• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】怖いCM・砂嵐のモニター・母親の助言・行方不明・ソリの合わない同僚・壁の黒いシミ【怖い話】

サムネイル出典:

【閲覧注意】怖いCM・砂嵐のモニター・母親の助言・行方不明・ソリの合わない同僚・壁の黒いシミ【怖い話】

Author:
haranharan
Posted date:
【閲覧注意】怖いCM・砂嵐のモニター・母親の助言・行方不明・ソリの合わない同僚・壁の黒いシミ【怖い話】

怖いCM

今年26、ずっと同じ県に住む俺が小学3年~6年の冬の時期に体験した話。

当時、学校から帰ってきたら午後4時にやる再放送の時代劇を見るのが楽しみだった。
親が出かけていて家で一人だったある日、いつものように番組が始まるのを楽しみにテレビをみていたら始まる5分ぐらい前にバック?背景?に大きな天秤がぐわんぐわん動いていてイチゴの被り物をした某芸能人に似てる女性がBGMに合わせてダンスしているCMが流れた。

なんだこれ?見たこと無いCMだけどこの人かわいいなぁと思っていたのだが、15秒、30秒、1分、2分経ってもCMが終わらない。女性は何も言わずにただ踊ってるだけ。
だんだん怖くなってきて電源切ろうとしたり音量下げようとしてみたのだが何も反応しない。

そのうち天秤の動きに合わせて音量が大きくなったり無音になったり、女性が顔が見えないぐらいの速さで頭を振り始めた。
これは何かやばいやつだと思った瞬間

女性「お前は死ぬんだよおおおおおお!!!」

と叫んでゲラゲラ笑い始めた。
それ聴いて泣きながらコタツの中に隠れて女性の声が聞こえないように叫びまくった。
10分以上続いたと思う。

そうしたらテレビが消えた感じ(電磁?的なのが消えた)がしてコタツから出たら、ちょうどテレビがついたまま時代劇が始まっていた。
その数年後の小学校5か6年の頃、今度はメロンの被り物をした同じ女性のCMも見た。

この話を中学、高校、大学で怖い話をする時に友達に話しても誰もそんなCMみたことが無いと言うし、ニヤニヤされる。
ほかにも似たようなものを見た人はいるのか…あのCMが流れた県はあるのか…
いまもずっと気になっている本当にあった出来事。

砂嵐のモニター

124 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/11(月) 01:49:50.02 ID:oajwkopY0
酔った勢いでダラダラと半年前の事書くわ 
どう取って貰っても構わないけど実話な。 

俺は東北の港近くで工場勤めしてた。 
県名は書かないけど、震災の被災者で、津波が来た、とだけ言っとく。 
でも工場は、奇跡的に10~15cm水没しただけだったんだよね。 
だから1,2ヶ月で平常運転出来たのよ。 
で、この話は俺が7月位に宿直した時の話。

ウチの工場は夜勤とか早出が少なくて、この時も20時になると宿直する 
俺以外は工場に誰も居なくなってたんだ。 

母親の助言

俺の母親は何事においても適当な人で、そして時々ぶっ飛んだ事を言う人だった。

小学校時代、兄妹で軽くイジメに遭っていた。
お互いに慰めあっていたのでなんとか登校できてる、そんな状態が続いた。 

やがて中学にあがった自分は剣道を始めて苛められなくなり、まだ小学校の妹は相変わらず苛められるという状態。

余り頼りには出来ないとわかっていたが、妹が可哀想なので母親にも話をした。

母親は自分達が苛められてる事はその時が初耳だったようでビックリしていたものの、深刻そうな顔はしなかった。

「でもね、チャンスだと思う」  
母親がこう話し始めた時、俺はよくあるプラス思考的な事を言うのだろうと思った。

「苛めてる奴らを皆殺しにすれば?」
「そしたら世の中の苛められっ子の救世主になれるんじゃない」
「苛めたら殺される世の中なんて素敵よね」
「きっと世の中の苛めを無くすためには必要な事なのよ」

妹は次の日、吹っ切れた顔で学校に行った。
自分は思った。
手に握り締められていたものに早く気づくべきだったと…

行方不明

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった。
母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった。
どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない。
警察も半分諦めていた。
1ヵ月後、諦めきれない親がとうとう最後の手段とも言える。

ソリの合わない同僚

数カ月前までバイトしていた先に、同期で入ったソリの合わない女がいた。

いい年をしてどこにでも必要以上について来るのだが、そのしつこさが少し異常で気味が悪い。
最初は合わせていたが、用がある時は普通に離れるようにした。

その後のある明け方夢を見た。
その女が寝ている真上のほうからこっちを覗き込んでいる。

と思ったら凄い勢いで、首を閉める様な手つきで腕をのばし上から落ちてきた。
とっさに『こらーーっ!!』と叫んで、女を投げ飛ばしたところで目が覚めた。
掛け布団を払いのけていた。

次の日の出勤はシフトが重なり、あの女がいた。
頭が痛いらしい。他の人と話している。

一応『大丈夫?頭痛がひどいなら早退させてもらえば?』と言ってみた。
すると「ちょっとたんこぶができただけだから大丈夫…」と言いながらこちらをジーッと見る。

やっぱり昨日来たのはこいつだなと思った。

壁の黒いシミ

180 本当にあった怖い名無し 2013/03/06(水) 19:54:23.81 ID:9wjdoUEII
今思うとくだらない話なんだが、当時は死ぬほど怖かったので投下。 

5、6歳の夏の日の話だ。 
近所に友達なんていなかった俺は家の近くで一人で遊ぶのが日課みたいになってた。その日も地面の蟻を観察したり草むしったりして遊んでた。 

それに遭遇したのは昼前のことだ。 
家の中からする、美味しそうなにおいに心踊らせながら、壁に向かって石をポンポン投げて早くできねーかなって思ってた。 

ごめん、ちょっと前置き長いわ。次から本番。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran