• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【都市伝説】消えた!?Youtuber 『奇天烈動画配信団』の謎を追え!

サムネイル出典:YouTube

【都市伝説】消えた!?Youtuber 『奇天烈動画配信団』の謎を追え!

Author:
kuragingkuraging
Posted date:
Update date:2017年11月21日
【都市伝説】消えた!?Youtuber 『奇天烈動画配信団』の謎を追え!

サムネイル出典:YouTube

	

奇天烈動画配信団とは?

「奇天烈動画配信団」とは、仔拳王(こらおう)、ムーンライト月光という男性2人組のYouTuberである。都市伝説・陰謀など、さまざまなオカルトネタで「ユーティー フロンティアCh」にて動画配信していた。毎回、コアな内容の斬新な説を軽妙なトークで語る彼らの配信を楽しみにしていたオカルトファンも多かっただろう。

出典:熊本地震は予定されていた!? 消息を絶ったユーチューバー「奇天烈動画配信団」が残した警告動画が示す“戦慄の未来”

	
失踪前最後の動画?
ピー音の部分…「ネアンデルタール人」のことか!?

問題となった?『ネアンデルタール人』についての動画

ネアンデルタール人が人類を作った!?
 配信が止まる少し前、彼らは「危ない目にあった」と何かに怯えていた。どうやら身の危険を感じていたようで、いつもとは違う場所から配信したこともあった。そして配信が滞るようになると、「触れてはならない真相に触れたことから配信できなかった」旨の謝罪動画をアップ。どうやら、何者かによる圧力があったようなのだ。なかでも、もっとも問題になったことが「ネアンデルタール人」についてだったらしい。それでも、彼らは「これからも注意を払いながら配信は続けて行く」と語っていたのだが――その後、新しい動画はアップされることなく今に至るのである。

 突然活動停止し、音信不通のまま行方知れずとなった「奇天烈配信団」について、ネット上では「闇の組織に消されたのでは?」という憶測も流れた。都市伝説を語っていた「奇天烈配信団」が「都市伝説になる」という、まったく洒落にならない事態となってしまったのである。

出典:熊本地震は予定されていた!? 消息を絶ったユーチューバー「奇天烈動画配信団」が残した警告動画が示す“戦慄の未来”

	

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスについて調べてみた。

―人類の免疫系を強くしたのは、ネアンデルタール人らとの性交渉
どうやらネアンデルタール人は、ホモ・サピエンスとかなり長い期間、同時代に同じ地域に共存しており、混血していた可能性も高いようだ。

出典:ネアンデルタール人はホモ・サピエンスと混血していた?blog

	
まだまだ謎が多いネアンデルタール人ですが、
奇天烈動画配信団の説を「信じるか信じないかはあなた次第」ということですね。

仔拳王氏の最後のTwitter?

月光からの連絡で気付きました。
またかい…。時間を返して頂きたい。
いや~…ふざけとるな。今回もアカウントだけはしっかり残すんかい…。
	
2017年4月11日に投稿された仔拳王氏のTwitter、な~んだ無事生存してるじゃん!と思ったのですが、この日から更新が途絶えています。

熊本地震のあとの動画アップは本人によるものではない!?

“奇天烈騒動”について都市伝説Youtuber、ミルクティー飲みたいさんが動画にまとめています。
ミルクティー飲みたいさんのまとめ動画によると、熊本地震のあとの動画アップは本人たちによるものではないという。
・今は、『DMR』という謎の人物(団体?)が奇天烈動画配信団の動画アカウントの主導権を持っているらしい。
・近々、また動画をアップするかもしれない。
・謎の団員募集をしていた。危ないので行かないほうがいいとのこと。
熊本地震後に配信された謎の動画について解説されている動画。

【警告】666041418212611|This account is an administrator is absent

熊本地震後に奇天烈動画配信団アカウントで何者かが投稿したとされる動画タイトル。
訳すると、「このアカウントの管理者は不在」となる。
①「○に十という字」
②「天草四郎と警告」
③「達磨大師と熊本大地震4/14」
④「広隆寺の弥勒菩薩と18」
⑤「豊臣秀頼と熊本大地震の発生時刻」
⑥「徳島・剣山と11」
詳細は各自、熊本地震後に配信された謎の動画について解説されている動画をご覧いただければと思います。
彼らのYoutubeアカウント自体はまだ存在するので、これからも突如として警告動画がアップされる可能性はあります。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kuraging