• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【反日左翼】TBS「報道特集」朝鮮人虐殺という大嘘をつく悪質な偏向番組に批判の嵐

サムネイル出典:

【反日左翼】TBS「報道特集」朝鮮人虐殺という大嘘をつく悪質な偏向番組に批判の嵐

Posted date:
【反日左翼】TBS「報道特集」朝鮮人虐殺という大嘘をつく悪質な偏向番組に批判の嵐

関東大震災の朝鮮人暴動はデマではなく実話!朝鮮人テロリストの襲撃

南京虐殺のデマと同じ。騙されるな。

南京虐殺のデマと同じ

平成7年(1995年)に起きた阪神淡路大震災や平成23年(2011年)の東日本大震災時における日本人の規律正しさ、他を思いやる無私の精神は世界の人を驚かせ、称賛の的となりました。大きな略奪も起こらず、整然と行動する罹災者の姿は日本人ならではの美徳です。
しかし、今から88年前の大正12年(1923年)9月1日に関東地方を襲った関東大震災においては、人々は「流言飛語」に惑わされ、何の罪もない朝鮮人を虐殺した---それは日本人の大きな汚点であると言われています。
 作家の大江健三郎は「ウルトラナショナリズムの異様な突出」と厳しく批判している。しかし、本当にそれは事実なのでしょうか。
 阪神淡路、東日本大震災においてあれほど冷静に行動した日本国民が、関東大震災のときだけ我を失い非人道的な行為に走ったというのでしょうか。虐殺された朝鮮人の数は2,600人とも6,400人とも言われ、果ては23,000人とした文書まで存在します。「南京大虐殺」のデマゴーグを彷彿とさせるではありませんか。
 もしかしたら、日本人はとんでもない謀略宣伝の渦に呑まれ、根拠もなくそう信じ込まされてきたのではないでしょうか。
 私はあらゆる資料を再検証してその真相を探り「関東大震災 朝鮮人虐殺の真実」(産経出版社2009年)を上梓しました。ここでは、その要点をかいつまんでお話したいと思います。

朝鮮人は9800人しかいなかったのに1万人以上虐殺? ふざけるな。

朝鮮人は何人いたのか

地震発生時刻は9月1日午前11時58分44秒。震源地は相模湾海底、マグニチュード7.9。
軟弱な地盤に家屋が密集する東京下町一帯は、地震による倒壊にとどまらず、大規模な火災の発生によって未曾有の大被害を受けました。
関東全域の被害はおおむね次の通りです。
死者・行方不明者 105,385人 (約10万5千)
家屋全壊     128,000戸
家屋半壊     102,000戸
家屋全焼失    447,000戸
避難人数     190万人以上

そして東京の総被害状況は・・。

死者  58104人 (本所・深川両区の死者 51168人)
全半焼家屋    1,383,849戸
倒壊家屋(焼失しなかったもの)   11842戸
行方不明(大正14年5月現在)  10556人
(内務省調査資料「東京府大正震災誌」など)

では、震災当時の東京における人口、および在日した朝鮮人の人口はどれくらいだったのか。
東京市15区部人口  約226万5千人
郡部人口   約174万人
合計    約405万人
全国に在日した朝鮮人人口80617人
(内務省警保局統計)

このうち、震災時の東京には何人の在日朝鮮人がいたのか。季節労働者や、住所不定者などが多かったため、正確には解りませんが、政府の計算では東京在住者はおよそ9千人(労働者6千、学生3千)とされています。(「現代史資料6」朝鮮総督府警務局文書)。横浜ほか東京近県には3千人が住んでいたので、合計1万2千人。夏休みで帰郷していた学生がこのうち2200人(東京1800、その他400)と推定され、差し引き9800人が東京・横浜附近にいた。これは多くの関係資料が認めるところです。ただし、「多くの虐殺があった」と主張する関係書では、在日の全朝鮮人数、東京および近郊在住の朝鮮人数ともに、これより多めの数字があげられています。
問題は、この1万人弱のうち、「虐殺」があったとすれば、何人が殺されたのか、地震で死んだ朝鮮人は何人なのか、関東を脱出した者は何人いたのか、ということです。

掠奪・強姦(レイプ)をくりかえした朝鮮人

朝鮮人襲撃説の発端は、「朝鮮人が震災に乗じて殺人、強姦を行い、井戸に毒を入れるらしい」という情報が横浜から広まったことでした。東京市内にその情報が入ってきたのはおおむね二日の夕刻以降です。しかし、それは本当に今日まで伝えられているような「流言蜚語」だったのでしょうか。実は、無数の目撃談が報じられていたのです。
9月3日・4日の新聞には
「不逞鮮人各所に放火し帝都に戒厳令を布く」
「鮮人、至る所めったぎりを働く二百名抜刀して集合 警官隊と衝突す」
「三日朝二人づれの鮮人が井戸に猫入らずを投入せんとする現場を警カイ員が発見して直ちに逮捕した」(いずれも「東京日日新聞」)
 などの記事が登場します。
横浜では、朝鮮人およそ二千人が掠奪と強姦をくりかえし、軍隊の出動もままならないので、監獄の囚人を解放して、看守の指揮のもとでこれに対抗して大戦闘になり、朝鮮人百余人をたおした、という証言があります(「河北新報」)
また品川では、横浜方面から鉄砲や日本刀で武装した三百人ほどの朝鮮人が押し寄せて爆弾を投げて暴れ、住民が防戦するうち、第三連隊が出動して鎮圧したが、朝鮮人と間違えられて殺された日本人もかなりいたという証言もありました(「北海タイムス」)。
こうした証言はあげれば切りがないほどです。しかし、どの報道も抑え込まれ、「無実の朝鮮人が虐殺された」という主張におおいつくされてしまうのです。
 この大地震の発生以前も、まるでその予兆であるかのように、日本は激動のさなかにありました。
大正10年11月4日、原敬首相が東京駅で暗殺されました。その直後、大正天皇の「御不余」(御不例)の発表と同時に、皇太子裕仁親王を摂政とする詔勅が出されます(ちなみに震災当日、天皇は日光田母沢でご療養中でした)。原内閣のあとを引き継いだ高橋是清内閣も翌年6月、閣内不統一によりわずか半年足らずで瓦解。さらに、後継の加藤友三郎首相は8月24日に急死してしまいます。
次期首相には大地震の4日前の8月28日午後、海軍大将山本権兵衛に二度目の大命が下りました。

朝鮮人の犯罪が多発

天皇の御不例が巷間噂されはじめた大正6年(1917年)10月にはロシア革命が成立して、労働運動の波が朝鮮半島をも席捲し、大正デモクラシーの風潮にのって、日本本土でも社会主義・共産主義が勢いを得ました。
ロシア革命の成功からコミンテルン創立への一連の趨勢が民族主義と一つになって発火したのが大正8年(1919年)3月、韓国における「三・一独立運動」です。暴動は鎮圧されましたが、同年9月12日、テロリストによる総督府爆弾投擲事件が発生。犯行は組織的テロ集団「義烈団ウイヨルダン」の金益相(キムイクサン)によるものとわかり、金は上海で逮捕されました。
独立運動の中心人物たちは上海へいったん上陸し、満洲の間島(現・中国吉林省東部、ロシア、北朝鮮に向かい合う一帯)であらためて武装闘争の準備をはじめます。
別の一群は日本を運動拠点に定め、密入国して朝鮮独立と社会主義運動の拡大を目指しました。以来、日本における朝鮮人の犯罪が新聞に載らない日はないと言っていいくらい、活動資金調達のための現金強奪事件、首相官邸の爆破襲撃未遂事件などが多発します。
地震発生直後から自警団が組織されたのは、そういう社会不安が背景にあったからかもしれませんが、自分の住む町内は可能な限り自力で守るという伝統は、江戸時代の「自身番」からつづく我が国の慣習です。そこへ朝鮮人襲撃の情報が入ってきたのですから自衛に立ち上がるのは当然でしょう。

死体がないのに「虐殺」

やはり朝鮮人による暴動はあった、それも皇太子暗殺という恐るべき計画が進められていたのだということがはっきりしたうえで、では、どれだけ「朝鮮人虐殺」が行われたというのか、表面に表れてきた数字を見ていくことにしましょう。
多くの朝鮮独立独立運動家が結集していた上海の大韓民国臨時政府が発行する機関誌「独立新聞」が報じた数は6,419人です。これは多くの関係書に翻訳引用され、「虐殺人数の原典」扱いされているものですが、ここには「屍体を発見できなかった同胞」実に2,889人としています。死体が発見されないまま、それを「虐殺された」と主張してカウントするのは道理が通りません。それは「行方不明者」であって、「行方不明だから殺された」というのは非論理的です。震災によって圧死したか、焼死したと考えるのが当然でしょう。
「屍体を発見した」とされる1,274人も、殺害されたのか震災による死体なのかの判断はどうしたのか。どうやって日本人と朝鮮人の死体を見分け、どうやってカウントしたのか、さっぱり要領を得ない。「同胞同志の勘で被害者を集計したものもある」とある調査員自身が告白しています。すべてがこの調子です。
「独立新聞」とは別に、学生を中心とした「在日本関東地方罹災朝鮮同胞慰問班」に所属する崔承万(チェスンマン)の調査によれば、虐殺された人数は「2,607人または3,459人」となっています。「または」という根拠薄弱な表記や、500人、80人、200人といった大雑把な内訳の数字をみただけも、その信憑性を疑わざるを得ません。
ところが、大正時代を代表する民本主義者として著名な吉野作造が主張する2,613人という数字も、崔承万の調査をもとにしているのです。
もう一つ、私は取材の過程でロンドン・ナショナル・アーカイブスから新たな資料を発見しました。それは横浜の英国総領事が郵送で受け取った「朝鮮独立運動の朝鮮人」発行の小冊子とチラシで、そこには関東大震災時に23,059が虐殺されたと記載されています。この途方もない異常な数字は、まさに「南京大虐殺」のプロパガンダさながら。世界に向けて彼らが日本を陥れようとしていたことがうかがえます。
もっとも、「(その内容は)筆者によって著しく誇張されており、日本の当局が虐殺を煽動したという筆者の指摘には根拠がないと考えます」という在京イギリス大使の添え書きがるので、これはまともに受け取られなかったようです。
前述したように、震災直後に東京およびその周辺にいた朝鮮人の総人口は9,800人。そのうち、3,169人が習志野の陸軍廠舎に、2,500人が市内各警察署に、617人が目黒競馬場に、471人が埼玉・栃木の各警察署に、40人が神奈川県庁にそれぞれ収容保護されていました。ここまでで6,797人。その収容中の待遇に不平不満をいいつのり「飯がまずい」「強制連行された」「扱いが乱暴だった」と口々に文句を並べた記録が残されています。しかし、保護された朝鮮人は食糧を与えられ、テントで雨露がしのげました。一方、被災した日本人の大多数は野宿をしたり、食糧も不足し、トイレもない生活を強いられていたことを忘れてはなりません。
さて、戒厳令司令部は自警団等による過剰防衛容疑の日本人367人を起訴しています。その調査に基づいて、殺害された無辜の朝鮮人の人数は233人であると公表されました。さらに、朝鮮人と間違えられて殺害された日本人57名、中国人4名となっています。
東京およびその周辺にいた朝鮮人の人口9,800人からこの無辜の被害者数と収容保護数を差し引くと2,770人となります。このなかに、不幸にして震災の犠牲になった者や行方不明者が含まれるはずです。

震災の朝鮮人死者はゼロ!?

東京府全体の死者、行方不明者は7万人余(死者総数は10万5千人余)、下町界隈の死者は実にその80%といわれ、朝鮮人も多く居住していた本所、深川一帯での死者、行方不明者は5万8千人を超えています。
本所区、深川区における日本人の対人口死亡率は約15%にのぼりました。多くの朝鮮人の家屋はおそらく耐震性も低く、劣悪な環境だったと推察されるので、それより多めの20%を対人口死亡率とし、被災基礎人口9,800人に乗ずると、1,960人という数字が死者、行方不明者として算出されます。
2,770人からこれを引けば810人となり、これがテロリストやその賛同者、または付和雷同して殺害されたおよそその人数と推定していいでしょう。
収容保護された6,797人、政府発表の被殺害者数233人に加えて、「独立新聞」の主張する被殺害者数6,419人を加えてみると、それだけで、13,449人にふくれあがる。都合13,449人の朝鮮人が「殺害ならびに強制連行された」とすると、あの大震災によって死亡した朝鮮人は一人もいないことになってしまいます。
仮に崔承万の調査による2,607人余を加算しても9,613人となり、震災による朝鮮人死者はやはりほとんどいないことになる。
いったい、吉野作造や松本清張、大江健三郎、吉村昭といった「朝鮮人虐殺」を糾弾した学者や作家たちは、この単純な数字のトリックに気づかなかったのでしょうか。

市民の自衛は正義の戦い

日本人と朝鮮人の衝突は不幸な事件であることは事実ですが、もとはといえば、横浜から押し寄せてきた朝鮮人の一団をはじめ、多くのテロリストが目の前に現れたゆえの結果です。ゲリラと呼んでもいいでしょう。自警団は自らの命をかけて、民族独立のためには手段を選ばない、皇太子暗殺さえ計画していた朝鮮人テロリストの襲撃から町を、家族を守ったのです。そうでなければ、組織的な主義主張をもって日本を大混乱に陥れようとするテロリストたちに組み伏せられ、町の破滅が国家への破滅へと進んだに違いありません。これは正義の戦いです。
もう「朝鮮人虐殺」という謀略宣伝から日本人は自由になるべきです。
ちなみに、この年の11月23日、摂政宮は新嘗祭において初めての重要な祭祀を執り行いました。この時、警備の武官たちは儀礼用のサーベルではなく、太身の日本刀に替えるよう奈良侍従武官長から命じられています。まだまだ安心は出来なかったのです。
そして12月27日、第48回通常国会の開会式に臨むため議事堂に向かう摂政宮を乗せた車に、一人の男がステッキに仕込んだ散弾銃で皇太子の車に向けて発砲しました。犯人は社会主義にかぶれた難波大助という青年で、過激派朝鮮人とは無関係でした。
この事件をきっかけに、震災特別内閣ともいえる山本内閣は総辞職し、その使命を終えます。我が国の国体そのものを破壊しようとしたコミンテルンの方針の下にテロ集団が押し寄せてきた、というのが実態なのです。
数千人を虐殺した、などという数字の根拠は皆無で、単なる謀略宣伝にしか過ぎないことがおわかりいただけたと思います。

SNSでも「反日左翼」報道に批判の声多数

関東大震災では多様な悲劇があったのだろうに、
は、被害者の大部分が朝鮮人であるかのような比重で番組を組み立てるのか?・・・・

検証を曖昧にしたまま罪悪感だけを押し付ければ、
実際にあった悲劇の信憑性までが失われる(-。-;
	
関東震災での虐殺を流す朝鮮独立組織のプロパガンダ資料、しかし各国外交機関は相手にしなかった。韓国で虐殺告発した写真は別火災を転用捏造、韓国人学生の杜撰な調査で数千人犠牲者を出している。NHKが執拗に偏向報道してきた。
	

関東大震災で朝鮮人虐殺ねー、数年後には浜松事件でも善良な朝鮮人がーとかやりそうな勢いだな、最近歴史改変酷くね?
	
関東大震災当時の愛知の号外を持ち出し朝鮮人の暴動がデマであるかのような印象操作が醜悪。数字の信憑性なんか気にしたことあったのかよ?慰安婦強制連行20万人、南京大虐殺30万人、ホロコースト600万人、全部怪しい数字だぞ。これ放置しといて御都合主義にもほどがある。
	
・当時、日本にはどの位の朝鮮人がいたのか?その理由は?

・犠牲者6千人の根拠は?また、震災の被災者との混同は無いのか?

・当時の新聞の『不逞鮮人』などの記事は本当にデマや流言だったのか?

…検証すれば色々出てくるんじゃないかな?

	
関東大震災後に朝鮮人が10人づつ縛られて機関銃を乱射されたとか言ってる奴がいるらしいが。
縛ってあったら機関銃の弾幕いらんだろ。
嫌悪してるキムチ臭い肉片掃除するぐらいなら生き埋めにするはず。
大正時代は手持ちマシンガンまだ無くて地面に台セットする大きいのしか無いぞ。
	
マンセーTBSが関東大震災時の朝鮮人暴動をデマだと必死に報道
当時の新聞がデマを流したと...

当時の新聞は今の新聞社のように腐り切ってはいないし新聞各紙が一斉にデマ記事流すものかね

やられる理由が無けりゃ日本人はやらねえだろ
何の得もねえじゃねえかよ

	

ミサイルで脅されてる時に・・・
嘘の報道されてもなぁ~
	
震災3年前の朝鮮パルチザンによる日本人虐殺事件で朝鮮人への警戒心を持っていた。NHKは2016年9月3日ETV特集「関東大震災と朝鮮人 悲劇はなぜ起きたのか」で一次資料の不都合部分を隠蔽し偏向報道している。 
	


この番組、完全な
ヘイト・ジャパニーズ
ヘイト番組、泉放送、TBSをぶっつぶせ!!

坂本弁護士の名にかけて!!
	
一瞬 を見てしまったら、完全に朝鮮人目線の朝鮮人向けの内容だったので、やっぱTBSって気持ち悪い!ってなりました。正直朝日より嫌い
	
で検索したら、やっぱり不快や不満を感じている人多い(つーかほとんど)みたい。そりゃあんだけ偏った内容を垂れ流されたらみんなそう思うわな。TBSは日本人と朝鮮人の対立を煽ることを目的にこの特集組んだのかな?
	
見てはいないけどTBSがバカだと云う事はわかった。
	
個人的に視聴を辞めても社会生活で久し振りに嫌々報道特集を見てしまった…ネットでは常識の偏向報道を目の当たり…腹立つTBS…こんな茶番がゴールデンタイムに…日本は情報戦の内戦真っ只中!
	
さっき関東大震災の韓国人虐殺の件やっていたけど、バランスが偏っていると思う。ヘイトスピーチの問題と一緒に報道することで、差別を助長するから小池都知事は声明文出した方がいいという流れにしたいのかな?差別は良くない、でも虐殺の情報も正しく報道されていない。
	
地域で多少の小競り合いはあったとしても、あの大地震で甚大な被害が出ているなかで中韓の人達を見つけ出して6千人殺害ってどう考えても無理がある。しかも機関銃持ち出せるのって軍隊だけだよね。瓦礫の下敷きになってる人達や被害者無視して?!
おかしすぎる。
	
北朝鮮擁護というか、向こうが大好きなのはわかった。でもここはジャパンなんで日本のためのニュースしてほしいな~。
	
相変わらず報道とつけるべきでない糞番組だな。TBSのクオリティがよくわかる。
	
虐殺の切っ掛けになったという事件については全てデマ扱いで、その後発生した虐殺事件は全て真実扱いで番組を作っている。
各事件1つずつ丁寧に検証するのが報道であって、被害者がこう言ってるんだからとりあえず日本人は謝れっていうのは、コイツラが文句言いまくるヘイトそのものだろ
	
TBSはTokyo Broadcasting System Television, Inc.と東京なんて名乗らないで、堂々とKBSと商号変更してどうぞ。

	
関東大震災で10万人が亡くなっている事を無視するTBS
イデオロギーありき 
	
どのようにして6000人もの朝鮮人を特定して、どのように殺害したのかね?一人一人特定して、それだけ殺害して行くとなると不可能である。曖昧な過去を掘り起こし検証もせず被害者ビジネスを助長する、いい加減な番組だよ。

	
返信先: @_500yenさん
認識が甘いかもしれないけど、私は在日の反日左翼って全体から見たら少数派なんだと思ってるんです。
こう言う過激な反日や偏った報道に平穏に暮らしている在日の人から声は上がらないのでしょうか?報道特集(左)にタイトル変えて欲しい?
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」