• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
続編決定でしょ!テラスハウスの最終回 ラストシーン期待感を持たせて終わる

サムネイル出典:

続編決定でしょ!テラスハウスの最終回 ラストシーン期待感を持たせて終わる

Posted date:
続編決定でしょ!テラスハウスの最終回 ラストシーン期待感を持たせて終わる

若者に絶大な人気を誇ったフジテレビ「テラスハウス」は29日、最終回を迎え、2012年10月のスタート以来、2年間の歴史に幕を閉じた。

最後の最後までてっちゃんがいて、ラストシーンではドアを閉めたらもう1つのドアがあり、開けた瞬間てっちゃんが驚き、終わる。

これは・・・面白い展開でなんかしら次に繋がりそう

「テラスハウス」最終回 初期メンバーの哲ちゃん涙で去り幕

画像をクリックで拡大

 若者に絶大な人気を誇ったフジテレビ「テラスハウス」は29日、最終回を迎え、2012年10月のスタート以来、2年間の歴史に幕を閉じた。

 翌朝、哲也がリビングへ降りると聖南のメッセージとともにこれまでを振り返るアルバムが。アルバムを目にして哲也は思わず涙した。悲しい気持ちを捨てきれないままテラスハウスの扉を開け、目線を上げると少しびっくりしたような表情を見せたところで物語は終幕した。

出典:「テラスハウス」最終回 初期メンバーの哲ちゃん涙で去り幕

パーティーでは伊東大輝が湯川正人にある告白を...

画像をクリックで拡大

ウィンドサーファーの伊東大輝が島袋聖南と交際していることを、かつてのメンバーでプロサーファーの湯川正人に告げる。

出典:「テラスハウス」最終回 初期メンバーの哲ちゃん涙で去り幕

聖南と結ばれることがなかった正人は「良かったな、頑張って」と言葉は少なくても2人を祝福した。

出典:「テラスハウス」最終回 初期メンバーの哲ちゃん涙で去り幕

湯川正人 卒業インタビュー:Confessions SP

翌日、それぞれテラスハウスを出て行く

画像をクリックで拡大

最終メンバーの平澤遼子さん、保田賢也さん、山中美智子さん、伊東大輝さんが順番にテラスハウスを後にした。

出典:<テラスハウス>2年の歴史に幕 てっちゃん涙も意味深なラスト - ネタりか

翌日、次々とメンバーがテラスハウスを去り、現メンバー6人中初期メンバーの聖南と哲也の2人だけで最後の夜を過ごすことに。

出典:「テラスハウス」最終回 初期メンバーの哲ちゃん涙で去り幕 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

菅谷は「いろんな人たちに出会えたことがこれからずっと自分の財産になる。来てよかった」としみじみ話していた。

出典:『テラスハウス』終幕 菅谷哲也「ずっと自分の財産に」 ニュース-ORICON STYLE-

翌朝、一人残される菅谷...

画像をクリックで拡大

翌朝、島袋が先に家を出て、最後に2年間、唯一人テラスハウスに住み続けた菅谷が残された。

出典:『テラスハウス』終幕 菅谷哲也「ずっと自分の財産に」 (オリコン) - Yahoo!ニュース

テーブルの上には、歴代メンバーがサプライズで用意したアルバム。2年間の思い出がつまったアルバムをめくりながら、涙する菅谷を映しながら、これまでに放送された菅谷の名場面が放送された。

出典:『テラスハウス』終幕 菅谷哲也「ずっと自分の財産に」 ニュース-ORICON STYLE-

悲しい気持ちを捨てきれないままテラスハウスの扉を開け、目線を上げると少しびっくりしたような表情を見せたところで物語は終幕。

出典:「テラスハウス」最終回 初期メンバーの哲ちゃん涙で去り幕 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

テラスハウスは定番のエンディングで終わるのだが、最終回はいつもとは違う終わり方で締めくくられた

画像をクリックで拡大

テラスハウスのエンディングは、毎回ドアが閉まる音で締めくくられていた。最終回も同様に、菅谷がテラスハウスを出てドアが閉まると同時にスタッフクレジットの画面に切り替わる。

いつもならここで終わるはずが、さらに続きが・・・もう1つの扉を開けて外を見た菅谷は、何かを見て驚きの表情を浮かべ、そこで番組は終わった。

テラスハウス最終回9月29日98話①

テラスハウス最終回9月29日98話②

最後のてっちゃんのラストシーンは絶対に続編あるでしょ!!

画像をクリックで拡大

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。