• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ノートパソコン「Chromebook」個人向け販売をスタート 日本正規版 デル、ASUS、Acer 価格レビュー比較まとめ

ノートパソコン「Chromebook」個人向け販売をスタート 日本正規版 デル、ASUS、Acer 価格レビュー比較まとめ

Release Date:
ノートパソコン「Chromebook」個人向け販売をスタート 日本正規版 デル、ASUS、Acer 価格レビュー比較まとめ

アメリカで大人気のノートパソコン「Chromebook」が本日(2014年11月11日)日本で発売開始いたしました。注目すべきはお値段で3万弱で10時間駆動可能かつ性能よし重さも軽いノートパソコンが手に入ります。

今までは海外の輸入品が購入可能でしたが、本日からは日本正規版が手に入れることが可能となりました。セカンドパソコンとして「Chromebook」お勧めいたします。

米GoogleのChrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」2014年11月11日解禁

 米GoogleのChrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」の個人向け販売が日本でも始まる。デルが11月11日に販売を始めたほか、日本エイサー、ASUS JAPANも順次販売を開始する。米国では安価なChromebookの市場シェアが急速に拡大しており、日本でもPC市場の台風の目になる可能性もある。

出典:Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから - ITmedia ニュース

Google Japanからの発表

画像をクリックで拡大

Google は本日、Chromebook のコンシューマー向けの販売を開始します。

今日のコンピューター活用シーンのために新しく設計された Chromebook は、起動からわずか数秒でオンラインになります。もう時間を無駄にしたり、コンテンツを見逃したりすることはありません。メールの処理、ネットサーフィン、カレンダーの管理、ドキュメントの編集など、日常的なことはすべてウェブで簡単に行えます。さらに、自動更新される Chromebook は、使っているうちに速度が上がり性能も向上します。

出典:Google Japan Blog: Chromebook がどなたでも利用いただけるようになります

Chromebook のセキュリティ機能は自動的に更新されるため、セキュリティやアンチウイルスソフトのアップデートに手間をかけることなく、常に最新の状態で最も安全に利用できます。また、ユーザーそれぞれが個別にアカウントを持つことができるので、家族やルームメイトとも気軽に共有いただけます。

出典:Google Japan Blog: Chromebook がどなたでも利用いただけるようになります

また、Google が提供するGmail、ドライブ、検索、Google マップ、YouTube、Google プレイ、Google+ ハングアウトなど、すべてのウェブアプリを利用でき、高価なソフトを別途購入する必要もなく、インターネット接続がない場所でも作業を続けることができます。

出典:Google Japan Blog: Chromebook がどなたでも利用いただけるようになります

デル、Chromebookの個人向け販売をスタート 3万1980円から

 デルは11月11日、Chrome OSを搭載するノートPC「Chromebook 11」の個人向け販売を始めると発表した。最小構成で3万1980円(税別)から。

出典:デル、Chromebookの個人向け販売をスタート 3万1980円から - ITmedia ニュース

 11.6インチ(1366×768ピクセル)液晶ディスプレイとCeleron 2955U/1.4GHz、16Gバイトストレージを搭載する。バッテリー駆動時間は最大10時間。

出典:デル、Chromebookの個人向け販売をスタート 3万1980円から - ITmedia ニュース

 まずAmazon.co.jpとビックカメラ、ヤマダ電機で販売を始め、12日からDellオンラインサイトでも販売する。2Gバイトメモリのモデルが3万1980円(税別)、4Gバイトメモリのモデルが3万8980円。

出典:デル、Chromebookの個人向け販売をスタート 3万1980円から - ITmedia ニュース

【画像】見た目は普通のノートPCと変わらない

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

ChromebookってどんなPC?

 ChromebookはLinuxベースのChrome OSを搭載し、Chromeブラウザを使ってWebベースのアプリを利用するPC。OSやアプリは常に最新バージョンにアップデートされ、高速に起動するのも特徴だ。

出典:Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから - ITmedia ニュース

 米調査会社のNPD Groupによると、米国では今年1~5月のノートPC販売でChromebookが35%を占めるまでに成長している。

出典:Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから - ITmedia ニュース

エイサーからも「Chromebook C720」2014年11月13日に販売開始する

画像をクリックで拡大

 日本エイサーは11月13日から、「Acer Chromebook C720」を個人向けに販売する。

出典:Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから - ITmedia ニュース

 11.6インチ(1366×768ピクセル)の液晶ディスプレイとCeleron 2955U/1.4GHz、4Gバイトメモリ、16Gバイトストレージを搭載。価格はオープン。

出典:Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから - ITmedia ニュース

ASUS「Chrome C300MA」は2014年12月中旬発売

画像をクリックで拡大

 ASUS JAPANは「ASUS Chrome C300MA」を個人向けにも12月中旬から発売。Chrome OSを搭載した小型PC「ASUS Chromebox」も同時期に発売する。

出典:Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから - ITmedia ニュース

 Chrome C300MAは、日本語キーボードを搭載したブラック・ホワイトモデルと、英語キーボードを搭載したスカイブルー・バレンシアオレンジ・ハニーイエローモデルをラインアップ。英語キーボード搭載モデルは直販サイト限定販売となる。

出典:Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから - ITmedia ニュース

 それぞれ、ディスプレイは13.3インチ(1366×768ピクセル表示)、CPUはCeleron N2830、バッテリー駆動時間は約10時間、サイズは329mm×奥行き230mm×高さ20.3mm、重さは約1.4キロ。日本語キーボードモデルは4Gバイトメモリと32GバイトeMMCを、英語キーボードモデルは2Gバイトメモリと16GバイトeMMCを搭載した。

出典:Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから - ITmedia ニュース

画像をクリックで拡大

英語キーボード搭載モデル

カラフルでおしゃれ感満載!!直販サイト&英語キーボードが大丈夫ならこのモデルがいいかもしれない

GoogleのChromebook(日本正規品)がAmazonでも発売開始

 GoogleのChrome OSを搭載したノートパソコン、『Chromebook』が、本日11月11日より日本国内で発売が開始。

 価格は3万弱から、Amazonではすでに購入可能。日本発売を望んでいた声も多かったことから大注目の製品ですし、お値段も安く見た目もおしゃれで最小構成ながらいいノートパソコンだと感じています。筆者もアメリカで販売した当時から注目していたのでこれは・・・買いですね!

acer ChromeBook C720 (日本正規品)

新品価格: 32,184円
商品重量: 1.2 kg
解像度: 1366×768
CPU速度: 1.4 GHz
メモリ容量: 4 MB
ストレージ容量: 16 GB
バッテリー寿命: 8.50 時間
筆者オススメ度: ★★★★★

Dell Chromebook 11 メモリ:4GBバージョン(日本正規品)

新品価格: 42,098円
商品重量: 1.3 Kg
解像度: 1366x768
CPU速度: 1.4 GHz
メモリ容量: 4096 MB
ストレージ容量: 16 GB
バッテリー寿命: 10 時間
筆者オススメ度: ★★★★☆

Dell Chromebook 11 メモリ:2GBバージョン(日本正規品)

新品価格: 34,538円
商品重量: 1.3 Kg
解像度: 1366x768
CPU速度: 1.4 GHz
メモリ容量: 2048 MB
ストレージ容量: 16 GB
バッテリー寿命: 10 時間
筆者オススメ度: ★★★☆☆

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。