• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】テレビ番組・いざ対決・彼女に言えていないこと・鈴木・NHK教育TV・長いトンネル【怖い話】

【閲覧注意】テレビ番組・いざ対決・彼女に言えていないこと・鈴木・NHK教育TV・長いトンネル【怖い話】

Author:
haranharan
Release Date:
【閲覧注意】テレビ番組・いざ対決・彼女に言えていないこと・鈴木・NHK教育TV・長いトンネル【怖い話】

テレビ番組

家から帰って来て何気なくテレビをつけたら、この時期恒例の心霊スポットツアーみたいな番組がやってた。
番組ではロケバスから降りてちょうどこれから芸能人達が心霊スポットに行こうというところだっが、テレビの端っこにあるロケバスの中に全く動かない髪の長い女性が映っていてちょっと違和感を感じた。
みんな外に出てるしスタッフかなとも思ったけどあまりに動かないし、長い髪が影になってて表情もわからず気味が悪かった。
これは視聴者を怖がらせる新手の手法だなと思ったのと同時に拍子抜けしてまあ風呂でも入るかと思ってテレビを消したんだが、なぜかその女性だけ消えずに映ったままだった。

いざ対決

651 本当にあった怖い名無し New! 2012/07/10(火) 22:04:26.25 ID:jMwtWG4y0
411 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/03(月) 06:21:43 ID:mwoUC6sg [1/2] 
俺のバイト先は24時間営業している薬局で、店の前には店長が「客寄せ」のために 
設置した、ものすごい勢いで左右に旗を振る電動式のパンダの人形が置いてある。 

先日、俺が夜のシフトで勤務していたとき、入り口付近を掃除しようと思って外に出たら 
OL風の女性が、そのパンダの人形をじーーっと見つめていた。 
近所でもキモイと評判のパンダなので、ああまた注目されてるなと、たいして気にもせず 
掃き掃除をしていたが、どうもそのOLの様子がオカシイ。 
	

彼女に言えていないこと

大学時代の友人から、「うちに遊びに来ない?」と電話が入った。声を聞くのは半年振り、実際に会うとなれば1年ぶりにもなるのだなあと、仕事明けのぼんやりした頭で話半分に聞いていたらいつの間にか、 2週間後の週末を彼女の家で過ごすということになっていた。
当日は急な仕事が入ってしまい、夜、仕事が終わるとそのまま彼女の家へ向かった。着いてすぐに手料理を振舞われ、彼女の仕事の愚痴を聞き、土産にと持って行った 酒やつまみを空けきるころには日付を越えてしまっていた。
それではもう寝よう、と気分良く横になりまぶたを閉じたのだが、落ち着かない様子で寝返りを打つ彼女が気になってうまく眠れない。どうしたのかと聞けば、実は言っていない事があるの、と気まずげな様子で彼女が言う。
「2週間前からなんだけどね。手首がでるのよ」
よくわからない、と首を傾げると、彼女は少し離れた位置の ベットの真正面いちにあるクローゼットを指差した。
「一番初めは、クローゼットの隙間から指が出ていたの。そのときはただの見間違いだろうと思って、気にしなかったのよね」
でも次の日、今度は本棚の影に指をみつけて、また次の日はテーブルの横に手がみえた、と彼女は言った。
言われた通りの順に目線を動かして行けば、その"手"は明らかにベットを目指して移動している。実際に見たわけでも無いのに、背筋がぞわぞわした。
それでね、と強張った顔で彼女が言う。「それでね。昨日ついに、ベットの縁に手首があったのよ」だからもしかしたら、今日、何か起こるかもしれない、と力なく続けられた言葉に色々と思うところが無いではないけれど、結局何も言えなくなってしまった。
そのまましばらく、私が無言でいると彼女は急に笑い出して、嘘よ、と言った。「誰か泊まりに来たときに、驚かそうと思って考えた話なの」怖かった?と笑う彼女はとても楽しそうだったので、私は少し困ってしまった。
実は私も、さきほどから彼女に言えていないことがあったのだ。手の話を彼女が始めたとき、彼女の背後をとるように 座り込んでいた男が徐々に前へと傾ぎ始め、話が終わる頃には彼女に覆いかぶさり、 それからずっと、笑う彼女の顔を凝視しつづけているのだけれど、 果たしてそれを告げるべきなのか、どうか。
私はゆっくりと布団の中へもぐりこみ、何も見えないよう固くまぶたを閉ざした。いつの間にか外では、雨が降り出していた。

鈴木

146 長居です 04/09/02 16:36 ID:iSMsOmCs
高校のときの話。 
友人山田(仮名)の両親が法事でニ三日家を空けることになった。 
俺と田中(仮名)は暇な夏休みを送っていたので、 
泊りがけで遊びに行くことにした。 
夕方から集まり、何か料理とか作って、ちょっとした合宿気分。 
夜になりだべっていたら、怖い話で盛り上がりそうになった。 
ちょうどその時、山田の中学時代の友人鈴木(仮名)も遊びに来た。 
大人しくて、真面目そう。一見いいとこの坊ちゃん風で、幼い感じ 
がした。かなり小柄で、高校生には見えなかった。 
俺と田中は鈴木と初対面だったが、鈴木はすんなり話の輪に加わった。 

NHK教育TV

多分幼稚園の頃だと思う。NHK教育TVでなんか人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので TVの前で「わかんない」とつぶやいた。
するとおじさんが「そうか、わかんないか…」と言って こっちを見つめたまま動かなくなった。
30秒くらい目を合わせた後怖くなって台所にいる母親のところにいった。怖くて説明できずにエプロンにしがみついて震えていたのを覚えている。

長いトンネル

705 本当にあった怖い名無し New! 2013/03/24(日) 09:07:22.60 ID:xeMA+WBE0
岩手県S町のKトンネルで、不可解な体験をしました。 
トンネルは国道にあり、多くの乗用車やトラックが行き来します。 
歩道が無く道幅も狭いので、壁側に寄るようにして歩きました。 
延長距離は300m強で、緩くカーブしており、反対側を眺める事は出来ません。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran