• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
沢田知可子 「会いたい」替え歌 作詞家の沢ちひろ氏裁判沙汰に

沢田知可子 「会いたい」替え歌 作詞家の沢ちひろ氏裁判沙汰に

Release Date:
沢田知可子 「会いたい」替え歌 作詞家の沢ちひろ氏裁判沙汰に

沢田知可子「会いたい」替え歌が裁判沙汰になった経緯

 歌手・沢田知可子(51)の代表曲「会いたい」の歌詞を無断で改変されたとして、同曲の作詞を担当した作詞家・沢ちひろ氏が、発売元の「ヤマハミュージックアンドビジュアルズ」と沢田の夫で所属事務所代表を務める音楽プロデューサーを相手取り、200万円の損害賠償を求める訴訟の第1回口頭弁論が20日、大阪地裁で行われた。この日は訴状の確認などが行われ、沢氏の代理人が出席。「ヤマハ-」側は答弁書を提出し、争う姿勢を見せた。

出典:沢田知可子 替え歌訴訟 争う姿勢崩さず (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

沢ちひろ氏側が問題としている「あいたい」替え歌「会いたいwith INSPi」

 沢氏側は、昨年7月に発売された沢田のアルバムに収録された楽曲「会いたいwith INSPi」が「『会いたい』の歌詞とタイトルが改変されたもの」と主張。昨年11月末、著作者人格権を侵害されたなどとして、沢田サイドに慰謝料200万円を請求する訴訟を起こした。

出典:沢田知可子 替え歌訴訟 争う姿勢崩さず (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

沢田知可子 替え歌訴訟 争う姿勢崩さず

 一方の「ヤマハ-」側はこの日、デイリースポーツの取材に対し「係争中なのでコメントは差し控えさせていただきます」としたが、「原告の主張する権利侵害は無かったものと考えております」というスタンスを崩さなかった。

出典:沢田知可子 替え歌訴訟 争う姿勢崩さず (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

沢ちひろ氏が提訴に踏み切ったきっかけ 「会いたい」を「安定したい」と替え歌にしたこと

沢さんが提訴に踏みきったきっかけは、沢田さんがバラエティー番組で「会いたい」を「安定したい」と替え歌にしたことだという。はたして替え歌に違法性はあるのだろうか。

「安定したい」の内容 「歌手は一銭ももらえない 泣きたい」と替え歌に

「曲が売れた収入で 目黒のマンション手に入れ すぐにバブルがはじけた(もとの

ビルが見える教室で ふたりは机並べて 同じ月日を過ごした)」

「カラオケみんなが歌って いっぱいお金入るって全くウソじゃない 歌手は一銭ももらえない 泣きたい(今年も海へ行くって いっぱい映画も観るって約束したじゃない あなた約束したじゃない 会いたい)」

などと、ヒット曲を続けて出さないと安定した生活ができない、という内容だ。

出典:「替え歌」は違法なのか? 「会いたい」の沢田知可子と作詞家が裁判沙汰  : J-CASTニュース

1990年に発売された「会いたい」は130万枚を売り上げた名曲

1990年に発売された「会いたい」は130万枚を売り上げた沢田さんの代表曲。87週にわたってオリコンシングルランキングで100位以内に入るロングセラーとなり、91年の日本有線放送大賞グランプリを獲得、沢田さんにとっては紅白歌合戦の初出場につながった。

この曲をめぐって2人の関係がこじれたのは、13年9月に放送されたバラエティー番組で沢田さんが替え歌を披露したことが発端。

出典:「替え歌」は違法なのか? 「会いたい」の沢田知可子と作詞家が裁判沙汰  : J-CASTニュース

沢ちひろ氏にとって「会いたい」は大事な詩だった

週刊現代(12月20日号)によると、沢さんは「あの詞は私が幼い頃に死に別れた母との思い出をベースにしたもの」だと語る。「モーニングバード!」でも「沢田さんにとって大事な歌なら替え歌なんて歌えない」「もう『会いたい』を歌わないで欲しい」とし、替え歌によって精神的苦痛を受けたとして慰謝料200万円を請求している。

また、沢田さんが14年7月に発売したアルバムの中には、ボーカルグループとコラボし、曲の冒頭に英語のコーラスが入った「会いたい with INSPi」が収録されている。これに対しても沢さんは、タイトルと歌詞を無断で一部改変したとして、11月末に沢田さんの所属事務所代表で夫の小野澤篤さんとCDの販売元を著作者人格権侵害で提訴したという。

出典:「替え歌」は違法なのか? 「会いたい」の沢田知可子と作詞家が裁判沙汰  : J-CASTニュース

替え歌は違法行為なのか?

替え歌や歌詞の一部を変えることは違法行為にあたるのだろうか。著作権問題に詳しい岡邦俊弁護士は「著作者の意に反して著作物を変更する、著作者人格権の同一性保持権を侵害する行為にあたる可能性があります」と指摘する。森進一さんが、作詞家の川内康範さんに断りなく歌詞を加えた「おふくろさん騒動」が同一のケースだ。

一方で、クラシック音楽で自由に即興の演奏をする「カデンツァ」を引き合いに、「今回のケースは形式的に解釈すれば違法行為に当たるかもしれません。しかし、歌詞の一言一句を変えてはいけないと杓子定規にとらえるのか、歌手にアレンジする自由を認めるのか、という文化的な側面からの見方もできます」という。替え歌騒動のポイントを「改変が歌詞の文化的、経済的な価値を失墜させる行為だったのかが問われることになります」とした。

出典:「替え歌」は違法なのか? 「会いたい」の沢田知可子と作詞家が裁判沙汰  : J-CASTニュース

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。