• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
元℃-uteセンター「鈴木愛理」♡エロ全開♡過激グラビア特集スペシャルまとめ

サムネイル出典:

元℃-uteセンター「鈴木愛理」♡エロ全開♡過激グラビア特集スペシャルまとめ

Posted date:
元℃-uteセンター「鈴木愛理」♡エロ全開♡過激グラビア特集スペシャルまとめ

ハロプロの絶対的歌姫のセクシーなエロ画像まとめ♪

鈴木愛理

基本情報

鈴木 愛理(すずき あいり、1994年4月12日 - )は、日本の歌手、女優、モデル。女性アイドルグループ・℃-uteの全活動期(2005年 - 2017年)、Buono!のメンバー。『Ray』専属モデル。アップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)所属。

出生名	鈴木 愛理
愛称	あいり
あいりーん(公式)
お鈴(自己紹介用)

出生日	1994年4月12日(23歳)
血液型	B型
出生・出身地	千葉県
ジャンル	J-POP
職業	歌手、女優、モデル
活動期間	2002年 -
レーベル	zetima
事務所	アップフロントプロモーション
グループ/
ユニット等	℃-ute
4KIDS
あぁ!
H.P.オールスターズ
ハロー!プロジェクト モベキマス
Gatas Brilhantes H.P.
リトルガッタス
Buono!

ハロプロの最強アイドル「℃-ute」センターとして君臨。2017年、惜しまれつつ解散に...

℃-ute「夢幻クライマックス」ライナーノーツ


絶対無双の女子力で、最強で、セクシーで、女として誰も勝負する気にもならないような、
かっこいい℃-uteが大好きです。
なので、踊りも歌も香りもオーラも顔面も、全てのレベルアップしまくった武器をフル活用
できるような曲をつくりたいと思いました。
例えば女性として、何もかもを得ても感じてしまう渇望を楽曲で描ければ、まだみたことのない彼女達の顔がみれるのでは…!と奮闘したので、この曲が、最後まで貧欲に成長し続ける
℃-uteのガソリンになることができれば幸いです。
解散が楽曲完成後に決まったので、歌詞を描きなおしました。
隠しコマンド的に、メンバーの名前も入っているのでみつけてくださると嬉しいです。
別れの歌ですが、クライマックスに向けての加速装置です。
魂だけ側において、強く生きていこう!と、私は大好きなメンバーがハロプロを卒業しても
なお、がんばるモチベーションをもらい続けています。
こんな風に、永遠に良き方向に未来を運んでくれる彼女たちの煌めきに感謝して。

大森靖子
2016年11月2日発売のトリプルA面シングル「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」から「愛はまるで静電気」のPromotion Editです。

作詞:児玉雨子 作曲:星部ショウ 編曲:平田祥一郎
℃-ute『Singing~あの頃のように~』(℃-ute[Singing 〜Just Like Back In The Day〜])(Promotion Edit)
2017年3月29日発売のトリプルA面シングル「To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises」から「To Tomorrow」のPromotion Editです。

作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木俊介
MV Director:黒田英樹
℃-ute「アロハロ! 3 ℃-ute DVD」ダイジェスト
2017年6月12日、さいたまスーパーアリーナでのラストコンサートで解散した℃-uteのラスト写真集!!

感動のラストコンサートのライブ写真に加え、本番前のバックステージ写真やリハーサル風景、さらには解散直前に撮り下ろした5人揃ってのグラビア写真やソロイメージビデオ撮影時の秘蔵カットなど盛りだくさんの内容に。そして最後の直筆メッセージも掲載。
9月10日の℃-uteの日に、team ℃-uteのみなさまにお届けする1冊!!

エロ全開グラビア特集スペシャルまとめ

2012/07/25発売!
鈴木愛理ソロDVD第6弾のダイジェストです!
鈴木愛理を様々な角度から、ゆっくりじっくり見ることができます。。。
2014年6月25日発売の鈴木愛理(℃-ute)「新嘉坡」のダイジェスト映像です。
シンガポールで撮影されたイメージ映像をたっぷりと収録!!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」