• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】暗い日曜日・一致しすぎ・消える十円玉・送り番・こけし・石【怖い話】

【閲覧注意】暗い日曜日・一致しすぎ・消える十円玉・送り番・こけし・石【怖い話】

Author:
haranharan
Posted date:
【閲覧注意】暗い日曜日・一致しすぎ・消える十円玉・送り番・こけし・石【怖い話】

暗い日曜日

現在では簡単に聴く事が出来るのだが、かつて自殺ソングとまで言われた曲があるのをご存知だろうか。

歌詞が暗く、それが自殺を促した原因と言われるのだが、少なくとも世界中で一〇〇人以上の人がこの曲に関わって自殺をしているのです。

みなさまは どのように考えられるのだろうか。
『暗い日曜日』 は、一九三二年に ルッツオ・スレス が作曲したシャンソンの名曲である。
だが、これほど自殺に関わった歴史を持つ曲は他に存在しないだろう。

ハンガリーの首都、ブダペストで、若い青年がこの曲の演奏をバンドに頼んだ。
彼はシャンパンを飲みながら曲を聴いていた。
その後、勘定を済ませた彼は突然ピストルをとりだし、こめかみを撃ち、その場で自殺をした。

ニューヨークでは、あるタイピストが自室でガス自殺をした。
遺書が残っていたのだが、そこには、自分の葬式の時には 『暗い日曜日』 を演奏してほしいと書いてあった。

ベルリンでは、若い男が首吊り自殺をした。 足元には 『暗い日曜日』 の楽譜が落ちていた。
八〇歳の老人がこの曲をかけながら、七階から飛び降り自殺をした。
一四歳の少女がこの曲の楽譜を手にしたまま、川に飛び込み自殺をした。

なかでも不可解な自殺はローマで起こった。
自転車に乗った少年が、老婆がこの曲を歌っているのを聴いた直後、自転車を降り、その老婆に持ち金の全てを手渡し、そのまま陸橋から下の線路へ身を投げて自殺してしまった。

当時の精神分析医や心理学者達は、その原因をつきとめる為に この曲を研究しだしたのだが、結局 何もわからなかった。
その間にも、自殺者は増加するばかりで、イギリス BBC放送局は、この曲の放送を全面的に禁止した。

続いてフランスやアメリカの放送局も次々と この曲の放送を禁止した。
第二次世界大戦の始まる直前の出来事である。

一致しすぎ

45 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/09/04(日) 20:52:10.05 ID:4HlYZ2BG0
どのスレに該当する話か迷ったけど、ここに・・・。 
霊は出てこないけど、偶然が一致し過ぎていてちょっと怖い。 
文章苦手なんで箇条書き。 

消える十円玉

友達が中学時代の先生から聴いた話。
その先生が修学旅行の時に、話の上手な友達から聞いた怪談。

ある日、夢の中で砂漠に出る。
砂漠の中をさまよっていると、座っている人がみえる。
その人を良く見ると自分そっくり…というか、自分そのものだ。
さらに近づくと、そのもう一人の自分ムクっと顔を上げ

「変わってくれ」 

という。唖然としていると、もう一人の自分は立ち上がり、追いかけてくる。
砂漠の上を逃げ回っていると、突然電話ボックスが見える。
やっとの思いでそこに逃げ込むと自分は家に電話した。
すると、母が出て、あなたは誰?と聞かれる。
そこで自分の名前を答えると目が覚める。

この話を聴いたあと、本当に夢に出る。
その時に、てに10円玉を貼っておかないといけない。
しかも、本当に夢に出たとき、目がさめるとその10円がなくなっているという。
これはその先生が生徒を実験台にやったらしい。
すると8割がたの生徒がその夢を見て、見た生徒全員の10円がなくなっていた。

送り番

474 本当にあった怖い名無し sage 2012/06/05(火) 00:12:40.90 ID:g7GCb+yj0
子どもの頃ひい爺さんから聞いた話を書きます。 

ひい爺さん(以下爺さん)は明治の早い時期の生まれで、しかも山村で育ったため 
いろいろと奇妙な風習を知っていて、自分が子どもの頃によく話してくれました。 
爺さんの村では送り番という役回りがあり、これは三軒ひと組で回り番で当たる遺体の 
埋め役のことだそうです。当時爺さんの村はまだ土葬で、寺で葬式を行った後に遺体の 
入った棺桶を荷車にのせて村はずれにある墓域まで運ぶのです。村の顔役や男手のない家 
では代わりを頼むこともできましたが、葬式では酒も振るまわれ些少の礼金も出たそうです。 

こけし

小さい頃寝物語に聞いて未だに忘れられない話。

昔、貧しい寒村などでは男の子供は将来の働き手として重宝されたが、力もない女の子供は食い扶持が増えるだけで大した労働力にはならないので生まれて間もなく「口減らし」として殺されるのが常だった。 

そんな名もなく殺され、人知れず埋められた女の子供を供養するため、農作業のできない冬場の手慰みも兼ねて 
「こけし」がつくられたのだという…

「元々こけしはね、、子供を消すから『子消し』なんだよ」

そういえばこけしには女の子を形取ったものが多い気がする…
その夜は余計に寝付けなかったばかりか、以来箪笥の上古びたこけしも怖くて見られなくなってしまった私です

870 1 sage 2010/01/27(水) 16:44:53 ID:sarATqMa0
私は今、独り暮らしをして3年目にる。 
掃除をしていたところ、実家から持ってきた石を久々に見つけたので、 
そのエピソードも思い出してみた。 
うっかり長文になったので、3回くらいに分けて書き込みます。 

数年前、雨が降る日だった。 
冬の終わりのころ、冷たい雨だったと思う。 
婆ちゃんがなくなって数ヶ月…経っていなかったかもしれない。 
寂しい寂しいと、爺ちゃんはよく言っていたから、 
元気にしているだろうかとお父さんやお母さんと一緒に会いに行った。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran