• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】タイムカプセル・混雑・夜間通行禁止の山道・消えるお金・気持ち悪い・障子の穴【怖い話】

【閲覧注意】タイムカプセル・混雑・夜間通行禁止の山道・消えるお金・気持ち悪い・障子の穴【怖い話】

Author:
haranharan
Posted date:
【閲覧注意】タイムカプセル・混雑・夜間通行禁止の山道・消えるお金・気持ち悪い・障子の穴【怖い話】

タイムカプセル

少なくとも俺には死ぬほど怖かった話。
俺には幼馴染が二人いる、俺がY(男)幼馴染K(男)幼馴染A(女)としよう。
俺達3人は小さい時から親同士が仲よくて付き合いがあり、3人とも中学に上がるまでかなり仲がよかった。

そして、小学校を卒業する時に3人でタイムカプセルを埋めようって事になった。
20歳の成人式が終わったら掘り起こそう、そう3人で約束して、3人とも思い思いの物と、自分宛の手紙をいれた箱を用意して広場の木の下に埋めたんだ。 

中学に上がると、クラスで分かれたりしてKとは時々話したけど、Aとは殆ど話さなくなった。
そして中学を卒業すると、俺は地元から遠い進学校、Yは地元の高校、Aは女子高に行って、もう殆ど会わなくなった。
帰ってきたときKとは時々会うけどAとは全然会わなくなった。
男と女だし、女子高行ってるし、普通だと思う。
高校2年になると塾やら受験勉強やらでKとも殆ど会わなくなって、大学にはいったらメールを時々するくらいになった。
なんとか大学に進んで今になる。

そんで俺も20になるけど、タイムカプセルの事はなんか覚えていた。
だからタイムカプセルを埋めた広場を久しぶりに見に行ったら、駐車場になって、マンションが建っていた。
中に何をいれたか良く覚えて無かったけど小学6年の入れるものだから大したものではないとは思った。
一応Kに連絡を取ると、家に来てほしいとの事だったので、Kの家に向かった。

Kの家には回収不可能になったはずのタイムカプセルの箱が3人分あった。
工事が始まる前にKが掘り起こしていたらしい

「おぉ!Kナイス」
ガラクタが入っているだろうとはいえうれしかった。
成人式に開くと言っていたが、まぁいいかと箱を開くとやっぱり中はガラクタだった。
とはいえ、懐かしくも感じ、掘り出していてくれていたKに「ありがとう」と感謝した。

するとKは「ごめん」と謝り出した。
なんでも掘り出した後、好奇心で3人の箱を開けて中身を見てしまったのだという。
恥ずかしい自分宛の手紙を見られたことは嫌だったが、笑いの種になるから別によかった。
「Aにも箱は無事っていわないとな」
そう俺がいうと、Kは俺に言った。
「Aにはこの箱はマンションの下に埋まったままってことにしてくれないか?」

何言ってんだこいつは?正直そう思った。しかしすぐに気づいた。
「あぁ、勿論Aの中身見たことは言わないでおいてやるからさ(笑)」
当時からAは怒る時は怒るやつで、それが結構な剣幕だったから多分Kはビビってんだろうな。
そう思った。
「いや、そういうことじゃない」
Kの声は何か真剣だった。
お前も中見てみろ。
そうKは言った。
勿論俺だって見たくない訳じゃない、Aは当時結構可愛かったし、明るい性格だったからぶっちゃけ好きだった。
そのAが何を入れたかはとても気になる
そういえばAの自分宛の手紙に俺、Yが好きとか書いてあったらどうしよう、なんて当時は思ったものだ。
「おお、んじゃ、共犯になったるよ」
そう言って俺はAの箱を開けると、中にはナイフと手紙しか入ってなかった。
ナイフと言っても市販されてるリンゴとか剥く小さい包丁だった。
「りんごが上手く剥けるようになりますように」とでも書いてあるのかな?
と、手紙を手に取るとそこには

「20歳の私へ、まだ続いているのならこれで父を殺してください、お父さんを絶対に許さない」
見たいな事が書いてあった。
絶句、という表現が一番正しいだろう。
いや、仰天かな。
あの明るいAが・・・そう思うと何か怖くなってきた。
Aの家族は父子家庭で、とても仲のいい家族に見えた、
しかしこれでKがAにこれを見せたくないと言うのは分かった。
想像力豊かな俺はAが父親を憎む理由をなんとなく理解した、あくまでも想像の範囲だが。

今のところAの父が死んだなんて話は聞いてないから、もしかしたらAの悪戯なのかもしれない。
だが俺の心にAに対する強い恐怖が生まれたのも事実だ。
今年度成人式な俺もKもこのことはAに黙っておくつもりでいる

混雑

108 :本当にあった怖い名無し :2011/08/02(火) 08:49:46.14 ID:CRZD2TnL0 
俺が小学生の頃、近所に百年近く続く小さな銭湯があった。 
まあ老舗とはいえ時代の流れか、客入りはそれほど良くなかった。 
俺の爺さんはたいそうお気に入りで、その銭湯に通うのが楽しみの一つだった。 
何の前触れもなくポックリと死んだが、その前日も通っていたくらいだ。 
ある週末の夜、親父に銭湯に連れて行ってもらった。 
服を脱いで勢いよく浴室の扉を引くと、驚いた。 
いつもは閑古鳥が鳴いているこの銭湯が、どういうわけか満員だった。 
浴槽は芋洗いだし、洗い場も一つも席が空いていない。 
後からきた親父も驚いていた。

夜間通行禁止の山道

車好きの友人(Aとします)から言伝で聞いた話です。
G県のある山中に夜間は通行禁止にされている山道があるそうです。
夜間通行禁止の理由として、明かりが全く無い上に見通しがかなり悪く、事故の危険性がかなり高いためと公式では言われています。

通行禁止と言っても通ろうと思えば通れるのですが、そのそもすれ違いができない位道幅が狭い箇所もあるため地元の人はまず使わないですし、今では少し時間がかかりますが,明かりもあり見通しのいい道が整備されているため、昼間でも使うメリットはほとんど無いそうです。

事故の危険が高いため夜間通行禁止にされていると書きましたが、地元の人によれば理由は他にもあり、それは公にはできない理由だそうです。

つまり,その山道から出てこられなくなることがあり、そのまま行方不明になっている人もいるそうです。

曲がりなりにも近道であるため,30分くらいで越えることができるそうですが、夜間にその山道に入ると何時間走っても抜けることができず、ふもとにたどり着くことができなくなるそうです。
実際にAは夜明け前に入ったことがあるらしく、2時間以上走って周囲が明るくなった頃にようやく山道をでることができたそうです。

行方不明になっている人たちはいずれもその身体だけで、車だけは後日山道で発見されているそうです。
どの車体には損傷はなかったらしく、山道で一度止まったと見られているそうです。

彼らに何があったのかは不明ですが、その山道で一度でも止まると何が起こるのでしょうか。
それにしてもAは無事に出て来られてほんとによかったと思います。
燃料はギリギリだったそうです。

消えるお金

427 本当にあった怖い名無し sage New! 2014/01/19(日) 23:51:53.97 ID:rhdK3sYo0
友人から聞いた話。 

友人の同僚でNという営業マンがいた。 
Nは付き合っていた女性を騙して、散々お金をむしり取った挙げ句、捨てたらしい。 

それからしばらくしてNに異変が起きる。 
現金で売り上げると、会社に戻る前にその現金が減っている。 
最初は数え間違いや、勘違いかとも思ったらしいけれど、封をしている封筒や鍵を掛けた小型金庫、肌身離さず持っている財布の中からも無くなる。 
そのたびに不足金として、Nは自腹を切っていた。 
ところが、それも長くは続かず、給料引きという未払い金扱いにするようになった。 
結果的に給料よりも未払い金が上回る事もあり、Nは借金を重ねるようになる。 

ある時、大口の現金取引が入った。 
Nは担当替えを願い出たが、どうもお得意先からのご指名らしく、仕方なく行くことになる。 
数百万という金額の為、Nは一つ策を練った。後輩を同伴させ、お金だけ彼に運ばせる。 
これなら何の問題も起きないはずだ、と。 

気持ち悪い

会社の同じ部門にみんなに苛められている女性がいた。
自分には最初はそんな気持ちがなかったのだが、周りが苛めていたのでつい同じ事をやっていた。
すれ違いざまに「気持ち悪い」、遠くに見かけると「気持ち悪い」と叫んで小走りで立ち去る。
その女性と自分達はフロアが違ったが昼休みには大きな声で「あいつ気持ち悪い」などと言っていたので同じ事をするやつらがどんどん増えた。
ところがある日中心人物何人かに彼女からメールが届いた。「気持ち悪い」とはしゃぎながら誰かが大きな声で読んだ。
そこには「ブオトコの俺たちにまとわりつかれて迷惑だ」と書かれていた。そして人事に相談し名前も出したとも書いてあった。
俺が衝撃を受けたのはそこに書いてあったひとことだった。
「わたしはあなたたちと口も利いたこともない」
『え?こいつらあの女を知っているわけじゃないの?』そしてまだ続いた。
「わたしの夫は美形で、云々、管理職で云々」そのあたりでみな逃げるようにその女性のいるフロアから自分たちのフロアに戻って行った。
自分は彼女の夫が同じ会社のことも、管理職のこともましてや美形なんて知るわけがなかった。
多分、他の人間もそうだと思う。そして衝撃が続く、彼女は病気だったのだ。その手術のために、その後しばらくして姿が見えなくなった。

ほっとしている矢先になんと彼女の夫がすぐ近くのフロアに部署ごと移動して来た。
見かけた姿は部下を引き連れ、一際華やかで、背も高く、堂々としていた。俺は俺たちの仲間がみな不細工なのに初めて気がついた。
同じ食堂で見かけるのがいやで食堂を使えなかった。気がつくと周りもそのようだった。
ところが退院して他の部署に行った彼女のところに無言電話や近くに行って彼女の側で「気持ち悪い」と言い続け、その部署に人間に追い払われた奴がいたらしい。
そして最後のだめおし
彼女はある有名会社にいたのを夫の転勤のために夫のコネで俺たちの会社に入社し、俺たちのことを「田舎会社の馬鹿ども」とまでメールに書いて苦情を送ってきたとの事。
彼女の夫は中国の工場の立ち上げのプロジェクトで社内の表彰を受けた。
それを俺たちは恐々と聞いていた。俺たちの部門が中国へ行くらしい。
プロジェクトのパーティで彼女と夫を見かけた。彼女は普通の人というより、この会社では見かけないような魅力的な人だった。
俺たちの知らない仲間に囲まれ笑っていた。
俺たちは口も利いたこともない病気の女性に意味もなくまとわりつき、怖がらせた不気味な集団だった。
結婚していない奴、妻に逃げられたやつ、そんなやつらの集団の一員に気がつくと自分も入っていた。

障子の穴

338 1/3 sage 2009/09/14(月) 00:29:43 ID:nj4Acrhf0
子供(小学校高学年)の頃の話。 

当時、自分の部屋は、畳と障子のバリバリの和室で、布団を敷いて寝る生活だった。 

ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。 
寝込んでるときって日中もずっと寝てるから変な時間に目が覚めるんだよな。 

当然、電気も消えてるし障子も閉め切ってるから、部屋の中は真っ暗。 
でも真っ暗な中でも、目が慣れてくるとある程度(外の明かりもあって) 
部屋の様子が見えてくる。そんな状態で、ぼーっと寝たまま障子の方を見ていた。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran