• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】あなたが押したの?・置いて行かないで・留守番【怖い話】

サムネイル出典:

【閲覧注意】あなたが押したの?・置いて行かないで・留守番【怖い話】

Author:
haranharan
Posted date:
【閲覧注意】あなたが押したの?・置いて行かないで・留守番【怖い話】

留守番

一人で留守番をしていると電話が鳴った。 
「お母さんはいますか」 
買い物に行ってます。と、ボクは答えた。 
「お父さんは?」 
会社に行ってます。とボクは答えた。 
「そう、近くまで来たもんだから、預かってた荷物を返したいんだけど、 
 どうしよう? 開けてくれるかな?」 
わかりました。と、ボクは答えた。 
程なく、チャイムが鳴った。 
ドアを開けると、ダンボールを持った知らない人が立っていた。 
「ありがとう、お留守番えらいね。ところで、ボク一人なの?」 
「うん」 
「それじゃあ、ぼうや、荷物を置きたいんだけど、お父さんの部屋はどこかな?」 
「おとうさんの部屋は入っちゃいけないの」 
「大丈夫。おじさんは、おとうさんの友達だから」 
「でも、いけないの」 
「でも、お父さんの部屋に置かないと、後で、ぼうやが怒られちゃうぞ」 
「でも・・・」 
「大丈夫、おじさんがお父さんに言っておいてあげるから」 
ボクはしぶしぶ、お父さんの部屋を教えた。 
「ありがとう、あとは、おじさんが自分でやるから、ぼうやはそこにいてね」 
おじさんはダンボールを持って、お父さんの部屋に入っていった。 


ボクは言われたとおりに待った。 
お父さんの部屋のドアを見ながら待った。 
でも、おじさんは出てこない。 
ボクはお父さんの部屋の正面に腰掛けてじっと、ドアを見ていた。 
物音一つしてこない。 
ボクはドアを開けて、お父さんの部屋の中を見なきゃいけないと思った。 
どうしてか、おじさんが帰ってこないことが、不安でならないのだ。 
「おじさん?」 
・・・返事は無かった。 
恐る恐る、ノブに手をかけると、ドアは簡単に開いた。 
「おじさん?」部屋の中を覗き込んでみる。 
・・・誰も居ない。 
窓も閉まったまま、机の下にも誰も居なかった。 
ただ、机の上にさっきのダンボールが置いてあるだけだ。 

ボクはこの箱の中身が気になった。 
小さいダンボール箱。 
ボクだって絶対入れない。 

ボクは昨日読んだ怖い話を思い出した。 
犯人が探偵に追われ、証拠を隠すために死体をバラバラに 
刻んで、小さな箱に隠す話だ。 
- 
この箱は開けちゃいけない。 
この箱は開けちゃいけない。 
だって、この中には・・・・・・ 
そう思いながらも、僕は恐る恐る手を伸ばした。 
この中に・・・・ 

そのとき、電話が鳴った。 
ボクは息を忘れるくらい驚いた。 
電話は、いつも出ちゃ駄目だ。って言われてる、 
お父さんの部屋の電話だったからだ。 
目の前の電話が鳴っている。 
3回・・4回・・・・5回・・ここで電話は鳴り止んで、 
留守番電話に変わった。 
『部屋に箱があるだろ』おじさんの声だ。 
『中身を見てみな』ボクは言われるままに箱を開けた。 
・・・・・・中身は空だった。 
『俺がどれだけ本気かわかるだろうよ。』 
ボクは箱を押し戻した。 
やっぱり、あのおじさんは悪者だったんだ。 
ボクはふっと、気付いた。 
 『もっとも、気が変わったから』 
おじさんの声が、 
 『中身が入るのはこれからだけどな』 
後ろからも聞こえてる・・・・・ 

振り返るボクの前に、 
おじさんは笑いながら立っていた。 

置いて行かないで

友達(A)から聞いた話 

Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた。 
(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから) 
その教習所で地元の女の子2人組、C子、D子と仲良くなった。 
教習所に通っている間、いつも4人で遊んで仲良くやっていたが、 
AとBには地元に付き合っている彼女がいた。 
C子とD子とはその場限りの遊びのつもりだったので、 
免許が取れた後はすっかり会わなくなった。 
何度か電話がかかってきたが、居留守を使ったりして話す事すら無かった。 

それから暫くしてAの夢の中にC子が出てきた。 
C子はうつむいて 
「もっと沢山遊びたかったのにねー・・・せっかく仲良くなれたのにねー・・・」 
と呟きながら消えていった。 
AはC子になにかあったのかなと思いC子に電話してみたが繋がりらない。 
D子にも電話しましたがこっちも繋がらない。 
連絡が取れないならしかたないと、あまり気に留めていなかった。 

それかまた暫くしてD子から電話がかかってきた。 
D子は沈んだ声で言った「C子死んじゃった・・・」 

なんでも2人で歩道を歩いていたら、そこに居眠り運転のドラックが 
突っ込んできてC子は即死、D子も意識不明の重態に。 
幸いD子は順調に回復し退院となったが、退院してすぐC子が亡くなった事を 
聞かされ、なぜ自分だけが助かってしまったのかと、 
半ばノイローゼ気味になっていた。 

Aはこの事をBにも話さなきゃなーと思っていた矢先、 
別の友人からBがバイクで事故ったと聞かされた。 
前の車を追いこそーと反対車線に出たところ対向車と正面衝突。 
Aは急いで病院に行ったが、Bは意識不明のまま1週間後に亡くなった。 

AはBが死んだ事をD子に話すべきか迷ったが、 
4人のうち2人が死んでしまい、少し心細かったせいもありD子に電話してみた。 
しかしまたしてもD子の電話が繋がらなかった。 
不安になったAはD子の実家に電話をかけたところ、D子は行方不明となっていた。 
ちょうどC子の事で電話をかけてきたすぐ後から。 

この時からAは少しおかしくなってしまった。 
なぜ自分だけが今生きているのだろう。皆に申し訳無い。 
そんな思いに毎日押しつぶされそうになっていた。 
その後、何日間かの記憶はもうろうとしてはっきりと思い出せなかった。 
その何日間かの出来事を母親が教えてくれた。 

 ~母親から聞いた話~ 

Aはすっかり生気をなくし、食事もろくに取らず部屋の篭りっきりだった。 
ある日Aが部屋から出てきて、 
「かーちゃん、友達が来てるからお菓子持ってきてよ」と言いながら、 
ジュースとグラスを4つ持って部屋に戻っていった。 
母親は「いつの間に来たんだろう」と思いながらも、お菓子を持ってAの部屋に。 
部屋のドアを開けると、誰もいないテーブルにジュースの入ったグラスが4つ。 
窓の方に目をやると、Aが窓から身を乗り出し今にも飛び降りそうになっていた。 
Aの住んでいるマンションは8階、落ちたら即死である。 
母親は慌ててAをつかみ部屋に戻そうとした。 
Aは「みんな待ってくれ!俺を置いて行かないでくれ!」 
と叫びながら宙に手を伸ばしていた。 
なんとか部屋に引き戻したものの、同じ事が何日も続いた。 
さすがの母親もこれにはまいり、人づてで結構有名な霊能師を紹介してもらい 
お払いをする事になった。 
霊能師によると、 
「成仏しきれない霊にもう少しであの世に連れて行かれるところだった」と。 

それからAは正気を取り戻し現在に至るのだか、この話の最後にAは言った。 

「D子は未だに行方不明だけど、もう死んでるよ。 だって時々3人で来るから・・・」 

あなたが押したの?

少し困ってしまうことがあって、ここに書かせてください。

4、5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。
いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗で、成績優秀のため大人たちは誰も気がつかなかったそうです。

そんなある日、M子さんが一人でゴミを焼却炉に捨てに行き、捨てようと身を乗り出した瞬間、後ろから誰かに押され、焼却炉に頭から突っ込んでしまいました。焼却炉の中は火の海。なんとか外に出る事ができたM子さんは叫びながら顔を抑えてのた打ち回りました。

M子さんの髪は燃えてなくなり、顔中に大火傷をしてしまいました。その後、学校に来る事はありませんでした。


誰かに後ろから押されたというM子さんの訴えに校内で調査がありましたが、誰もM子さんが押されるのを見たものがいないという事で特に事件などにはなりませんでした。

しばらくして、M子さんは自殺してしまいました。
自分の醜くなった顔に耐えれなかったからかもしれません。


それから町では奇怪な事件がおきはじめたそうなのです。

同じクラスのHさんの家が火事になり、家族全員が焼死したそうです。しかも顔も誰だか見分けがつかないほどの焼け方でした。同じクラスだったSさんもまた車で事故に遭い、顔だけがぐちゃぐちゃになった状態で亡くなっていたそうです。
事故として処理された事件は十数件に登りましたが、そのほとんどが顔がひどい状態で亡くなるという奇怪な事件でした。

町では度重なる事故に噂がたちはじめました。
M子さんが犯人探しをしているのではないかという事。

実際にM子さんを見た同級生がいました。
それはM子さんが自殺した次の日のことでした。風呂に入っていたその子は浴室の鏡にふと目をやると、髪は焼けちぢれて、顔がケロイド状になったM子さんが現れ、こう言ったそうです。
「あなたが押したの?」と。慌てて「違う!!」と返事すると「探して・・・」といって消えていったそうです。

あまりにも恐ろしいこの体験を、翌日その同級生は同じクラスのHさんとSさんにしたというのです。


実は私がここに書いたのには理由があるのです。
この話を聞いた人は必ずやらなければならないことがあるからなのです。

「あなたが押したの?」と尋ねられたら「違います」と返事をする事。
そして必ず誰かに「あなたが押したの?」と尋ねなければいけません。

M子さんは犯人を探しています。M子さんに協力しないで答えなかったり、「違います」とだけいって話を止めてしまった人には悲惨な事故が待っているそうです。

隣町でおきた事件で私の地元でもこの噂はあまりにも有名なのです。
もう誰に聞いても答えてもらえない。
一度このやりとりを経験している人に答えてもらっても無駄なのです。

私が「違います」と答えてから、もう3日が経ちます。
今までこれをクリアできなかった人は一週間以内には死んでいると聞きます。
どうか誰か私を助けてください。
お願いします。

「あなたが押したの?」 


この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran