• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
2億円の宝くじに当選した女性を殺害!「岩手宝くじ殺人事件」 熊谷甚一とは

サムネイル出典:

2億円の宝くじに当選した女性を殺害!「岩手宝くじ殺人事件」 熊谷甚一とは

Author:
johndoejohndoe
Posted date:
2億円の宝くじに当選した女性を殺害!「岩手宝くじ殺人事件」 熊谷甚一とは

岩手宝くじ殺人事件

岩手宝くじ殺人事件(いわてたからくじさつじんじけん)は2005年に岩手県で発生した殺人事件。

出典:

	
2億円の宝くじに当選した岩手県一関市千厩町の無職、女性(当時42歳)が2005年に行方不明になる事件があり、県警は22日夜、東京都台東区松が谷4、朝日新聞販売店従業員、51歳男性容疑者を殺人容疑で逮捕する事件が起きている。

逮捕に先立ち、容疑者の供述から女性とみられる遺体を岩手県陸前高田市内で発見した。

調べでは、容疑者は05年5月初旬に女性を陸前高田市内で殺害した疑い。遺体は、熊谷容疑者の知人が経営する会社事務所の敷地内に埋められていた。捜査本部は23日に司法解剖して詳しい死因を調べる。

容疑者が当時、同市内で経営していた電子部品会社と、女性が勤務していた一関市内の会社は取引関係があり、2人に面識があった。1人暮らしだった女性は04年夏「サマージャンボ」で当選した2億円の宝くじを換金した後の翌年4月末、行方が分からなくなり、親族が県警に捜索願を出していた。

県警の周辺聞き込みで容疑者が浮上、21日からの任意聴取で容疑を認めたため22日夜、警視庁で逮捕した。

女性の周囲で当せんを知っていた人がほとんどいなく、容疑者(51)だけとみられることが23日、大船渡署捜査本部の調べで分かった。容疑者が以前住んでいた同県陸前高田市の家から昨年2月、女性の自宅からなくなっていた家財道具や印鑑、預金通帳などが見つかっていたことも判明した。

調べでは、当せんした2億円はすでに換金されている一方、女性の口座には大金の入金や送金の記録がなかった。容疑者のほかには、女性の周囲には家族も含め、宝くじの当せんを知っていた関係者がほとんどいないことなどから、捜査本部は女性を殺害した容疑者が、当せん金の行方を知っているとみて追及する。

容疑者(51)が、「首を絞めて殺害し、(殺害場所の)すぐ近くに遺体を埋めた」と供述していることがわかった。

県警は、金目当ての犯行の可能性が高いとみて、都内で逮捕された容疑者の身柄を23日午前、盛岡東署に移送、当選金との関連を追及する。また、関係者の話から、熊谷容疑者は、行きつけの飲食店の改築費用を工面するなどしていたことも明らかになった。

捜査本部によると、女性は換金した2億円のうち、1000万円は新しく作った口座に預け入れ、残る1億9000万円は、段ボールに詰め込んで銀行から自宅に持ち帰ったという。その後の調べで、女性は借金がかさんでいた容疑者に対し、生活費の名目などで頻繁に金を渡していたことが判明。さらに容疑者は、2億円の一部を自分の借金返済に充ていたことも分かった。

女性と容疑者は数年前からは親密な交際を続けていたといい、容疑者からの金銭要求を、女性が断れなかった可能性は高い。捜査関係者は「宝くじの当せん金を段ボールで持ち帰ること自体が不自然。金を受け取りやすいよう、容疑者が女性に指示した可能性がある」と指摘する。

女性は20年上勤務した会社を宝くじ当せん後の17年2月に退社しているが、その際に支払われた多額の退職金についても、行方が分からなくなっているという。捜査本部では、この退職金も容疑者に提供された可能性があるとみている。

容疑者(51)が、複数の口座を駆使して預金を移動し、現金の出し入れを繰り返していたことが県警大船渡署合同捜査本部の調べで分かった。また「(女性との)交際や金の使い道でもめていた」と、殺害動機につながる供述をしていることも判明。

容疑者の複数の知人によると、容疑者は女性以外に、同県陸前高田市で飲食店を営む女性と親しかった。女性が行方不明になった05年5月以降、飲食店の開店資金を出したり、開店祝いにカラオケ用モニターを贈るなどしていたという。知人の一人は「1着10万円以上もする高級ブティックの服も買ってあげたと聞いた」と話している。

また、別の知人によると、遺体が見つかった陸前高田市の現場敷地内にあった容疑者の事務所から、容疑者名義の消費者金融からの借用書数枚が見つかった。金額は少なくとも計1500万円だったという。

容疑者(51)が女性との交際について大船渡署捜査本部の調べに対し「金を借りる目的で続けた。恋愛の対象ではなかった」と供述していることが25日、分かった。

容疑者は「付き合っているうちに(女性が)金を持っていると分かり、金を借りるようになった」と供述。女性から100万円を借りたが、女性は「なかなか返してくれない」と元同僚に打ち明けていた。

出典:岩手宝くじ殺人事件: ASKAの事件簿

	

