• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】ジョンタイターの予言・ホテルでの肝試し・電気・滅多に鳴らない電話・だるまさんがころんだ・化かされる【怖い話】

【閲覧注意】ジョンタイターの予言・ホテルでの肝試し・電気・滅多に鳴らない電話・だるまさんがころんだ・化かされる【怖い話】

Author:
haranharan
Release Date:
【閲覧注意】ジョンタイターの予言・ホテルでの肝試し・電気・滅多に鳴らない電話・だるまさんがころんだ・化かされる【怖い話】

ジョンタイターの予言

2000年11月2日、米国の大手ネット掲示板に2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。

男性はジョン・タイターと名乗り、複数の掲示板やチャットでのやりとりを通じてタイムトラベルの理論や自身のいた未来に関する状況、未来人である証拠などを提示していった。


タイターは、最初の書き込みから約4か月後の2001年3月に「予定の任務を完了した」との言葉を残し書き込みをやめ、現在は消息を絶っている。

その後に、イラク戦争や米国での狂牛病発症など、彼が書き込んだ「末来の出来事」が的中するようになり、彼の掲示板への書き込みは脚光を浴びる事となった。

この件については弁護士の管理する案件となっているが、彼の予言」や「タイムトラベルに関する物理理論」は現在でも、様々なウェブサイト等でその物議を醸し出している。

彼が予言」した未来には主に以下のものがある。

・2000年問題によって起きた災害や混乱が、後の内戦の火種となる。
・アメリカ国内でも狂牛病が発生する。
・世界オリンピックは2004年度の大会が最後となり、2040年度にようやく復活する。
・2005年にアメリカが内戦状態になる。
・2008年、アメリカ合衆国の都市部で急激に警察国家化が進み、都市内部と都市外部で内部抗争が発生する。
・2011年、内戦が原因でアメリカ合衆国が解体されるが、翌年にはアメリカ連邦帝国が建国される。
・2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカに核爆弾を投下。核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。
その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。 2017年、30億人の死者を出した末に、ロシアの勝利に終わる。
・2020年、アメリカ都市部の敗北により内戦が終わる。ロシアの援助によって、新たな連邦政府が成立する。
アメリカの地方区分は、現在の州ではなくなる。分裂したときの5勢力で構成され、社会主義国家に近くなる。内戦後の生存者は図書館や大学の周りに集結してコミュニティを形成している。新たな連邦政府は首都を現在のネブラスカ州・オマハに置いている。アメリカ以外のほとんどの国も社会主義国家のような体制になっていく。
・2040年頃、オリンピックが復活する予定。
・2045年頃、タイムマシンが一般利用できるようになる。


あまり当たっていないかもしれないが…
ネット上には彼のブログも存在しており一考の余地もあるかもしれない…

ホテルでの肝試し

 
私が学生時代に某老舗ホテルで

ルームサービスのバイトをしていた時の話です。


そこでは前々から新人バイトに

度胸試しをさせるのが恒例となっていました。


それは『深夜のカード回り』。


1人で客室のドアノブに掛けられた

朝食注文票を集めに行かされるのです。


その際、先輩に必ず聞かされる話があります。

電気

数人で先輩の家に集まり、飲み会をした帰り道。
ふと先輩の家に忘れ物をしていることに気付いて、急いで取りに戻った。

酔い潰れてそのまま寝てしまったのか、
部屋の鍵は開いたままで中も真っ暗だった。
入り口から近い場所に置いてあったので忘れ物はスグに見つかり「寝ているのに起こすのは悪いかな…」と、そっと部屋から出ていった。

次の日
たまたま近くを通りかかると先輩のマンションの周囲に人だかりが出来ている。
不思議に思い、近くにいた警察に

「何かあったんですか?」
と聞くとマンションの住人が殺されたらしい。

話を聞くうちに先輩のことだと分かり、蒼白な顔で後輩だと告げると警察がポケットから一枚の紙片を取り出した。

「じゃあ、この意味が分かりますか?現場に残されていたんですけど」

それはポラロイド写真だった。
恐々と覗いた写真に、思わず悲鳴を上げかけた。


真っ白な先輩の部屋の壁。
そこには真っ赤な…
おそらく血文字でこう書かれていた。



『電気をつけなくて良かったな』

滅多に鳴らない電話

うちの会社には、滅多に鳴らない電話機がある。
今よりも部署が多かった頃の名残で、回線は生きているものの
発信する事もなければ、着信もごくたまに間違い電話がある程度だった。
あるとき、俺は仕事が立て込んで、深夜まで一人で仕事をしていた。
週末で、何も無ければ飲みに出かけようかと思っていた矢先急な仕事が入ってしまい、やむなく遅くまで残業する羽目になったのだ。
その仕事も終わり、そろそろ帰ろうかと支度を始めようとした時、不意にその電話が鳴った。
またか、と思った。
深夜まで残業する事はたまにあり、夜の12時差し掛かるあたりになると、よくその電話が鳴る事があったからだ。

だるまさんがころんだ

お風呂に入って頭を洗っている時、「だるまさんがころんだ」と口にしてはいけません。
頭の中で考えることも危険です。

何故なら、前かがみで目を閉じて頭を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいるように見える。
加えて水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやお風呂場などは霊があつまる格好の場となるからです。


さて、洗髪中に一度ならず、頭の中で何度か「だるまさんがころんだ」を反芻してしまったあなたは気付くでしょう。

青白い顔の女が、背後から肩越しにあなたの横顔を血ばしった目でじっとみつめていることに……


さて、あなたは今からお風呂タイムですか?
何度も言いますが、いけませんよ。


「だるまさんがころんだ」だけは…

化かされる

314 あなたのうしろに名無しさんが・・・ sage 03/09/26 22:26
うちの母親が奈良出身なのだが、 
小さい子供の頃はよく年寄りが川に首をつっこんだ状態で 
死んでいたらしい。 

なぜ、そのようなことになっているのかというと、 
狸に化かされて、道に迷い山の中を歩き回される。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran