• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【激ヤバ】今井絵理子の車内不倫キス画像が流出!?【画像あり】

サムネイル出典:

【激ヤバ】今井絵理子の車内不倫キス画像が流出!?【画像あり】

Author:
RRRRRR
Posted date:
【激ヤバ】今井絵理子の車内不倫キス画像が流出!?【画像あり】

『週刊新潮』で橋本健神戸市議との不倫疑惑が報じられた今井絵理子参議院議員。その今井議員の“キス疑惑写真”がインターネット上に流出し、再び波紋を広げている。

画像は複数点あり、赤外線カメラで盗撮したかのようなモノクロ写真です。自動車のなかで今井絵理子参議院議員似の女性と、橋本市議にも見える男性が、抱擁したりキスしているものです。

それでも議員を続けるのか?辞めたとしてもいばらの道が…。

今井絵理子参議院議員は、2004年に音楽バンド『175R』ボーカルのSHOGOと結婚して1男をもうけたが、2007年に離婚している。その後、シングルマザーで障害を抱える子供の母親として政治に参画し、2016年7月の参議院選挙で見事初当選した。しかし、不倫疑惑発覚後、双方は不倫を否定し、今井さんは文書で橋本市議から交際の申し込みを受けたことは認めつつも、「一線を越えてはいけないと思っていた」と強調しているが、議員になれたのは、障害持った子供ことや介護の為に動くと訴え議員になってる。云わば、今井さんを支持してる人達を裏切ったと思われても仕方がない。 
さらに、参院選出馬直前には、交際していた中学校の同級生が那覇でフゾーク店を経営し、中学生少女にみだらな行為をさせたとして逮捕歴があったと報じられるなど危うい異性関係が報道されています。
ただ、議員を辞職しても、『SPEED』として芸能活動をするしかないが、同じSPEEDメンバーの上原多香子も、夫のTENNさんの2014年の自殺が、上原と俳優の阿部力との不倫疑惑が原因だと報じられるなど、今井、上原ともども芸能活動再開は厳しい状況である。

現在インターネット上では、今井絵理子参議院議員と思われる人物が車でキスや性行為をしているという写真が出回っている。 その画像は本物なのか?騒動をまとめた。

今井絵理子参議院議員プロフィール

今井 絵理子(いまい えりこ)
生年月日	1983年9月22日(33歳)
出生地 沖縄県那覇市
血液型O型
身長158cm

沖縄アクターズスクール出身で女性グループ「SPEED」で1996年8月5日デビュー。1996年から2000年の3月解散までの約4年間活動した。
解散後、Shogoと結婚、出産を経てelly名義で音楽活動を再開の後、SPEED再結成後は今井絵理子名義で活動。2016年の第24回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で比例区 より立候補し、初当選した。

不倫報道について

今井絵理子参議院議員と橋本健市議の不倫と思われる写真が撮られたのは7月14日から3日間。その3日間は新潮の記者が張り付いており、新幹線車内で手をつなぎやパジャマ姿の今井さんがホテルの部屋でうろついている写真が掲載された。
今井さんは独身なので恋愛は自由であるが、許しがたいのは、不倫とも思われる行為に公金、つまり私たちが納めた税金を使っていること。
新潮の記事によると、7月14日の不倫デートは、東京から新大阪に向かい、その後、東京に帰ってきて、その往復の新幹線グリーン車のチケット代は、国会議員のパスを使用。つまり、今井さんは不倫デートを旅費を税金で行っていたのである。
さらに相手の橋本市議は妻子もちで、離婚調停中ではあるが、この時はまだ離婚はしていない。このことを今井絵理子が知っていたか定かではないが、世間から見ればこの行為が不倫と思われても仕方がない。
	

本物?偽物?検証!流出画像

インターネット上に出回っている画像はこちら↓

この画像がどこから出てきたのか不明だが、多くのサイトがこの画像をもとに真偽は不明のまま、拡散している。

流出している疑惑の写真

今井絵理子さんと橋本市議に似ている男女の行為が!

橋本市議の車の中での行為と言われているが…。

橋本市議の愛車は日産のスポーツカー「GT-R」である。ちなみに価格は1000万以上する。

GT-Rはスポーツカーのため、2人乗りを前提としており、後部座席は一応あるが大人2人が座れるほど広くない。

キス画像は捏造!?

車内で正行為をする場合、通常後部座席で行うものだと考えると、このような行為ができるスペースがGT-Rにはない。なので、この画像はねつ造されたもので、デマという検証結果がベターである。
そもそも、写真もそんなに似ていない…。

「離党でも辞職でも」と号泣。後見人が明かす。

「非常に反省して、泣きながら、私の顔に“泥を塗ってしまいました”と、“離党でも、除名でも、辞職でも、なんでも山東さんの言うとおりに従います”と、そう言っていました」
 こう語るのは山東昭子参議院議員(75)。公益財団法人「聴覚障害者教育福祉協会」の会長でもあり、聴覚に障害がある子供を育てる今井議員を参議院議員候補に推した、今井議員のまさに“後見人”である。
「私は記事が出たときは外遊中だったのですけど、彼女から電話がかかってきましたよ。取り乱した様子で、泣きじゃくって、“申しわけありません、記事が出てしまいます”と。で、今回会って、彼とは距離を置いて冷静に考えなさい、と言いました」
そう言いつつ、こんな話も披露してくれる。
「彼女は再婚したがっていました。“子供がほしい”と。障害児をもって、今度は元気な子を産みたいという気持ちがあったみたいで。まあ、相手は橋本さんということだったんでしょうね。彼のほうから彼女に惚れて、去年から猛然と追いかけてね。私も何度もいろんなところで会いました」
 実は、昨夏の参院選で今井議員が当選する前後、
「子供が当時の彼氏に懐いていて、いずれ結婚するかもしれない、と今井が話すと、山東さんは“議員になるとバリバリできる男のなかで仕事をすることになって、男を見る目が変わるから、注意しなきゃだめよ”と諭していたんです」

今後、今井絵理子参議院議員、橋本市議ともどういった対応をしていくか注目しましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
RRR