• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【微エロ注意】戦中の孤島に女1人と男32人。女を巡って起きた肉欲の殺し合い「アナタハン島事件」

【微エロ注意】戦中の孤島に女1人と男32人。女を巡って起きた肉欲の殺し合い「アナタハン島事件」

Author:
RRRRRR
Posted date:
【微エロ注意】戦中の孤島に女1人と男32人。女を巡って起きた肉欲の殺し合い「アナタハン島事件」

孤島に取り残された一人の女と32人の男たち

戦中から戦後にかけて、サイパン島から北の方へ約117kmの場所に位置する「アナタハン島」に日本人の女1人と男が32人取り残されてしまった。軍に救助されるまでの6年間、この女をめぐって男たちよる殺人や行方不明者が相次いだ。

アナタハン島の女王と呼ばれた「比嘉和子」

終戦間近の昭和19年(1944年)、当時この島には日本企業である「南洋興発」が進出しており、ここでヤシ林を経営していた。比嘉和子(ひかかずこ)(24)はこのアナタハン島に住んでいた。和子の夫・正一が南洋興発の社員であり、アナタハン島に転勤になったためだ。
島にいる日本人は、比嘉和子と夫の正一、そして夫の上司の3人。
そしてその他に、島に元からいる原住民が45人ほど住んでおり、中里や和子の夫は、この原住民たちを雇って農園を経営していた。

夫が行方不明になり、生きていくために上司との体の関係が始まった

当時は戦争中でサイパン付近も激戦が繰り広げられていた。ある日、和子の夫はパガン島へ妹の様子を見に行くと島を出ていったが、それっきり消息不明となってしまう。
夫が島を出ていってから2日後、アナタハン島は米軍の空襲を受け、和子と上司はジャングルに逃げ込み、命だけは何とか助かったものの、家に戻ってみるとあたりは焼野原となっていた。
飼っていた家畜は何とか無事だったか、家や着るものは全てなくなり、夫もいなくなってしまったため、島にいる日本人は和子と上司の二人だけになってしまった。
日本軍の救助も考えられないため、和子は生きていくためにこの上司の力を借りなければならなかった。
戦中の孤島で二人っきりになった非力な女性と男。この後、どのような力関係で生活が始まるかは想像がつきやすい。

ある日、31人の日本兵が島に流れ着き、事態は変わる!

昭和19年(1944年)6月12日、この日、アナタハン島の近海を進んでいた日本のカツオ漁船の数隻が、米軍の攻撃を受けた。
これによりカツオ漁船は沈没し、乗組員たちは何とか脱出し、アナタハン島に泳ぎ着いた。
合計31人の男たちがアナタハン島にたどり着き、彼らは大半が血気盛んな20代で、最年少は16歳の少年だった。この31人のうち、10人は軍人で、21人は軍属船員でだった。
幸運なことに島にはバナナやパパイヤ、イモなどがあり食料に困ることはなかった。
最初は分かれて生活していたが、やがて共同生活をするようになった。
和子たちともすぐに出会い、けが人の手当や食料を上げたりし、陸の孤島で同じ日本人と出会えた喜びを分け合っていた。

やがて終戦を迎えたが、そのことは伝わっていなかった

終戦を迎えたが、和子たちにはその情報が伝わることはなく、米軍の呼びかけが再三に渡って行われたが、そのことを信じる者は誰もいなかった。
やがて日本領土でなくなった島から、原住民が全て逃げ出してしまい、島には日本人のみとなった。

極限の生活の中、欲求を我慢する32人の男たち

女1人と男32人の共同生活。1年以上、欲求を我慢してきた男たちの間で女を巡って争いが起きるのは想像ができる。そこで、最年長の男が、和子と上司に、結婚するように提案してきた。2人が皆の前で結婚してくれれば、他の者もあきらめがついて、島内での争いを防ぐことが出来るだろうと考えたのである。
和子と中里は島で結婚式を挙げ、2人だけ皆とは離れた所に住んだ。

拳銃を手に入れた2人の男により肉欲の戦いが始まる

昭和21年8月、山の中で、墜落した米軍の戦闘機の残骸を発見した。残骸の中から男たちは拳銃を4丁と実弾70発を見つけた。
拳銃はどれも壊れていて使い物にならなかったが、銃に詳しい男が拳銃を組み立て直し、「使える拳銃」を2丁完成させた。銃は、組み立てた男と、その親友の男が1丁ずつ持つことになった。
2人の男が武器を持ったことで、これまでの集団の中に力関係が発生した。2人の男は銃によって絶対的な権力を持つようになった。

銃で脅し、無理やり関係を結ぶ!昼夜を問わず何回も…。

銃が手に入りすることはただ一つ。1年以上も我慢してきた欲求をはらすには、女を抱くことだ。
すぐに2人は銃で脅して和子を抱くようになった。和子には中里という夫がいたが、2人はお構いなく、今まで溜まっていた欲求のはけ口に和子を昼夜を問わず何回も犯した。

ついに起きてしまった殺人事件!

しばらくして一人の男が木から落ちて死んだ。島内ではあの2人が木から落ちるように銃で脅した。という噂が広まった。そして数カ月後、和子にしつこく言い寄っていたある男が射殺された。さらに、銃を持っていた2人が和子を巡って仲間割れをお越し、片方が射殺された。
殺した男は銃と和子を独占することができ、まさにこの島の王様になったのである。

絶対的な王様が不審死!?犯人は誰だ?

ある日、この王様が夜釣りをしている時に、崖から海に落ち死んでしまった。しかし、事故なのか誰かに落とされたのかは不明である。
最初に銃を手に入れた2人は両方とも死んだ。

銃を手に入れれば、和子を抱ける!

この後、銃は2人の男が持つことになった。島では、銃を持つと和子を抱けるという雰囲気が漂い始め、愛欲交えた争いが絶え間なく続くことになった。
やがて、新たに銃を手に入れた2人の男も仲間割れをお越し、一人が死亡し、新たな王様となった1人も刺殺されてしまった。
和子を抱くために銃を手に入れることに躍起になった男たちだが、崖から転落して死んだ男、食中毒で死んだ男、いきなりいなくなった男などが次々と出始めた。

争いをなくすために和子に好きな男を選ばせる

そこで、年長者がこれ以上の争いをなくすために、和子に男を選ばせて結婚する。そして、一切和子には手を出さないこと。また、争いの元である銃を海に捨てることを提案した。
和子はある男を選び結婚し、銃は海に捨てられた。が、変わらなかった…。
この後も4人の男が死んだり行方不明になった。

32人いた男たちは、19人になっていた

最初の殺人から5年が経ち32人いた男たちは、19人になっていた。本当に病死や事故死で亡くなった人もいたと思うが、主な原因は1人の女性を巡る肉欲の争いであった。

争いの原因は銃ではなく「和子」だった!

残った男たちは話し合いをし、そこで出された結論はなんと「和子を処刑する。」ということだった。自らの欲求のはけ口にしてきた和子がいるから殺人が起こる。明日、和子を殺そうということで全員が一致した。
だがその日の夜、1人の男が和子の小屋を訪ね、このことを伝えた。
「逃げろ。殺される。」

密林のジャングルの中で逃亡する和子

男たちの考えを知った和子は小屋を飛び出し、ジャングルに逃げ込んだ。ジャングルで野宿をしながら生活した。もちろん男たちに見つかるわけにはいかない。
つらい逃亡生活に入って33日後の1950年6月、和子はアメリカ船が沖をいるのを発見した。すぐに木に昇ってパラシュートの布を振って大声で叫び、救助を求めた。
アメリカ船が近づいて来た時、男たちはまだ戦争終結を信じていなかったために隠れており、和子は無事、このアメリカ船によって救助してもらった。
孤島での生活は6年間に及び、その間、殺された者と行方不明になった男は13人になっていた。

比嘉和子と生き残った男たちは無事帰国

和子はその後、グアムに滞在した後、日本へ帰国した。また、島に残った男たちも和子が帰国してから1年後に米軍の説得や家族からの手紙により、ようやく終戦した事を知り投降し帰国した。

帰国した男たちに待ち受けていた残酷な現実とは?

投降した男たちはグアムの米軍基地を経由し、昭和26年7月26日、飛行機で羽田に降り立った。この時、全員号泣したと言う。
マスコミは大々的に報道し、羽田にも、帰還した兵士たちを一目見ようと多くの人々が訪れた。アナタハン島で生存していた男たちは、全員戦死したものと思われており、戦死の公報も送られていたため、ほとんどの男はすでに葬儀も行われていた。
戦死していたと思われていたため、家に帰ると妻が他の男と結婚していたり、愛人がいたりといった事態がいくつも起こった。
中には、妻が、自分の弟と結婚して子供までいたという男もいた。これは話し合いの結果、妻は本来のアナタハンから帰って来た男の妻に戻り、弟との間に出来た子供は養子として迎え入れた。

和子の運命は!?

和子の本来の夫であり、妹の要素を確かめようと島を出て消息不明になっていた正一は、すでに帰国しており、和子が死んだものと思って、沖縄で別の女性と結婚していた。

やがて島での女を巡った肉欲の争いが明るみになり…

日本政府により、亡くなった他の男達について尋問が始まると男たちの間で話が食い違い、さらに追求するとアナタハン島で和子を巡っての殺人や行方不明事件があったことが明らかになった。
このことが大々的に報道され、新聞や雑誌では和子のことを「アナタハンの女王」「32人の男を相手にハーレムを作った女」「獣欲の奴隷」などと書きたてた。
中には、生きるために仕方なかったと同情的な記事もあったが、大半の記事は和子を非難・中傷するような書き方であった。

和子は一躍、時の人に

人々の目は和子に集中し、和子のブロマイドが爆発的に売れた。日本はアナタハンブームになり、和子には舞台の話が持ちかけられ、和子の主演で「アナタハン島」という芝居が作られた。
また映画「アナタハン島の真相はこれだ!」が和子の主演で製作された。ハリウッドの映画界・スタンバーグ監督による「アナタハン」も完成し、和子は時の人となった。

その後の和子は、数奇な運命をたどる

和子は、男を惑わし何件もの殺人を招いた悪女のような報道をされており、和子は人気が落ちついてからは沖縄で「カフェ・アナタハン」を開いていたが、沖縄に居づらくなり、本土へ引っ越した。
東京でしばらくストリッパーをやっていたが再び沖縄へ帰り、34歳の時に再婚した。新たな主人と、たこ焼きとかき氷の店を始め、店も繁盛して、ようやく平穏な生活を取り戻すことが出来た。和子が40代半ばの時に夫が死去し、和子自身も49歳で脳腫瘍により、その波乱の人生を閉じた。

2010年にはこの「アナタハン事件」を元にした「東京島」という映画が公開され、話題となった

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
RRR