• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
反日「朝鮮人」国家は「伊藤博文」公の殺戮をまず公式に詫びろ

サムネイル出典:

反日「朝鮮人」国家は「伊藤博文」公の殺戮をまず公式に詫びろ

Posted date:
反日「朝鮮人」国家は「伊藤博文」公の殺戮をまず公式に詫びろ
小池知事が関東大震災時に殺戮された朝鮮人の慰霊の文面を今年は出さないことにしたという。朝鮮人による我が国の初代総理大臣が暗殺された事件に対し、半島全ての地区何十か所で罪をわび、伊藤博文公にわびを入れた事件もあった。しかしそれもその当時のみ。その非を韓国政府が毎年申し訳ないとわびを入れているとは聞いたこともない。のみならず暗殺者安何某を国家の英雄として教え続けている事実すらある。
 
この朝鮮人虐殺にせよ警官が必死にデマに惑わされるなと暴行を食い止めた事実も報告されている。
 
横浜市の鶴見警察大川常吉署長のことは地元の佐久間権蔵の 「日記」や当時町議だった渡辺歌郎の手記「感要漫録」の発見によってその朝鮮人保護の経過が明らかになっている。保護下にある朝鮮人等400人の奪取を防ぐために、1000人の群衆に対峙して「朝鮮人を諸君には絶対に渡さん。この大川を殺してから連れて行け。そのかわり諸君らと命の続く限り戦う」と群衆を追い返した。さらに「毒を入れたという井戸水を持ってこい。その井戸水を飲んでみせよう」と言って一升ビンの水を飲み干したとされる。大川は朝鮮人らが働いていた工事の関係者と付き合いがあったとされている。また、軍も多くの朝鮮人を保護した。横須賀鎮守府長官野間口兼雄の副官草鹿大尉(は「朝鮮人が漁船で大挙押し寄せ、赤旗を振り、井戸に毒薬を入れる」等のデマに惑わされず、海軍陸戦隊の実弾使用申請や在郷軍人の武器放出要求に対し断固として許可を出さなかった。他にも自警団が朝鮮人の避難所を守ったとの記録もある。軍は戒厳令を布告し、デマに翻弄され過剰な防衛行動を食い止めたのだ。こうした人々が多くいたことを忘れてはならない。
そもそも朝鮮人の一斉蜂起計画こそ糾弾されるべき。皇室暗殺計画などがたてられ暴動の芽を摘むべしとの世論がかかる悲劇を生んだ。橋を壊したりする事件も勃発。。
 
1920年には朝鮮人パルチザンはロシア赤軍パルチザンと協力しニコラエフスクmを占領し、日本軍守備隊を全滅させ、日本領事一家をはじめ日本人居留民数百名を殺害した尼港事件を起こし
 
間島や満州、沿海州に潜伏していた独立運動家達によって組職された抗日武装団体である独立軍は、三・一運動をきっかけに国境地帯で、良民や官公吏への襲撃・殺害といったゲリラ行為を繰り返していた。1920年10月には満州で馬賊と大韓独立軍が駐琿春日本領事館を襲撃し、日本人20人を殺戮し日本領事館を焼き討ちする事件が発生した。(間島事件)。総督府は中国側との折衝を開始し、10月16日には吉林省都督の許可を得てゲリラ掃討を開始した。小作争議や利王朝暗殺未遂事件も起こしてい
 
国内外で日本の要人への襲撃や破壊活動を展開していた。今日では拉致の実施や核開発ロケットの発射など、また歴史捏造による慰安婦像の世界的建立などを臆面もなく実施しているようなもの。国民が危機意識の中で暴発したことは悲しいことだが、当時の状況を振り返ればありえたことと思うし、その姿勢を朝鮮人が持ち続け、反日を正義と教え込んでいる以上、悲劇が再現してしまうのではとの危惧をも抱かざるを得ない。
 
 
 
小池氏も未来志向のために踏ん切りをつけられたのでありましょう。
 
南北朝鮮が反日無罪を主張している中での一方的弔意表明は将来の友好にとって好ましきことではない。まずは伊藤博文公の殺戮を公式に詫びてもらわねば不公平ではないかと思う。
出典:http://www.junnihon.com/

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」