• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】後ろに立つ男・贈り物・真夜中の訪問者・シャワーの音・タクシー・白ん坊【怖い話】

【閲覧注意】後ろに立つ男・贈り物・真夜中の訪問者・シャワーの音・タクシー・白ん坊【怖い話】

Author:
haranharan
Posted date:
【閲覧注意】後ろに立つ男・贈り物・真夜中の訪問者・シャワーの音・タクシー・白ん坊【怖い話】

後ろに立つ男

以前、妹が海へキャンプへ行ったときのことです。
そこは自然のビーチで、近くにはお手洗い等がなく、お手洗いに行きたいときは少し離れた港まで車に乗って行っていました。

夜中のことです。

寝ている途中で目が覚めた祖母がお手洗いに行きたいというので、おばさんと祖母と、そのときいっしょに目が覚めた妹の3人でお手洗いへ行くことになりました。

車に乗ってお手洗いへ行き、妹は特に用を足したいわけでもなかったらしく、車の中で待っていました。 
その時ふとバックミラーを見ると、浮浪者のようにボロボロの格好をした男が写っていたそうです。 
こんな夜中になんだろう?と妹は思ったそうです。 

自分たち以外の人を全く見ないこの時間に…と後ろを振り返ると、確かに男は立っていました。
怪訝に思いながらも姿勢を戻し、ふとバックミラーを見ると男がすこし車へ近づいているのです。

え?と思いもう一度振り返ると男はさきほどと同じ位置に立っている。
みまちがいかと思い前を向きバックミラーを見ると、さっきバックミラーを見たときよりも更に近づいている。

更にもう一度振り返ってみると男は変わらぬ位置にいて、バックミラーに写る姿だけがどんどん近づいてくる。
これはヤバイ、と思った妹は車の外へ飛び出したそうです。
そこで妹が見たモノは…

車の真後ろに立ちこちらを見る男の姿…
そのまま妹はおばと祖母の居るトイレへ駆け込んだそうです。 

あのまま車に乗り続けていたらどうなっていたか…と妹は言っていました。 
もしかすると、男は自分の隣に乗っていたのかもしれない、と…

贈り物

143 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/07(水) 11:04:41.72 ID:AGmZi4d+0.net 婆ちゃんが娘時代の話 

父親(俺の曽祖父)が、近所の衆とキノコ狩りに行った 
車一台出して、荷台に乗り合って行くことが多かったらしい 
キノコや山菜を採って弁当食べて又採って、おやつは帰ってから食って収穫物を分け合う。と言う日程 

真夜中の訪問者

私は父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。
私がまだ母と暮らしていた、17歳の頃の事です。

夜中の3時ぐらいに、ピーーと玄関のチャイムが鳴りました。
丁度その日は母と夜中までおしゃべりをしていて、二人とも起きていました。
「こんな遅くに誰だろね」なんて話しつつ、私が「はい」とインターフォンをとりました。
そうすると女性の声で、「あの…あの…突然すみません…。今晩、あの…泊めて頂けませんか」と。
声の感じでは40代ぐらい。

その妙におどおどしていた感じが気になって、
「え?泊めてくださいって母の知り合いの方ですか?」と聞き返しました。
すると相手は、
「いえ…全然違うんです…あの…私近所のマンションに住んでまして、
あの…私会社をクビになって…あの…もう住む所がなくて…だから泊めて頂きたいと…」

話がよく理解できなかった私は、
「母の知り合いではないんですね?でも泊めるのは…」と、おろおろしてしまいました。
そこで見かねた母が「私が変わるから」といって、インターフォンで話はじめました。
私は一体なんなんなんだろ?と思って、玄関の窓越しに相手を見に行きました。

私が玄関の窓越しにみたその女性は、明らかに変な人でした。
まず、顔はもうどうみても50代なのに金髪の長髪。
白い帽子をかぶっていて、明るい緑のブラウスに、赤地に白の水玉のふわっとしたスカート。
右手には、たくさんの物が入った紙袋を持っていました。

その様子をみて、「これは変な人だ!!」と察知した私は、
まだインターフォンで話している母に、
「ちょっとママ!玄関に来てる人、絶対変!怖いからもうやめよう!
相手にしないで『駄目です』っていって断ろう!」と、まくし立てました。

そしたら母は、「ははははは」と笑って、
「なんかこの雨の中、傘もなく歩いてきたんだって。怖いなら、傘だけでも貸して帰ってもらおう」
と言うじゃありませんか。
その日は、確かに雨がざんざん振りでした。
私はもう、その人の外見をみてるので泣きたくなって、こういう事にだけは度胸がある母をうらみました。

私は怖くなったので、玄関から離れた奥のリビングで、玄関の様子を伺っていました。
母が玄関を開けて話している声が聞こえてきて、しばらくすると、
「家には入れられません!帰ってください!」と、母の怒鳴り声が聞こえました。

私は普段、母の怒鳴り声なんか聞いたこともなかったので、
それだけでかなりビビッてしまい、その時点で涙目になっていました。

玄関ではガチャガチャガチャガチャ!!と、
チェーンの付いた扉を無理やり開けようとする女性と閉めようとする母が出す音が大きく響き渡り、17歳の私を泣かせるだけの迫力がありました。
でも、その押し問答の最中も聞こえてくるのは母の声だけ。相手の声はしません。

やっとバタン!と玄関が閉まる音がして、母がふぅふぅ言いながら部屋に帰ってきました。
「あの人、やっぱり○○(私の事)の言うとおりだね。頭おかしいみたい。怖かったでしょう、ごめんね」
と母が言うので、「なんかされたの?大丈夫??」と聞き返しました。
すると母はまた笑って、「いやいや、全然大丈夫。今日はもう寝なさい」と。
しかし、この話をしている最中に、また玄関のチャイムがピーーピーーピーーピーーと物凄い勢いで鳴り始め、
今度は玄関のドアが、ドンドンドンドン!!と叩かれました。

私のビビり具合はMAXに達して、「警察に電話しようよ!」と泣き始めました。
母は「あとしばらく続くようなら警察を呼ぼう。あなたはもう寝なさいって。大丈夫だから」
と言い、寝る準備を始めました。
私は怖くてなかなか寝付けず、しばらく玄関の音に耳をすませていました。

玄関の音は30分ぐらいで止みましたが、それ以来しばらくは、夜中のお客さんは怖くて怖くて仕方ありませんでした。


その夜の出来事から5年後、私は一人暮らしを始める事になりました。
明日から新しい部屋で暮らす事になった晩に、母と話をしていて
「そういえば、あんな事があったね~。私怖くて怖くて、めっちゃ泣いた記憶がある(笑」と言いました。
すると母が、「う~ん、あれだけで怖がってるようじゃ大丈夫かしらね、一人暮らし」と言うので、
「あれだけで?」と聞いたら、母はこう言いました。

「私ね、あの時あなたが、物凄く怖がってたから言わなかったけど…
まずあの人ね、雨が降ってる中歩いてきたって言ったのに、全然雨に濡れてなかったのよ。
で、左手にバットを持ってたの。しかも、あの人、男の人だったよ」

私が腰を抜かしたのは言うまでもありません。
警察呼んでよママ…。
「なんで警察呼ばないの~!!!」と言ったら、
「なんだか逆恨みされそうじゃない、家はもう知られてるし」と。

その次の日から一人暮らしをする事になった私ですが、怖くてしばらくは実家に帰りました。

シャワーの音

29 本当にあった怖い名無し 2013/09/23(月) 21:15:40.64 ID:E/t9yof50
一昨日と昨日、用があって都内のホテルに泊まっていました。 
一昨日の深夜二時頃、隣の部屋からシャワーの音が聞こえてきました。 
それぞれ色々と都合があるだろうし、さして気にもせず、音が聞こえる中、その日は眠りにつきました。 

そして昨日、都内での用事を全て済ませ、ホテルに戻りました。確か九時頃だったと思います。 
部屋で夕食を摂っていると、また隣の部屋からシャワーの音が聞こえてきました。 
それがいくら経っても鳴り止まないのです。まず三十分くらいで少し長いかな?と思いました。 
しかしそれは序の口で、一時間経っても鳴り止みませんでした。一時間半経っても鳴り止まず、 
二時間が経とうかという頃にようやく鳴り止みました。もう日付が変わっていました。 

前の日に部屋を変えてもらわなかった事を少し後悔しましたが、 
次の日(今日)は早く帰らなければいけなかったので、もう気にしても仕方ないと思い、 
少し苛立ちを感じながら眠りました。 

タクシー

その晩は遅くなりタクシーの運転手は森の中で迷っていた。
「おかしい」

おかしい。さっきから誰かの視線を感じる。
まさか幽霊なんてものじゃないだろうな。
運転手は怖がりなので冷や汗をたらしながら前を見てた。

すると
「すいません」

いきなり女が出てきた。

「うおっ」
運転手はびっくりし、あわてて車を止めた。

「すいません、ちょっとおくまでのせていただけないでしょうか?」
「ああ、はい」

まさかこれが幽霊。
まさか、な

「どこまでいくんですか?」
「もうちょっと奥です」
運転手はげんなりしながらミラーで女を見つめた。
(これは幽霊だろう)
降りる時になって後ろを振り向いたらいない、つまりあれだ。
よくあるネタ。
それなら早く降りてしまえばいいのに…
運転手がミラーを見ると女が映る。

(あれ、まだいる)
だが、じきに居なくなるだろう。
そして
(まだいるなぁ…)
いい加減にしてほしい。
こっちもつかれているのだ。幽霊ごときに振り回されたくない。

「お客さんつきましたよ」
運転手が後ろを振り向くが女はいない。

「やっぱりな…」
あれは幽霊だったんだ。
そう思い前を振り向くと


「つれてきてくれてありがとう」


首をつった女の姿があった。

白ん坊

731 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/28(土) 10:39:21.88 ID:/1er3RsM0.net
ほんのりよりは怖いと思うけれど、洒落にならない程ではないと思うお話投下します。 
かなり長文になってしまう事お許しください。 

時期や場所は詳しく言えないけれど私の父の実家がある場所にまつわるお話。 

父の実家はとにかくドがつく田舎、集落には両手で数えきれるほどしか家が無い。 
山の奥なので土地だけは豊富にあったが、買い物や病院に行くにもバスを乗り継いで 
半日はかかるという恐ろしい土地だった。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran