• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
タイに進出している日本のチェーン飲食店まとめ

タイに進出している日本のチェーン飲食店まとめ

Author:
netsekainetsekai
Posted date:
Update date:2017年07月22日
タイに進出している日本のチェーン飲食店まとめ

大戸屋(46店舗)

	
2011年に当時のベタグロ大戸屋タイランドはセントラル・レストランツ・グループに全株を譲渡。直営店はすべてフランチャイズになりました。

出典:

	
譲渡先はタイでミスタードーナツなどのFCを展開するセントラル・レストランツ・グループ(CRG)で、全株式を取得する。取得後に新たに大戸屋と定食店展開のFC契約を結ぶ。

出典:

	
CRG International Food Co.,Ltd. 

出典:

	

吉野家(14店舗)

「吉野家」が最初にタイに進出したのが1995年のことでした。今でこそタイ人も牛肉を食べる機会が多くなっているようですが、そもそも牛肉を食べる習慣があまりなかったのと、タイで日本料理があまり浸透していなかったこともあってか、「吉野家」は1998年にタイから撤退してしまいました。

出典:

	
2011年8月にバンコク郊外のセントラルプラザ・ラプラオにタイ再進出1号店をオープン

出典:

	
アジアヨシノヤインターナショナル

出典:

	

豚骨火山らーめん(2店舗)

株式会社サンパーク

出典:

	
AsokeとSilom店の2店舗。

出典:

	

らあめん「がんてつ」(2店舗)

有限会社 アイエーカンパニー

出典:

	
TaniyaとSirom店の2店舗。

出典:

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
netsekai