• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
人間の所業とは思えぬ凄惨な猟奇殺人事件「事件島根女子大生死体遺棄事件」矢野富栄とは

サムネイル出典:

人間の所業とは思えぬ凄惨な猟奇殺人事件「事件島根女子大生死体遺棄事件」矢野富栄とは

Author:
johndoejohndoe
Posted date:
人間の所業とは思えぬ凄惨な猟奇殺人事件「事件島根女子大生死体遺棄事件」矢野富栄とは

島根女子大生死体遺棄事件

島根女子大生死体遺棄事件(しまねじょしだいせいしたいいきじけん)とは、2009年(平成21年)11月6日に発覚した死体遺棄事件である。浜田事件、浜田学生遺棄事件とニュースサイトなどで記載されることもある。

出典:島根女子大生死体遺棄事件 - Wikipedia

	

女子大学生被害死体遺棄等事件 概要

2009年11月6日、広島県北広島町東八幡原の臥龍(がりゅう)山中の崖下で、前月の26日夜から行方不明になっていた島根県立大総合政策学部1年生・平岡都さん(当時19歳)に酷似した若い女性の頭部が発見された。第一発見者は山にキノコ狩りに来ていた男性で、頭部が落ち葉の上に置かれていたのを見つけて警察に通報。駆けつけた警察によると、セミロングの髪型が判別でき、首には刃物で切断されたような跡があったという。

 島根・広島の両県警は、殺人・死体損壊遺棄事件として捜査を始めた。

 翌7日、DNA鑑定により、被害者を前述の都さんと断定。また、司法解剖の結果、顔面には殴打された形跡があり、内出血していたことも発表された。

 最初の頭部発見以降、7日に林道入り口近くの雑木林から左大腿骨の一部、8日には頭部発見現場の近くで両手足のない胴体部分、9日には左足首、19日には林道付近に落ちていた動物の排泄物から被害者の爪が発見され、後日、すべて都さんの遺体の一部であることが確認された。

 それぞれ遺体の状況は、通常の感覚を持つ人間ならば直視することすらできない残忍なものだった。都さんはバラバラに解体されただけでなく、きわめて"猟奇的"な手が加えられていたのだという。その一例を上げると、胴体部分の胸は刃物によってえぐり取られ、腹部は内臓の大部分が取り出されていた。あまりの残忍さに、警察の捜査でも「被害者は人間以外の動物に食いちぎられたのではないか」という意見が出たほどである。また、胴体全体に焚き火などにより焼けた跡があり、顔には殴打された痕、左頬には足で踏まれた跡が付いていた。

 日本の犯罪史上でも類例のない、人間の所業とは思えぬ凄惨な猟奇殺人事件である。

出典:【日本″未解決事件″犯罪ファイル15】 胸と内臓を刃物でえぐり取られ......切断された島根の女子大生殺害事件から1年 - ライブドアニュース

	

死体所見

			

バイト先と寮とのルート

バイト先と寮の距離について「1.5km」と報じられることが多いが、それは地図の直線距離。普段徒歩で往復していたという平岡さんのルートを考えると、途中で国道9号を渡り、住宅街と神社の境内を抜けた後、街灯の少ない曲がりくねった山道を通ってたどり着く。距離:約2.3km、時間:約30分というところだろう。途中の道路は街灯が少ないために暗いうえ、蛇行した狭い場所が続く場所もあった。このルートについては付近の雑木林も含め、公開捜査前から浜田署が何度も捜索している。だが、手がかりは見つかっていない。

島根女子大生死体遺棄事件

			

平岡さんの人となり

平岡都さん

身長147cm、細身で髪はセミロング、やや茶色の毛。香川県坂出市出身。2009年春に高松商業高を卒業して、島根県立大に入学。海外留学の希望を抱く明るい性格で、将来の夢は「英語を使える仕事に就く」こと。途上国の飢餓を救うボランティアサークルに所属していた。授業の欠席はほとんどなく、まじめで成績は優秀だった。連休や盆休みには必ず実家に帰省し、家族と触れ合っていた。交友範囲は大学の語学クラスやゼミ、サークル、バイト先などに限られ、メールや電話でやり取りする相手も比較的少なかった。特定の交際相手はいなかったという。

目撃情報

公開捜査に踏み切ってから警察には11月6日夜まで情報が30件寄せられたが、有力なものはなかったようだ。ただ、男性タクシー運転手(35)から「10月29日21時半ごろ、JR浜田駅前の飲食店付近で客待ちをしている際に、男2人に連れられた平岡さんとよく似た服装の女性を見た」という話があり、警察は関連を調べている。
バイト先のショッピングセンターは、市内を東西に貫くメインストリートの国道9号沿いにあり、近くにはガソリンスタンドなどがある市中心部の一角。しかし地元の人によると、夜の人通りはさほど多くないという(浜田市の面積は東京23区より広いが、その人口は約6万人に過ぎない)。
行方不明後、平岡さんの預金口座から金が引き出された記録はない。また、警察に対し平岡さんからストーカー被害などの相談はこれまでになかったという。



