• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
伝説の霊能者「宜保愛子」最恐秘蔵【心霊】映像ノンストップまとめ

サムネイル出典:

伝説の霊能者「宜保愛子」最恐秘蔵【心霊】映像ノンストップまとめ

Posted date:
Update date:2017年11月18日
伝説の霊能者「宜保愛子」最恐秘蔵【心霊】映像ノンストップまとめ
本で語られる宜保さんの半生は、かなり波瀾万丈。まず幼い頃、弟に焼けた火箸を落とされて左目を半失明するのですが、それによって霊能力が発動。現実世界が見えなくなった左目で、この世ならざる霊を見るようになったのです。

 ちなみに宜保さんは、難聴である右耳で霊の声を聴きとっているそうです。見えない左目で霊の姿を見て、聞こえない右耳で霊の声を聴く……なんだかラノベの主人公っぽくてかっこいいですね。

 霊感を得た宜保さんは、級友はもちろん実の姉妹ともいっさい口をきかない(!)異端の少女時代を過ごしました。そして戦争により周囲の人々が死んでいく中、最愛の兄と弟も失います。その後、腎臓病をキッカケに霊能力を失い、普通人として家庭を持った宜保さん。

 しかし、善人すぎる夫は、他人の借金をいくつも肩代わりし、生活は困窮。数々の苦労をへて子どもを育て、ようやく末っ子が幼稚園に入学した、まさにその日。突然、彼女の中の霊能力が復活するのです。そこから宜保愛子の、霊能者としての第二の人生が始まっていく……。

 どうでしょう、普通に小説として読んでも面白そうな話じゃないですか? 

 悲惨な戦争体験や不気味な心霊談も、宜保さん特有の丁寧な口調で淡々と語られ、それが逆に怖さを増してもいます。

宜保愛子

宜保 愛子は日本の霊能者。神奈川県横浜市生まれ。 
1980年代にテレビで稀代の霊能者として取り上げられたことで一躍注目を浴びた。
著書も多数出版されベストセラーも多数存在した。
霊視能力があるとして多数の信望者を生み人気を集めた一方、その能力についての
真贋論争も話題となった。 

ウィキペディア

生年月日: 1932年1月5日
死亡: 2003年5月6日

最恐秘蔵映像まとめ

【地上波放送NG番宣】最恐映像ノンストップ5【閲覧注意】
宜保愛子 ロンドン塔~名作の主人公たち‐ロミオとジュリエット
心霊 宜保愛子 霊視の世界 第1巻 宜保さんの心霊スポット・心霊写真解説
【心霊】 宜保愛子 霊視の世界 第2巻 宜保さんの先祖の供養・心霊現象解説
これが宜保愛子の霊能力だ 4-2
宜保愛子 -ドラキュラ霊視-
驚異の霊能力者 宜保愛子 ③ 1995
驚異の霊能力者 宜保愛子 ④ 1995
宜保愛子 復活のテレビ出演3of4(再UP)

語りだけも怖い...

【宜保愛子】背筋も凍るような恐怖体験を語る①九州の料亭でまるで貞子の…
【宜保愛子】実際に体験した臨死体験の説明が細かすぎてスゴイ!①「地面すれすれを歩いて」
【宜保愛子】実際に体験した臨死体験の説明が細かすぎてスゴイ!②「先に亡くなった弟が大粒の涙を流して」

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。護身術師範。 悪質なクレーマーや左翼と戦う某団体所属。喧嘩上等。 「I'm proud of the fact I was born in Japan.」