• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「田淵隆明」氏に聞く、混迷する「改憲」論議の行方は?

サムネイル出典:

「田淵隆明」氏に聞く、混迷する「改憲」論議の行方は?

Posted date:
「田淵隆明」氏に聞く、混迷する「改憲」論議の行方は?
田渕隆明氏講演

田淵氏によれば、現在の政界の情勢では、憲法9条改正は2項削除では衆参での3分の2はハードルが厳しすぎて成立しそうもないので、とりあえず現時点で必要な自衛隊合憲を憲法に盛り込むことで今回の改正は良しとしようと言う事で与党幹部は一致しているそうだ。
 
問題は自公与党の造反議員と保守議員の動向で、3分の2が微妙なのだそうだ。
田淵氏は≪ 憲法改正は、参議院がギリギリです。日本のこころの2名、舞立氏、青山繁晴氏が造反予備軍です。≫ とメールで心配している。
 
ハッキリ言うと、2項削除を譲らない保守が二名出ると今回の改憲は失敗で、次はかなり先まで改憲のチャンスは無くなるそうだ。

田淵 隆明氏

経歴  京都大学 大学院博士課程 NTTデーター
大手経営コンサルタント会社を経て、現在、国際的コンサルタント会社所属
私の意見は、現実の東アジア情勢は中国の侵略が激しくなっているので自衛隊が思うように動けない状態を一刻も早く是正しなければならず、憲法9条改正原理主義者は現状打開の邪魔をする勢力と断定せざるを得ない。
9条守れなんて言うのは私には外患誘致勢力に他ならない。
 
政府や有力政治家は本当は中国の中華侵略主義が東アジアの脅威となっているから憲法改正は必要だと言えば良いのだが、それを言うと中国は必ず、日本は中国を敵視していると言うに決まっっている。
すると次は中国の日本侵略が正統な戦略であると言うに決まっている。だから仮想敵国を名指し出来ない。
 
しかし陸海空の戦力を使った戦争だけではなく経済やサイバー空間ではとっくに戦争が始まっている。
それを憲法学者達の大半が認識したがらず、改憲絶対反対を大声で喧伝して来ている。
 
日本国籍も取得している偽日本人や彼等と融和している左翼は中国の日本侵略を誘導する者達であると断定するべきだ。
 
 
外患誘致罪(刑法81条)や外患援助罪(刑法82条)などの適用を真剣に考えるべきであろう。
出典:http://www.junnihon.com/

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
◆Pride of the Japanese◆

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」