• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ブラック企業の精神論とダブりまくり… 「インパール作戦」の狂気

ブラック企業の精神論とダブりまくり… 「インパール作戦」の狂気

Author:
whitework_jpwhitework_jp
Posted date:
Update date:2017年09月20日
ブラック企業の精神論とダブりまくり… 「インパール作戦」の狂気

サムネイル出典:antenna

インパール作戦とは?

太平洋戦争末期の1944年、ミャンマー(当時ビルマ)からイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパールの攻略を目指した無謀な計画。 兵士たちへの食糧確保もままならないのに、旧日本軍の内部での人情論で強行されました。 地元の人たちに無理難題を突きつけながら食糧を調達し、軍上層部の浅はかな計画のもと、イギリス軍と衝突。参加した9万人のうち、実に7万人もの日本兵が異国の地に散っていったのです。
	
NHKで放送されたこのドキュメンタリー、全編にわたって壮絶な内容。正直言って、心臓に悪いです。
「5000人殺せば取れる」自軍の兵士を5000人"殺して"1つの町を奪取する。味方の人的損失を「何人殺せば」と表現する司令官

出典:NHKスペシャル | 戦慄の記録インパール

	
武器も弾薬も食料も尽きていく中、「100mでも前に進め!」という命令

出典:NHKスペシャル | 戦慄の記録インパール

	
「補給は無理です」
「お前に大和魂はあるのかっ!」

出典:NHKスペシャル | 戦慄の記録インパール

	
ほとんどの兵隊が戦わずしてマラリアと赤痢で亡くなった

出典:NHKスペシャル | 戦慄の記録インパール

	

出典:ENW: 2017

			
戦死者の6割が作戦中止決定後に撤退中する中で餓死・病死。日本兵の死屍累々が並んだ道は「白骨街道」と呼ばれた

出典:NHKスペシャル | 戦慄の記録インパール

	
飢えて死んだ友人の肉を切り取り、食べたり物々交換した。
死を覚悟し「恥ずかしくない死に方をしよう」と

出典:NHKスペシャル | 戦慄の記録インパール

	

非科学的な根性論、責任を認めない上層部

旧日本陸軍・牟田口中将が指揮したこの作戦の概要と問題点について、@C4Dbeginnerさんがポイントをついてまとめてくれています。
NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 第4集 責任なき戦場 ~ビルマ・インパール~

全編凄いのだが28分のあたりを見てほしい
「元来日本人は草食である、然るに南方の草木は全て即ち之食料なのである」
というあの牟田口発言が聞ける
	
また牟田口中将が自画自賛した「ジンギスカン作戦」
すなわち現地のビルマ農民から1万頭の牛を「現地調達」して食料として連れ歩きインパールのジャングルを越えろというデタラメ作戦の結末も描かれている
牛が切り立った山を越えられず暴れるので、1万頭の牛が谷底に捨てられたのれす。
	
このドキュメンタリーは本当にNHKの歴史に残るほど凄い
誰が考えてもデタラメでやれば数万兵士が地獄に落ちると現場の指揮官たちが猛反対してる作戦を
牟田口を可愛がるお偉いさんたちが「あいつがあれほどやりたがってるんだ、どうかやらせてやれ」という理屈で実行される経緯に背筋が凍るのれす
	
9万人中7万人が死んだインパール作戦れすが、2万人はどう助かったのかと言うと
現地の佐藤中将が「軍は兵隊の骨までしゃぶる鬼畜と化した」「司令部の最高首脳者を精神鑑定せよ」と電報を叩きつけ独断撤退して兵士の命を救ったからなのれすが、言うまでもなく日本会議のHPでは完全無視なのれす。
	
返信先: @C4Dbeginnerさん
悪名高い・バターン死の行進の生き残りの豪人捕虜のおじいさんが「あの時、自分より骨と皮になってた日本兵が差し出した気の根っこのこと思い出すと今でも涙が止まらない。その日本兵はまだ少年だった。そんな少年まで徴兵してた日本軍が哀れだった」って。
	
返信先: @kksugayaさん
そもそも日本兵自身が死の行進をしてるのれす。自国民や同胞兵士に対する人命意識がこのレベルなんだから捕虜やら南京市民やら従軍慰安婦を軍レベルで実際にどう扱ったかなんて推して知るべしなのれす
	
返信先: @6thCrusaderさん
ご参考に⇒フィリピン周りで沈んだ旧日本軍の軍艦の位置を地図上に表示したら心が痛くなった " さんより RT: 陸でこれだから海はどういうレベル
	
牟田口は現地で牛を調達し、荷物を運ばせた後に食糧としても利用するという作戦」を発案。危惧通りインパール作戦が頓挫した後も強行・継続。死去までの約4年間はインパール作戦失敗の責任を問われると戦時中と同様、「あれは私のせいではなく、部下の無能さのせいで失敗した」と頑なに自説を主張。
	
返信先: @C4Dbeginnerさん
無謀なインパール作戦で命令違反をした佐藤中将。「大本営、総軍、方面軍、第15軍という馬鹿の4乗がインパールの悲劇を将来した」と訴え軍法裁判において軍の責任を明確にしようとした。しかしそれを恐れた上層部が心神喪失と言う理由で彼を不起訴に。無責任大国日本。
	

