呼んだ。地元テレビ局の取材した報道番組[1]では、親戚(匿名・顔モザイク)を名乗る男性が「飼ってるネコを殺したりなんかしたんなら別ですけどね(中略)警察ざたになるのは、何かおかしいような気がする」と発言している。

出典:福岡猫虐待事件 - Wikipedia

	

松原潤が事件を起こしたマンションと 猫の死体を投げ捨てた川

			

逮捕後と判決

この事件を知った市民より同県警へと逮捕を求める嘆願書が殺到したことにより(最終的に実刑を求める嘆願書と併せ3,000通を超えたという)、福岡県警側は書類送検から急遽対応を改め、獣医師に問題の写真鑑定を依頼したところ猫の死亡が確認されたため、同男性は逮捕され、取り調べを受けた。
取り調べの結果、男は猫の殺害を認めたため、動物愛護法違反により懲役6か月・執行猶予3年の判決を受けた。このとき、男の個人情報が不特定多数によって公開されたことなどにより、すでに社会的制裁を受けたとして、減刑措置がとられた。

出典:福岡猫虐待事件 - Wikipedia

	

福岡猫虐待事件

			

関連事象

この事件は2ちゃんねるのみならず、他のネットコミュニティにも影響を与え、他方では猫愛好家・動物愛護団体などが暗数となっている動物虐待事件の問題で、度々同事件を引用している。
この事件において犠牲となった猫は、後に同事件を最初から最後まで追跡したバラエティ・ニュースサイトの探偵ファイルが手配したペット葬(なお死体は未発見であるため、男性がネット上に公開した画像のみが用いられた)の際に、僧侶により戒名としてこげんたと名付けられた。これに複数サイトが追従したことから、この名が共通呼称として知られている。

同事件に際しては、不特定多数の匿名人物らが犯人探しに奔走、書類送検直後に男性の写真(高校生の時と大学生の時とされる)がネット上に公開される・自宅住所を公開される・家族(親)の職場(公立中学校)が公開されるという事態に発展、親にまで非難の電話がかかることで、その仕事を妨害する事態も発生した。この追及が後に「社会的制裁をすでに受けた」として未決勾留期間を執行猶予期間から差し引くという減刑にもつながっている。

同事件に際して殺害された猫の追悼サイトから、サイト閲覧者などから寄せられた追悼文等をまとめた書籍が当初、サイト運営者らの自費出版の形で発売され、後の2004年(平成16年)7月には全国的に販売された。同書籍の印税などは、動物虐待を防止する運動に利用されているという。

「懲役6か月・執行猶予3年」の判決に前後して、男性は両親の住む広島県に引き戻された。なお同男性は上の「探偵ファイル」が判決後に行った「ちゃんとネット謝罪してくださいよ」という問いかけに対し、「前向きに考えている」とコメントをしたことが伝えられているが、それ以降は実社会・ネットコミュニティ共に沈黙を保っており、近況は不明である。

出典:福岡猫虐待事件 - Wikipedia

	

関連書籍

Dear,こげんた―この子猫を知っていますか?

			

君はぼくの声になる-歩きはじめたそれぞれのこげんた物語

			

子どもが動物をいじめるとき―動物虐待の心理学

			

関連まとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
johndoe