事件当日21時15分にショッピングセンターの防犯カメラに平岡さんが映っていたが、その後自宅に向かう道路沿いにある複数の防犯カメラに姿は捉えられていなかった。彼女はこの日寮に帰っていないのはもちろん、翌日以降も市内各所の防犯カメラに姿は映っていない。島根県警は、帰宅経路にあるコンビニエンスストア計3店の防犯カメラの映像を分析した。だが、平岡さんの姿はなかったという。そのうち1つはアルバイト先から約450mの距離にあった。つまり、アルバイト先を出た直後に何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いと思われる。

ショッピングセンターのテナントの多くは21時に閉店するため、同じ時間帯は店員が次々と退店する。平岡さんはバイト終了時、同僚と2人だったが一緒に帰らなかったという。平岡さんは店から出たごみを持ち帰る役で、ごみ袋を提げたまま1人で退出。そのごみ袋は見つかっていない。
捜査関係者は防犯カメラの画像分析や従業員らへの事情聴取を繰り返し行い、通用口から出た時刻を秒単位で確認、歩いた方向や距離も調べた。その結果、平岡さんの前後約1分間に出て、同じ南の方向に帰った数人を特定したところ、いずれの人も「騒ぎはなかった」「不審な車はなかった」などと証言した。

両県警は、これらの証言を重視。平岡さんが犯人と接触したのは、センターの買い物客用駐車場など極めて近い場所だった可能性があるとし、平岡さんは知らない人に誘われてついて行くような性格ではないことなどから、両県警は、犯人と面識があったと判断。幅広く知人から事情聴取を進めている。

出典:

	

白地に黒の横縞模様(ボーダー)でフードがついたワンピース、黒色のレギンス様のもの、黒っぽい靴、黒色のバック

※平成21年10月26日アルバイト先の防犯カメラで撮影

犯行の特徴

手口の異常性・残虐性、損壊・遺棄の執拗さ・異様性。

出典:島根女子大生死体遺棄事件 - Wikipedia

	

遺留品など

被害者の血がつき、胴体に付着していたビニール片が遺留品となっている。捜査本部はNTTが電話帳の配達に使用するポリ袋の一部とみている。配達の年・地域によって色や文字・デザインが異なることがある。犯人の遺留品とみて、包装資材業者など流通ルートを調べた[4]。その結果、インクの成分から1995年初めに広島県の5市(三次市、安芸高田市、東広島市、呉市、三原市)に配達されていたものであることが判明した。

出典:島根女子大生死体遺棄事件 - Wikipedia

	

島根女子大生バラバラ殺人事件のニュースに不可解な声

2009年に島根の浜田市で起きた女子大生バラバラ殺人事件のニュースの映像の途中の11秒ぐらいの所で女性の声で「凄い痛かった・・・どうして私だけ・・」と言う不可解な声が聞こえます。
私にはよくわかりませんでしたがyoutubeのこの動画のコメントの中に現場の真ん中に顔があるというコメントがあります

出典: 島根女子大生バラバラ殺人事件のニュースに不可解な声 : 心霊動画心霊写真収集館

	
	

交通事故死した男が犯人だったことが判明(2016年12/20)

島根県の女子大学生が殺害された事件で、島根・広島両県警の捜査本部は、事件直後に死亡した男(当時33)を殺人などの疑いで書類送検した。

 捜査本部の会見「被疑者は、島根県益田市に居住しておりました会社員、矢野富栄、当時33歳であります」

 容疑者死亡のまま殺人と死体損壊、死体遺棄の疑いで書類送検されたのは、事件直後に交通事故死した矢野富栄容疑者(当時33)。捜査本部によると矢野容疑者は2009年10月26日、島根県浜田市の女子大学生、平岡都さん(当時19)を窒息死させ、遺体を損壊したうえで広島県の山の中に遺棄した疑いが持たれている。

出典:

	
決め手となったのは、今年秋の矢野容疑者の関係先の捜索で、デジタルカメラとUSBメモリーが見つかったことだった。遺体や包丁、矢野容疑者の足などが写った画像57枚がおさめられていたという。

出典:

	

矢野富栄容疑者

			

矢野容疑者は切断した遺体を1時間半にわたって自宅で撮影していたことがわかった

矢野容疑者の遺品のデジタルカメラから、遺体の画像や切断に使ったと思われる包丁を写したものも確認された

関連書籍

解明不能 奇妙な事件簿

			

未解決事件(コールド・ケース)―死者の声を甦らせる者たち

			

公安情報から未解決事件を読み解く! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します

			

関連まとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
johndoe