• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
攻殻機動隊の世界がすぐそこまでに 人間の意識をコンピュータにアップロード 仮想世界で永遠に生き続ける

サムネイル出典:

攻殻機動隊の世界がすぐそこまでに 人間の意識をコンピュータにアップロード 仮想世界で永遠に生き続ける

Posted date:
攻殻機動隊の世界がすぐそこまでに 人間の意識をコンピュータにアップロード 仮想世界で永遠に生き続ける

 かつての人気アニメ『銀河鉄道999』では、生身の人間が心を「機械の体」に転送して機械人間に変身したり、病気でひん死の状態の人が、心を海賊船のコンピュータに送って船の心になったりした場面があった。また映画『マトリックス』では、人間は電池として機械に拘束され、心は仮想空間で「自由に」生活していた。そんなまるでSFの世界から飛び出してきたような話が12月に英タブロイド紙「Daily Mail」に掲載された。

■人間の頭脳をデータ化する

画像をクリックで拡大

 サンフランシスコの発明家ランダル・コーン氏が、頭脳をデータ化してコンピュータにアップロードするシステムについて発表した。コンピュータに脳の複製を作ろうというのだ。実現すると、人間はバーチャル世界で暮らすことが可能になり、また、短時間で他の惑星まで行くことができるようになるという。

 コーン氏によれば、カギとなるのは「SIM (Substrate-Independent Mind)」(回路基板上で独立した頭脳)という人間の「心(性格や記憶も含む)」をデータ化したものだ。

 まさに『銀河鉄道999』の話のように、生身の人間が機械人間になる場合、すでに作られている機械の体に自分のSIM(心、性格、記憶)を送って、その機械の体が自分自身になるということになる。

 脳はおおよそ850億個もの神経細胞でできている。神経細胞同士は「軸索」というものでつながっていて、ひとつの神経細胞は1万個もの神経細胞とつながっている。神経細胞に電気信号が入ると隣の細胞へと次々に伝え、脳がそれを受け取って情報を処理し決断を下す。電気信号によって脳は記憶や感情、性格を保存したり、予測を出したり、意識をつかさどったりする。つまり、人間の脳はコンピュータの回路基板と同じしくみで動いているとみることができるのだ。

出典:人間の意識をコンピュータにアップロード→仮想世界で永遠に生き続ける驚愕の計画が進行中!|TOCANA

■SIMはUSBにデータを入れてほかのパソコンで使うようなモノ?

画像をクリックで拡大

 脳の内部を区分して、それぞれの活動を評価してそれをコードとし、再現することによって人間の脳はシリコン基板上(ICチップの製造で利用される薄い板)にエミュレート(再現)することができる。こうして人は永遠に生きることができるのだとコーン氏は語る。

 「エミュレート」とは、通常あるハードウェア用に開発されたソフトウェアを別のハードウェアで再現することを言うが、同じような感覚で脳の中身をコンピュータ上にエミュレートすることができるようになるという。つまり、脳の内容をどんなシステムでも使えるコード(SIM)にしてコンピュータ上に置き換えるのだ。

 また、心の動きは脳の中の神経回路という神経生物学的な機構によって作られると現在の脳科学では解釈されている。つまり、SIMとは、単なる人口知能ではなく、「コンピュータ上にダウンロードされた人間の頭脳(心)そのものだ」と氏は語る。人間の複製だ。

 神経科学者によれば、脳の99.9%は機械的に動いているのだという。脳は計算をするものであり、さまざまな機能を果たすものである。その仕組みが解明されれば、その代替品を構築することができる。脳の一部の複製を作ることは、すでによく行われていることだ。であれば、脳全体を複製することも可能なはずだ。脳全体(つまりSIMを)をコンピュータにアップロードすれば、コンピュータが通常やっているように、多くのデータを処理したり、保存したり、またフォルダーに整理して必要なときにすぐに取り出せるようにしたりすることができるはずだ。

出典:人間の意識をコンピュータにアップロード→仮想世界で永遠に生き続ける驚愕の計画が進行中!|TOCANA

コーン氏の講演

【未来】ついに人間の意識をコンピュータにアップロード!仮想世界で永遠に生き続ける事も可能!?

つまり・・・

オリジナルという概念にとらわれた人々はこの仕組みは受け付けられない、ということになる。

何故ならコピーはコピーだから。本体が死ねばそれは、現在考えられている死に繋がるわけである。

存在自体が生死を分ける基準になったらそれは・・・死ではない。何故ならオリジナルかどうかは本人にしかわからない基準であって他人からすれば容れ物が違うだけで本人なんじゃないないのかな、と

バーチャルの世界に関しては当たり前のように近い将来実現し、初めはゲームから登場して徐々に日常生活に溶け込むのはバーチャルのシステムになるのではないか

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。