• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【洒落怖】祖父の家(時空・中編)

サムネイル出典:

【洒落怖】祖父の家(時空・中編)

Author:
ankouankou
Posted date:
【洒落怖】祖父の家(時空・中編)

『祖父の家』

20 :本当にあった怖い名無し:2011/03/29(火) 20:33:21.31 ID:VUZGch0H0
ガキの頃の体験談をひとつ書いてみる。
幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えてる。

祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通ってたんだけど、
祖父の家は関東で、田舎でもなければ都会でもない中途半端な所だったから、
特に娯楽がなく、退屈だからいつも外に遊びに出てた。

その日も退屈して外に行こうと思って、玄関のドアを開けたら何故か夜。
びっくりして、玄関の前にある鉄柵(祖父の家はマンション)から乗り出してみたら、
ぜんっぜん風景が違う。
配管がたくさん通ってて、工場みたいな場所。
いろいろと機械の凄い音がしてたから、稼動してたのかな? 

怖くなって、祖父の家に戻ろうと思って振り向いたら、
玄関のドアが何百年も使ってないみたいに錆びてて、ノブも回らない。
焦って半泣きでドアを蹴る殴るしてもビクともしなくて、座り込んでわんわん泣いてたら、
突然ノブが回ってドアが開いた。
したら中からばあちゃんが出てきて、ばあちゃんも泣きながら俺を抱きしめてきた。
玄関先でわんわんやってたら、両親と祖父と親戚の叔父と叔母と警察が戻ってきた。
どうやら昼過ぎに出てったっきり戻ってこなかったらしく、
警察に連絡して親戚一同で探し回ってたという話。
ちなみに、俺が戻ってきたのは夜中の1時。

全力で説明するも勿論誰も信じてくれず、カーチャンに死ぬほど怒られてまた泣いた。
未だに謎の事件。
正月に親戚集まって昔話すると必ずこの話をされるが、俺にもわかんない。 


21 :本当にあった怖い名無し:2011/03/29(火) 21:20:38.95 ID:ayCJb3aVO
>>20 
いわゆる四次元体験。
結構事例はあるが、戻れないパターンが多い。
たまに現在→未来にスリップするが、その場合は過去には戻れない。


22 :20:2011/03/29(火) 21:39:52.25 ID:PR954S/9O
>>21 
まじかよ… 
戻れなかったらどうなるんだ。

ちなみに、祖父の家では他にもいくつか謎の経験してる。 
場所的な事は関係あり?


26 :本当にあった怖い名無し:2011/03/29(火) 23:49:33.51 ID:E4fEFW110
>>20 
初めて聞くパターンだな。めっちゃ興味深い。 

ドアを開けたらどこかの工場みたいなところか。 
他に人(工員や作業員)は見なかったんだろうか? 
(無理か。幼い頃だった上にパニック状態だったろうから、そんな余裕はなかったかな?) 
その工場は、時空のおっさんが普段働いている工場だったりしてな。 

で、親戚の方も覚えているという事は
(もちろん「工場」を見たのは>>20だけだとしても)、
夢や記憶違いではないんだよな。 
不思議だな、まったく。 


27 :20:2011/03/30(水) 08:58:13.92 ID:C1Xo2apmO
>>26 
人を見た記憶はないよ。
ただ機械が動いてる音はしてたから、稼働はしてたと思う。
その話になると昔の事だし、どこいってたか教えろと言われるけど、
結局この話するしかないんだ。
そのせいで親戚会合の場だと、オカルト話担当みたいな扱いになってしまった。


30 :本当にあった怖い名無し:2011/04/01(金) 07:37:16.43 ID:bE5qevPT0
>>22 
いや、他の世界に入っても、結構戻ってきてるから安心したほうがいいw 
戻った時に、かなりの時間が経過してるのもよくあるね。 

ドアがどこにつながってたのか気になるね。 
この世界のどこかなのか、それとも別の世界なのか。 

後、謎の経験もオマケとして聞きたい。 


33 :20:2011/04/02(土) 00:00:49.00 ID:g8EiHok2O
>>30 
それじゃ俺だけじゃなく、その場にいた人全員が共有した事件を一つ。

例のごとく祖父の家で祖父母、カーチャン、妹、俺で飯を食ってた時の話。
うちの妹は貝が好きなので、よくアサリの味噌汁が出るんだが、その日も出た。
んで、妹と俺とおかわりした後、
カーチャンが「残り少ないから全部食べちゃいなさい」って、
妹の椀に残ってる味噌汁を全部入れたんだ。

ところが、みんな食べ終わってカーチャンとバーチャンが食器片付けに行った後、
台所でカーチャンの悲鳴が聞こえて、
みんなで台所にいったら、味噌汁が残ってるんだ。 
確かに、最後の残りを妹の椀にいれたのをみんな見てた。
誰かが残したの戻したとかって話になったが、誰も知らないって言い出して、
結局気味悪いからって全部捨てた。
あれは不思議だった。
未だに妹に「実はお前捨てたんだろ?」って聞くが、
向こうも「お兄ちゃんでしょ?」って堂々巡りになる。

『オススメの怖い話リンク』

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ankou

怖い話を中心にしてまとめています。