• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本人ならみんな大好きチャーハン

日本人ならみんな大好きチャーハン

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
日本人ならみんな大好きチャーハン
米食中心の日本人に人気な中華の米料理、チャーハンの、様々なバリエーション紹介です。

チャーハンとは

チャーハン(炒飯)は、炊きあがった米飯を様々な具と共に油で炒めた中華料理である。
日本以外のアジアでは揚州炒飯や福建炒飯が有名である。生米を炒めてから煮るパエリアや炒めた生米を炊くピラフが存在するが、それらとの混同も見られる。
日本では、焼飯(やきめし)、炒飯(いりめし・いためし・いりいい)、炒めご飯(いためごはん)といった名前で呼ばれることも多い。ただし、地方によってはチャーハンと焼飯(具材や調理法・調味料が異なる)、焼き飯(油を使わずに焼く)と炒め飯を明確に区分する場合がある。

出典:

	
	

中華料理店における調理では、火力が強い業務用コンロと液化石油ガス(いわゆるプロパンガス)などを使うが、一般家庭用の電熱器や型の古いIHクッキングヒーターなどでは、火力が弱い上に鍋を前後にゆすってご飯を混ぜる「振り鍋」ができない。火力の弱いコンロでは振り鍋をすることによって鍋の温度も下がってしまうため、全く同じように調理することはできない。家庭でおいしいチャーハンを作るためのレシピも多く、強火のコンロなどを使用したりさらに工夫することによっておいしいチャーハンを作ることがしばしば話題となる。
家庭料理ともされており、また加熱するだけで調理が完了する冷凍食品・インスタント食品など、幅広い製品が出回っている。自動炊飯器(ご飯の保温も兼ねる)普及以前から、冷めてしまった残りご飯の利用法としても用いられる。
日本の中華料理屋および各家庭では、箸ではなく中国スタイルでレンゲもしくはスプーンを用いて食される。

出典:

	

また類似の料理は東アジアと東南アジアで広く見受けられる。例を挙げれば韓国ではポックムパプ(볶음밥)、北朝鮮ではギルムバプ(기름밥)、タイ王国ではカーオパット (ข้าวผัด)、インドネシアとマレーシアではナシゴレン (nasi goreng)、ベトナムではコムチェン (Cơm chiên) として定着している。広東語の音表記はツァウファンに近い。
工夫次第で様々な食材を利用できることから、冷蔵庫の残り物を活用できて、また短時間に手軽に作れるという理由から、家庭料理としてもチャーハンの人気は高い。家庭によって味付けが異なり、家庭の味ともされる。

出典:

	
	

おいしい人気チャーハンの数々

チャーハン

王道のチャーハン、肉、ネギ、タマゴ、にんじん、グリーンピースあたりが日本では入ります。

エビチャーハン

プリプリのエビを入れたチャーハンは手軽でおいしくて人気です。

海鮮あんかけチャーハン

			

カルビチャーハン

			

カニチャーハン

			

キムチチャーハン

すっぱ辛いキムチが、味付けとしても具としても活躍です。

納豆チャーハン

			

キムチ納豆チャーハン

			

フカヒレチャーハン

超高級チャーハンです。

明太子チャーハン

			

おいしそうなチャーハン動画

	
	
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。