質素な女性の運命暗転 夢つかみ夢破れ

市内の大手電器メーカーの関連会社に軽乗用車で通勤。社員同士の慰労行事には参加せず、近所付き合いもほとんどなかった。夕方になると猫が台所の窓に上がって帰りを待った。休日には、逃げないように猫の首にひもを付けて「土足禁止」の愛車を掃除する姿が見かけられている。
一関市に生まれ、地元の高校卒業後に就職。同僚の男性と20歳ごろ結婚し、男の子2人をもうけたが、離婚している。
会社での数少ない話し相手だった元同僚女性(63)は仕事の休憩時間、紙コップのコーヒーを飲みながら、カーキ色の作業服姿の吉田さんから「夢(宝くじ)買ってきた」とよく聞いた。女性は「夢ばかり言っているんじゃねえ」と一緒に笑った。

出典:岩手宝くじ殺人:質素な女性の運命暗転 夢つかみ夢破れ - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日

	

事業に失敗し上京?「金持ちには見えなかった」朝日新聞販売店員

熊谷甚一容疑者

			
2億円の宝くじに当せんした岩手県一関市の無職、吉田寿子さん=当時(42)=を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された東京都台東区、朝日新聞販売所従業員、熊谷甚一容疑者(51)は派手な暮らしぶりとは無縁の生活を送っていた。仕事ぶりは真面目で、周辺に引っ越しのあいさつをするなど律義な面もあったが、近所の住民とのトラブルも抱えていたという。岩手県住田町出身の熊谷容疑者。事件当時は岩手県内で生活していたとみられるが、2年前に上京し、今年8月初旬に東京・上野近くにある8階建ての賃貸マンションに引っ越してきた。「3人で住むのでよろしくお願いします」。熊谷容疑者は60代の主婦宅に菓子折りを持ってあいさつに来た。外国人とみられる40歳ぐらいの女性と女児と3人暮らしだったという。近所の女性は「会えば向こうからあいさつしてくる人で、悪いことをする人には見えなかった」と驚く。マンション管理組合の事務代行している60代男性によると、熊谷容疑者の住む6階の3LDKの家賃は管理費込みで月16万8000円。滞納はなく、月末に翌月分をきちっと支払っていたという。「服装も派手じゃなくて、金を持っていたようには見えなかった。何度か顔を合わせたが、子供をかわいがるなど家族を大事にしている様子で、まさかそんな凶悪なことをしている風には見えなかったのに…」と男性。一方で、日曜日になると部屋に知人を呼んでパーティーを開いていたといい、騒音の苦情が管理人に伝わっていた。バイクをマンションのゴミ捨て場近くに無断で止めることもあり、住民と口論となることもあったという。勤務先だった朝日新聞の販売所「ASA鶯谷」の橋倉幹洋所長(43)によると、熊谷容疑者は平成18年9月19日から同店に勤務。「雑誌の求人広告を見てきた」と同店を訪れ、岩手から上京した理由については「携帯電話の販売会社を経営していたが、事業に失敗した」「離婚した」などと説明していたという。 朝夕刊の配達を担当していたが、無断欠勤もなく、勤務態度は真面目。21日午前8時半の朝刊配達後に熊谷容疑者から突然「休みたい」と連絡があり、22日午後10時ごろ、岩手県警から逮捕の連絡があった。橋倉所長は「それまでに休んだことがなくおかしいと思った。信頼していただけに残念」と話していた。

出典:☆【宝くじ殺人】事業に失敗し上京?「金持ちには見えなかった」朝日新聞販売店員 (23日): police story

	

宝くじ殺人初公判

弁護側の陳述内容に驚く。裁判というものに馴れている人には驚くに値しないことなのかもしれないが、正直日本の裁判の弁護とはこんなものなのかと。

検察官も、「被告が被害者から現金を受け取るたびに、被害者が被告人に対して優越した存在として振る舞っているように感じ、屈辱感を抱き、被害者への不満を募らせていくようになった」という点を指摘しているが、2億円もの大金を当てたのだから「人が変わった」というのはありそうな話。しかし弁護側もこの部分を強調して、被告の「弱い立場」の演出に利用するのでひどく不快に感じる。被害者に対するこんな言われ方は、遺族にどう聞こえるだろうか。読んでいてつい「だからと言って殺人に及んでいいとでもいうのか」と、感情的に入れ込んでしまった。

そして何と言っても弁護側陳述の次の部分。殺害現場の建設会社の倉庫内での出来事。

(被害者は)スコップで殴るまねなどをし、『優柔不断でやることをやらない』などと悪態をつきました。しかし、被告は、落ち着けばまたいつもの関係に戻れると思っていました」
 《しかし、ここで被告にとって許せない“一言”が被害者の口から出たという》
 弁護士「被告は、被害者に『デブでブスな妻と離婚もできないなんて』といわれ、かっとして首を絞めました」
 《妻への悪態が許せず被告は被害者の首を絞めたという主張だ。弁護側は、殺意が生まれたのはその後だったという》
 弁護人「ここで、被告はわれに返りましたが、ここでやめたら警察に通報されると思いました。ここで殺意が芽生えたのです」

出典:読むだけで気が重くなる〜「宝くじ殺人初公判」: Marbles

《あくまでも首を絞めた後に殺意が生まれたと主張する弁護人。これで弁護側の冒頭陳述は終了した》
この部分、弁護側陳述が描いている場面をリアルに想像するに、いったんロープを被害者の首に巻いて絞めかけて「われに返った」後、やめられなくなった時点で始めて「殺意が芽生えた」ということか?