これって、現代のブラック企業そのものじゃん!という声が続々と

返信先: @Kyo_ha_Naniyomoさん
末端の兵士にはろくにメシも食わせず精神論ばかりを押し付けて徹底的に人材無駄遣い、ビッグピクチャーで作戦を立てるのが下手クソで、責任所在は曖昧、、、現在の日本の問題企業に通じるブラック組織、それが、旧日本軍。ブラック組織を美化するのは、戦争で命を落とした日本人が浮かばれない。
	
インパール作戦の話をNスペみなかった理由は出尽くし感があることと、残念ながら日本の今の組織、社会に、よく似た事例があるので、うんざりするため。情報の軽視、無責任な上司、精神主義とブラックな労働条件、周辺環境観察のなさ、勝てばいいという発想、無計画、大戦略の欠如
	
インパール作戦、別名「ドラマ斎藤博国」

何千人殺せば陣地が取れるって考えだから、兵站なんて端から必要ないんだな。
社員殺して儲けるブラック企業と同じ。
その考え方のせいで敗北するのも、内需が落ちて衰退する今の日本と同じ。

現地の村の人達ありがとう。
	
若者を で死ぬことを強要した日本軍部と社員を疲弊する迄酷使し自殺や に追い込む
日本の伝統は今でも引き継がれている。
	
インパール作戦のドキュメンタリーを見てナニが憂鬱になるって、この日本軍みたいな意志決定機構が今の日本にもほとんどそのまま残ってるってことなんだよなあ…
	
インパール作戦見てると「日本組織・日本民族・日本ムラ社会・日本ブラック企業の病」を感じるね〜「思想があるように見えて空気読んでるだけの無思想バカが勢ぞろい」感が。日本が共産主義国でもこんな敗戦パターンをやったと思う。白虎隊・日本赤軍・新撰組…屍の山が積まれる日本民族の病だ。
	
インパール作戦とブラック企業を重ねる人多いけど問題なのは
戦後72年経過しても人材軽視の傾向が思想としては根深く残ってる事だと思うのよね
つまりはこれからもこういう事は起きる可能性があると考えちゃう
歴史は次に活かすための教材なのにね
	

#あなたの周りのインパール作戦というタグが登場

戦後72年たって、インパール作戦は無謀な作戦だった、大失敗だったと評価されます。
しかし、旧日本軍が兵士や国民に強要した根性論は、ブラック企業や日本政府によって未だに受け継がれていると感じますね。

もし、戦争が起きたら同じような悲劇が繰り返されないという保証はどこにもないです。
労基に入られたから残業は今まで以上に管理します。経費がかさんでいるので人も減らします、でも昨年度よりも実績をあげて過去最高実績をあげましょう。

	
業務効率化のためにAIを利用したサービスを導入するから手作業で30万件のデータを集めろと言われた中年です。
	


財政再建、国の借金が~
出口政策、金融緩和は限界だ~
消費税増税、社会保障が~

国民への補給を無視して上記政策を突き進める人々こそ今のインパール作戦の軍部と同じだよなw
	
今期は、人をX桁減らすけど前年度を超えた成果必達だから。

	
上司「あいつが悪いんですぅ。あいつが勝手にやったんですぅ。私は悪くないんですぅ。」

ガチでこの発言した人みたことある

	
事務手続も、推進目標も目標達成率も維持し気合と根性で残業時間を30%抑制させよ。

	
「会社側には時季変更権があるから有給申請は却下できる」と豪語する人事課長

	
へぇ、と思ったけど、思い当たることがあった。

新規事業開発の部署にいる時、「年間百億売り上げをできる事業を考えろ」と上司に言われた次の言葉が「ただし、立ち上げるための予算は無い」..........

	
「ベテランスタッフが1名、定年退職となるので、彼の担当業務の引き継ぎをするように。なお、退職後の人員の補充はない。」

	

人が39度の熱を出してるのに千葉~埼玉~相模原~川崎~千葉の配送コースを「出勤して走ってくれ」と宣う千葉県船橋市の運送会社。
勿論あっさり断って休んだ。
	
残業を減らす方法は自分たちで考えて、さらに今迄通りの成果をあげろ

	
低賃金は改善しないし、給料も上げないけど毎日飲み会しろ!趣味も楽しめ!恋人も作れ!早く結婚しろ!貯金もしろ!車も買え!早くマイホーム立てろ!一刻も早く子供作れ!

	

このタグがこんだけ盛り上がってるってのは、今の日本にはインパール作戦の司令部みたいな上司がうじゃうじゃいて、また戦争になったら絶対バカなことをやるから、絶対戦争はやるべきではない、ってことだよな。
	
研究費と研究時間は削減するけど論文は今まで以上に書いてね。え?無理?大丈夫、本数さえあれば中身は問わないから(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
	

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。 この記事が気に入った方は、ぜひtwitter/facebookで【シェア】をお願いします!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
whitework_jp

【ホワイト労働を広める会】 日本のブラックな社会システムにドロップキックするアカウント