検察が主張することが事実だとすれば、倉庫にさそったのは被告であり、ロープがそこにあることも被告は知っていた。だから殺意は少なくともその場にさそった時点であったわけだ。しかしそのことを仮に無視したとしても、いったん被害者の首にロープを巻き付けた後に、そこではじめて(殺人行為の途中から)殺意が芽生えた(????)などという弁護側の主張に誰が納得するだろうか?

その日から読む本/高額当選者の本ってなに?

その日から読む本

1000万円以上の高額当選者のみに配られる本があります。

「その日から読む本 突然の幸福に戸惑わないために」と題したこのハンドブックは、宝くじで高額当選したことによって、その方のその後の人生が狂ってしまないようにという目的で制作されました。

弁護士や臨床心理士、ファイナンシャルプランナーといった専門家らが制作に携わり、当せん金を受け取った後に取るべき行動指針が描かれています。
当せんした宝くじ(ジャンボ宝くじ・ロト6など)を、みずほ銀行の支店で換金した際に行員から手渡される。行員でも簡単に閲覧することはできず、希望者に対しての配布なども行われていない「非売品」である。ただし、一部抜粋されたものが「宝くじドリーム館(東京・大阪)」で紹介されている。その希少価値からメディアでも何度か取り上げられており、知名度が上がってきている。「全国自治宝くじ」の発行元である、日本全国の都道府県と指定都市が発行している。ある出版社は「夢のあとに見る現実」について書かれている、興味深い本だとして出版を打診したが、発行元から丁重に断られたという。同様のガイドブックは、高額な当せん金で有名なアメリカやカナダなどで以前から発行されており、それに倣った形である。

出典:

	

【第一部】 今すぐやっておきたいこと、やってはいけないこと

1.受け取った当せん金は、とりあえず安全な場所へ

・安全のため、当せん金は銀行等の口座へ
・絶対に必要でない限り、現金は持ち帰らない
・当せん証明書の発行を依頼しておく
・グループ買いなら、メンバーの委任状が必要


2.これからのスケジュールを思い描いてみよう

・今後の大まかなスケジュールを立てる
・何かを決めるには、気持ちを落ち着かせてから
・グループ買いなら、当面の「決まり」を作っておく


3.ちょっと待て、落ち着いてからでも遅くない

・後で後悔するような軽はずみな言動に注意する
・当せん直後は、興奮状態にあるという自覚を
・自分の性格やクセを見つめなおそう
・時間は味方と心得よう

出典:その日から読む本/高額当選者の本ってなに? 宝くじガイド!

	

【第二部 】 落ち着いてから考えること

1.当せん者にしかわからない悩み、知っておこう

・ひとりでも人に話せば、うわさが広まるのは覚悟しよう
・神経質になりすぎていないかチェックを
・当せん金の使いみちを考えながら、気持ちの切り替えを
・興奮の後に訪れる不安は、以前の自分に戻るための通過点


2.だれに当せんしたことを知らせる(知らせた)か

・知らせる必要のある人を全てリストアップ
・よく考えて、知らせる優先順位を決める
・グループ買いの場合は、メンバー間で統一を


3.だれにお金を分与するか

・当せん金の分与者リストを作る
・贈与税について知っておく
・分与に関する言動・決定は慎重に


4.お金の使いみちを考えよう

・当せん金は、当面使うお金と残すお金に分ける
・ローンや借金の返済を優先する
・残ったお金でしたいこと考え、その重要度を判断する
・決めた使いみちを、後で見なおす機会をもうける


5.当せんして何が変わるか

・当せんで、自分そのものが変わることはない
・当せんしても自分は自分を心得よう
・当せんは、幸せになるための手段の一つだと思うこと

出典:その日から読む本/高額当選者の本ってなに? 宝くじガイド!

	

【第三部】 当面の使いみちが決まったら考えること

1.残ったお金をどうするか

・何のためにお金を残すかを考える
・住宅・教育・老後で必要なお金を考える
・すでに決めた将来のお金の使いみちを、ここでもう一度チェック


2.将来の目的に合わせて、お金を考える

・残したお金の合理的な運用法を考える
・運用におけるリスクとリターンを自分のはかりにかける
・もしもの時のために遺言状を作る


3.運用を始める前にチェックしておくこと

・運用法を決定する前に、専門家のアドバイスを
・最終決定は自分の責任で行う
・運用法は定期的に見なおす

出典:その日から読む本/高額当選者の本ってなに? 宝くじガイド!

	

関連書籍

宝くじで1億円当たった人の末路

			

宝くじ超当せんデータ「当たる人のルール」がわかった

			

宝くじが当たったら

			

関連まとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
johndoe