• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【洒落怖】人形にまつわる話(Part2)

【洒落怖】人形にまつわる話(Part2)

Author:
ankouankou
Posted date:
【洒落怖】人形にまつわる話(Part2)

『収録話』

『ヤフオクの出品者』

650 :もしもし、わたし名無しよ:2006/06/25(日) 18:25:42 オクで買ったSD(※Super Dollfie:一般向け球体関節人形)の元持ち主が、 2年たったいまでもメールしてくる。 教えてないのにサイト探し出して、(多分人形サーチだろうけど) サイトの掲示板にも『うちの○○が元気そうで』とかコメントつけて寒いので閉鎖。 プロバイダも変えてメアドもヤフオクIDも削除して取り直したのに、 ヤフオクの新規IDで出品したものの質問欄から、『■■さんですか』って質問入ってた。 何度かメールでいい加減にしてくれって出したけど、 フレンドリーで人形話が一方的に書かれた返事が返ってくる。 文頭には『不快な思いをさせてすみません、気をつけます』って書いてあるけど変わらない。 マジでこぇぇ

『人形供養ボランティア』

850 :828:2007/03/26(月) 23:57:58 身内(家長)は一切の霊的な現象を信じないというか、気にしない人だった。 ボランティアを発案した際、家族全員が一丸となって猛反対。 家族の三人がただでさえ『見たり聴いたり感じたりするタイプ』。 だからそりゃもう必死。 けれど家長は頑固オヤジ。 「もう決めた。大体、供養してやるのに、  感謝こそすれ悪意を持つ筈がない。お前らは神経質だ」 …パパのバカー! 「私は自分の部屋にある、ガラスケースの  フリフリヒラヒラな人形に話かけられて以来、  これ以上人形と深い仲になんてなりたくないんだよ!」 と訴えるも完全無視。 「人形は自宅には持ち込まない」 「人形倉庫を用意する」 と、ギリギリの妥協の末ボラ始動。 8畳分のプレハブ倉庫は、あっという間に人形でいっぱいになった。 851 :もしもし、わたし名無しよ:2007/03/27(火) 00:05:48 >>850 えっ、>828を読んで勝手に、お身内はお坊さんか神職さんなんだと思ってたけど、 普通にただの人だったの?? 852 :828:2007/03/27(火) 00:21:05 嫌とはいえ、実際受け取ったお人形を倉庫に運んだりする事はちょくちょくあった。 倉庫はいつもひんやりしていた。つかよく身震いしてた。 扉を開けると、整列して並べていた筈のお人形の大半が扉の方を向いていたり、 奥にしまった筈の人形が入口近くに来ていたり。 ぬいぐるみ、リ○、バ○ビーやお雛様、 私の持っていたようなドレス人形、市松、家の壁か柱に埋められてた土人形。 勿論顔が陶器?のビスクもあった。 武者人形に博多人形、埴輪もあった…。 854 :828:2007/03/27(火) 00:48:07 >>851 …本人はボラ活動に目覚めた完璧イパーン人。 ただし、直系の亡き実母は霊媒。 その縁があって、供養する神社との繋がりがある。 ボラの仕組みは身バレネタだから端折らせてもらいます。 髪が伸びて今風ロングシャギーな市松。 作業中、触りもしないのにゴトリと首の落ちた雛人形。 ツンデレ顔に見える怒った顔の○カ。 圧巻は、倉庫から飛び出して行った立派なフランス人形の魂? 帰宅途中の私の頭を大股で股越していった。 視認した予想身長は10メートル以上。 見上げた真上にはペチコート、タイツ、カボチャパンツ。 何日か前に預かったばかりの人形だったが、 その後探しても探しても見つからなかった。 帰りたかったんだろうと思う。なりふり構わない勢いだった。

『写り込んだ女』

576 :もしもし、わたし名無しよ:2007/08/03(金) 21:37:31 学生時代飲み会で、ふざけて撮られた写真とかのうち一枚に、 いるはずのない女が、俺の肩あたりから顔半分覗かせるようにして写っていた。 それを最初に見つけた女子は悲鳴をあげ、その場は阿鼻叫喚となった。 友人らに「お前絶対お払いしてもらえ!!」 と言われたが、俺は違う意味でびびった。 その『写り込んだ女』は、数日前俺が初めて顔を描いて カスタムした1/6ドールによく似ていたからだ。 顔立ちはぼんやりとしか分からなかったが、 全体から受ける印象、雰囲気で直感的にあの人形だとわかった。 一応、美術系の学校なんだが、 人形趣味だってことは友人には絶対秘密にしているので、 真実を話したらキモヲタ扱いされるのが怖くて、結局、 「あ…俺、心霊とか全然信じてないから。デジカメのプログラムのバグじゃね?  そもそも、このハイテク時代に心霊写真なんて  あqwせdrftgyふじこlp;@:」 みたいにしてその場を切り抜けた。 しかし数日後。 おせっかいな女子が、知り合いのオカルト好き女に写真の鑑定を頼んだらしく、 それによると、 「写り込んだ霊のは中学生くらいの女の子の霊で、  俺を初恋の相手として密かに想っていたが病気で死んでしまい、  今でも俺を想って憑いてきている。  他の女性と付き合おうものなら嫉妬して呪い殺されるので、  女性とは付き合わないこと。  ただし、男性の恋人を作れば運気が上昇する」 という、微妙な鑑定結果を返された…… 正直、インチキ臭いのでスルーした。 その後学校を卒業し、美術系とは無関係な会社で派遣社員してるが、 人形趣味にどっぷり嵌り、自然と生身の女性への興味は失った。 写真に写りこんだ人形以外のカスタムドールも結構作っているけど、 これといって呪われてはいないと思う。

『人形を壊された』

134 :1/2:2006/11/23(木) 21:37:14 幼稚園児の頃、友達がいたんだ。 年少組のとき同じクラスで仲良くなって、 家が近かったので年長組に移ってクラスが別れてからも家を行き来してた。 あるとき、その子が私の人形 (多分当時新発売だった、リカちゃんの友達の  いずみちゃんじゃーなかったかと記憶してる)を、 黙って持って帰ろうとしたことに、 送って行き掛けの歩道の真ん中で気づいて大喧嘩をした。 幼稚園児の喧嘩だから、 女同士と言ってもぼかぼか殴る蹴る泣きわめくの大騒ぎなわけで、 二人の間で取り合いになったいずみちゃんは、 すぽーんと手から飛んで車道に落ちて、 タイミング悪く通りがかった車に踏まれて、足が片方取れて潰れてしまった。 それ以来その子とは絶交して遊ばなくなってたんだけど、 子供の感覚でほとぼりが冷めないくらい(一週間くらい?)の時期に、 その子のお母さんがうちに来て、 足の取れた人形を捨ててなければ欲しいと言った。 未練があって捨ててなかったけど、 車に踏まれてヨレヨレ、片足は変形して取れてしまって、 直せそうもないような状態だったんだけど、 どうしても欲しいといって、新しい人形を買ってくれといってお金を置いて、 壊れた人形を持って帰った。 136 :2/2:2006/11/23(木) 21:47:57 その子との友誼はその時に切れてしまったんだけど、 数年前に、小中高とその子と友達だったという人と話す機会があった。 オカルト話好きの繋がりで、 又聞きでも良いんで実話怪談を…とかで出てきた話なんだけど、 友達の話として、 「小さい頃、友達の人形を壊したせいで人形に祟られて、同じ足を怪我した。  母親がその人形を手に入れてきてお寺に持って行かなかったら、  自分は死んでたかもしれない。  人形はごく新しいきせかえ人形だった」 という話をしてくれて、 詳細付き合わせたら、 どうやら間違いなく私の人形のことだろうという事がわかった。 事故の規模と怪我の大きさや治り具合が普通じゃない感じで、 人形をお寺に持って行ってから凄い勢いで回復して、 彼女がその話を昔話として聞いた時には、 傷跡を見なければ怪我をしたとは思えないくらい、普通に運動できてたらしい。 137 :3/2←間違えた:2006/11/23(木) 21:51:50 人形と足の怪我を結びつけて考える何かがあったのかどうかは、 その子も語らなかったらしくてわからない。 ちなみに、その時その子のお母さんに貰ったお金は、 うちのおかんが接収したまま、私の新しい人形代にはならなかった。

『人形を盗まれた』

214 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/27(月) 19:23:39 親戚の中学生が私の人形を持ち去った。 気づいて慌ててその子を追いかけたんだけど、すでに自宅へ逃げ帰っていた。 その家も仕事休みに一日掛けて行くようなところだったから、 『次の休みに取り返そう。ついでに一日かけてお説教したろう』 と思って、私は自宅へ帰った。 そしたらその次の次の日、その中学生が両親と共にやってきた。 両親は疲れきった顔してるし、中学生もこの世の終わりという顔してて、 『まぁ、窃盗だしなぁ』とのんきに構えてたんだが、 「家でこのお人形を飾ってたらラップ音がして、金縛りにあって、  耳元で『かえせ。家に帰せ』て、変な声がずっと聞こえてきて…」 と、人形突っ返してきた。 なんか、『愛されてるなぁ』と思う反面、『おまえやり過ぎだよ』と思った。 中学生の両親からはお祓いを勧められたが、 「私が飾る分にはそういうことは無いので」と丁重に断った。 お人形が怖いというよりも、 盗んでごめんなさいとか謝罪が一切無い上に、 供養しろとか処分しろと言う、その親戚一家のほうが私にとってはホラー。 215 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/27(月) 19:31:44 >>214 何かそういう話(窃盗厨の話ね)よく聞くね。 幼稚園児ならともかく、 中学生で人のもの盗るのが悪いことなんだって意識は無いんだろうか。 何にしても214タンのお人形GJ! 217 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/27(月) 21:06:25 なんの人形か知りたいな。 218 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/27(月) 21:06:47 >>214 本当に頭のおかしい親戚だね 頭のおかしさが子供に連鎖してる分おそろしい 220 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/27(月) 21:44:13 人形GJ!!余程ガキの家が嫌いだったんだろうなぁw 自力で元の家に帰ってきた人形に幸あれ! 221 :214:2006/11/27(月) 22:08:47 214です。 まさかこんなにレスもらえるとは思ってなくてびっくりしてる。 親戚一家に関しては、もともと変な考え方の人達ばかりなんで、 「家に近寄らせないでくれ」と、うちの親に頼み込んで自衛してる。 (小さい頃、リカちゃん持っていかれたんですよ…) ちなみに、その子はプチAi(※Petitte Ai:カスタムハウス社製の着せ替え人形)。 他にうちにいる子より小さいから、カバンに入りやすくて狙われたんだと思う。 その子は今でも、気に入らない色の目だと自力で外したり、 気に入らないウィッグだと、サイズが丁度いいはずなのに吹き飛ばしたりで、 色々とこういうネタには困らない子だ。

『本物の素材』

551 :もしもし、わたし名無しよ:2007/08/02(木) 12:17:41 知人A(♀)が仲間数人を誘い、部屋で宴会をした。 仲間というのは、フィギュア者/人形者混合部隊。 たわいもない話で盛り上がり、いつの間にか数人の仲間が終電を逃していた。 Aの部屋は狭いワンルーム。 仲間の中には男性もいたので、 Aに遠慮して「荷物だけ部屋に置かせて。始発までカラオケいってくる」と、 必要ない荷物を部屋に置き、出て行った。 Aと残った仲間B(♀)はそのまま就寝。 しばらくして、AはBのうめき声で目が覚めた。 見ると、Bが寝苦しそうにうなっている。 Bちゃんどうしたんだろう、と起き上がろうとした瞬間、 ものすごい力で床に押し付けられた! 誰かがAの上に馬乗りになり、首をがっちりした手が押さえている! 強盗か変質者かとパニックになった。 Aはそのまま意識を失ってしまったらしい。 翌朝、というか数時間後に帰ってきた男性陣の押す インターホンで意識が戻ったA・Bは、部屋の隅で震えている。 聞くと、Bも似たような目にあったらしい。 これは男性陣の誰かが…?と疑いつつも、着衣等乱れは無い。 第一、男性陣はカギが無いから入ってこられるわけが無い。 男性陣を部屋に入れ恐怖の体験を告白。 すると、男性陣の一人Cがポツリと「それ、俺のせいかも…」。 Aの部屋に置きっぱなしにした袋の中から、 1体のミリタリーフィギュアを出した。 552 :もしもし、わたし名無しよ:2007/08/02(木) 12:18:40 そういえば前日「装備一式、俺が作ったんだ~」と見せびらかしていた人形だった。 手先の器用なCは、ミリタリーショップや古着屋等で軍の払い下げ品を買い漁り、 フィギュアに着せる装備を『本物の素材で』作っていた。 端布で充分なので、傷みの激しいモノでも安ければ買い込んで使っていた。 そして何を考えたか、フィギュアを持ち運ぶ時使っている『おくるみ』は… よせばいいのに、本物の死体安置袋から作っていた。 死体安置袋の件は前日聞かされていなかったので、その場は阿鼻叫喚。 その場の全員からフルボッコの口撃を受けたCは、 そのままフィギュアをお寺に持ち込まされたそうだ。 寺でも、「差し出すのは装備品だけにまけてくれないか」 と言い出して再びフルボッコw ちなみに私は、この話をA・BとC両方から聞かされている。 Aは二度とフィギュア者なんか家に入れるかと憤慨するし、 Cは懲りずに余っている布でまた作ると言っている。(だからミシン貸してくれ、と) うーん、板ばさみw

『子どもがいる』

953 :もしもし、わたし名無しよ:2007/01/04(木) 22:46:09 臨時バイトで来ていたオバさん、手相がよく当たるって噂を聞いたから、 面白半分で占ってもらった。 始めはたわいもない内容だったけれど、途中で「お子さんいるの?」と尋ねられた。 小梨だと伝えたら、 「おかしいわ。手相だと『男の子二人いる』って出てるのよ」 で、ふと思い出した。 我が家にいるぬいぐるみ、旦那が実の子ども扱いしていて、 お菓子とかジュースとかを与えている。 お菓子とか与えるとよくないって前スレにあったけれど、 この2体、すでに子どもの魂が入ってしまってるのかも。 ちなみに、旦那に話すと「いいじゃん、別に」で終わった。

『死体人形』

342 :もしもし、わたし名無しよ:2006/12/03(日) 19:24:22 妹が彼氏を家に連れて来たときのこと。 私と妹は二人暮らしで、 妹はLDD(※Living Dead Dolls:生ける屍をモチーフにした人形)者。 かなりの数の死体人形が至る所に飾られていて、 趣味を知らない人が来る時は驚かせちゃまずいから、 クローゼットに仕舞うようにするというルールを作っていた。 その日もぬかりなく妹の部屋のクローゼットに隠して置いた。 彼氏がやって来て数時間後、妹がトイレに立ち、 部屋に彼氏一人になった時事件は起きた。 いきなりガタガタンと派手な音が妹の部屋から聞こえ、 それから数秒後に彼氏の悲鳴がした。 慌てて駆け付けると、「こ、こわん!!」と、 彼氏がクローゼットから雪崩落ちた死体人形の山を指差して青ざめていた。 そのとき私は、彼がなんとなくクローゼット開けて大量の人形が出て来て、 しかもそれが死体人形だったから怖がっているんだなと思ったけど、 それにしては彼氏の様子がおかしい。 顔色も死体人形を見てびっくりしているにしては真っ白すぎるし、怖がりすぎていた。 トイレから出てきた妹が彼に何があったのかと聞くと、 「クローゼットから物音がして、ペットでも隠れているのかなぁと思ってたら、  突然『帰れ』と聞こえてクローゼットが開き、人形が出てきた」 と供述した。 物が物だけに怖かったのだろう、彼は二度と妹の前に現れなかった。 妹は「みんなで彼氏に嫉妬してくれたんだね」と、機嫌よさげだった。

『前に住んでいた家』

94 :もしもし、わたし名無しよ:2006/08/16(水) 01:57:39 子供の頃は、廊下や階段は人が通らなくても 足音がすることもあるんだと普通に信じてたよ。 壁際の棚に座らせてある人形が、 部屋を開けてるうちにとんでもないとこまでぶっ飛んだように畳の上に落ちてるのも、 よくあることで普通だと思ってた。 家族の誰もそれを異常な事だと指摘しなかったからね。 95 :もしもし、わたし名無しよ:2006/08/16(水) 04:48:10 はようお払いしてもらえ、お前ン家… 96 :94:2006/08/16(水) 11:37:33 いや、15年くらい前に引っ越ししたら、新しい家にはそんな事はなかったw 前の家は建物が取り壊されて、別の家が建って売りだされたらしいけど、 人が入ってはすぐ出て行くの繰り返しで、今は更地になってるらしいよ。 (親しくしてたご近所の人に聞いた) うちは20年近く住んだんだけどねぇ、 音がしたりものが移動するだけで、 家族に不幸があったり何かが見えたりはした事なかった。 私は引っ越しした当初は、人形達が動かなくなったのがちょと寂しかったww 家族中留守にしてて帰ってきたら、 棚から移動して押し入れに座ってたり、 扉の閉まった部屋から廊下まで移動してたりするから、 人形ってのは人が見てない時は生きてて動くもんだと思ってたし。

『黒髪のジェニー』

251 :もしもし、わたし名無しよ:2005/09/19(月) 15:16:54 昔、父親に愛人が居た。 数年後、母(父の妻)にバレして別れる事になったのだが、 それが原因で、その愛人さんがちょっと精神的に不安定になり、 私や私の姉達の通学路に立って、おかしな言動するようになった。 姉達は彼女を最初から徹底して無視していたのだが、 私はなんだかかわいそうだったので、当り障りない受け答えしていた。 すると「○○ちゃんだけはいい子なのね」と、私にジェニー人形をくれる様になり、 オモチャも服も全てお下がりONLYだった末っ子の私には、 古いリカちゃんではない真新しいジェニーがとても嬉しく、 内緒で受け取って親に隠していた。 でも、愛人さんは頭おかしいものだから、 こちらの都合も考えずに尋常じゃない数を (一度にジェニーハウス・ヘアサロン・ジェニー7体等) 通学路で押し付けてくる様になり、さすがに怖くなって彼女を避ける様になった。 252 :もしもし、わたし名無しよ:2005/09/19(月) 15:17:36 彼女の姿を見かけなくなったので、通学路を元に戻したある日の朝、 以前の焦った様な雰囲気では無く、至って冷静で表情の薄い彼女に遭遇。 つばの大きな帽子を被り、ボストンバッグ2つとオモチャの箱を抱えていた。 「遠くに行かなくちゃならなくなったので、お別れに受け取って」と、 当時は見た事がなかった、黒髪のロングヘアーのジェニーをくれた。 早速学校に行き、その珍しい黒髪のジェニーを皆に自慢して有頂天になっていたら、 男子の一人が奪って箱からむしり出し、首を引っこ抜いてしまった。 女子数人がジェニーを男子から取り返してくれた。 そのジェニーの顎下からは、黒い人の髪がぼうぼうはみ出てた。 気の強い女子の一人が毛束をつまんだら、最初に固く丸めた毛の塊がポコンと出て、 次にゾロゾロゾロととても長い毛が出て来て、 頭皮から毛束が連動してゾロゾロゾロゾロと抜けた。 血の付いた毛根がついた、切り髪ではなく抜いた毛だった。 囲んでそれを見つめていた一同、恐ろしくてめちゃくちゃに叫んだ。 気持ち悪くて怖くて、私も皆もいたずらした男子も泣き出してしまい、 次の授業がつぶれるほどの大騒ぎになった。 その日の学級会で、 「○○さんが通学路で“知らない女の人”から貰った人形に、  人の毛が詰まっていて怖かった件について」話し合い、 「知らない人から物を貰わない・変質者には気を付ける」で話がついた。 先生にも母にも父にも、『その変質者=父の元愛人』とは言えなかった。 未だにジェニー、特に黒い髪のジェニーはまともに見ることも出来ない。

『邪魔モノ』

953 :903:2006/08/04(金) 15:43:06 ID:2ZnhfGRw0 これは実体験ではなく友人の話なんですが、 2年ほど前、友人Aに私が趣味で作った人形(球体関節というやつです) を引き取ってもらったんです。 すると、引き取って一週間した辺りから、 深夜に部屋の窓をドンドンと叩かれ、(Aの部屋は6階、窓にベランダはついていません) ぬこのような低い唸り声が「ぬおーん、ぬぉーん」とするようになったそうです。 Aは霊とかそういうものを信じない性質なので、風が強いな~とか、 ぬこUZeeeeeeeeeとか思ってたらしいですが、 私は自作の人形がなんかまずかったのか…と思い、件の人形を回収したところ、 そういう現象は収まりました。 しかし、四日ほど経ってからAから電話がかかり、 『人形返してくれん?』 「なんでよ?」 『変な夢見た』 「??」 Aの話によると、人形がなくなったその日の晩から、部屋の隅に黒い影が見える。 それが寝ている自分にのしかかり、顔を舐め、 「やっと邪魔がなくなった」というニュアンスのことを囁く… という夢を見るようになったらしいのです。 それが三日連続して続き、寝不足で耐えられんとのこと。 『人形があるほうが何か落ち着くけん、怖い夢見らんですむやん』 Aはそう言ってましたが…。 2年たって、Aもその人形も何事もなく生活しているし、その後変な夢も見ないそうです。 ちなみに、私の自作人形(一応人型)は究極のへタレ造形で、 何か宿るとも思えないシロモノです。 Aいわく、「巨神兵に似てて(・∀・)イイ!!」とか。はぁ。

『新しい身体』

853 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/07(火) 22:48:50 この前すっげ小汚い市松を買った。 指が割れていたので、球体関節で新しくボディを作ってやった。 ボディとヘッドをくっつけて満足したのが2日前。 その日から2日連続でヘッドだけで市松が夢に現れる。 何かしら霊障として害でもあればオクに再出品してやるんだが、 ただ寝てから覚めるまで市松ヘッドが夢の中で浮いてるだけ。 市松は新ボディが気に食わなかったんだろうか? ギギギタソ、我が家の市松の胸のうちを教えてくれないか… 856 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/07(火) 23:38:53 >853 古いいちまさんの場合、ボディの中に『たまのを』が入ってるのかもしれんよ。 最近の人形は生かさないの前提だからそういうのは無いと思うけど、 骨董ものの古いいちまさんだと、 魂の代わりの何か(木片とか紙切れとか糸とか石とか、髪の毛とかいろいろ) を入れて仕上げとしてある事がある。 そういうボディを持った人形だったら、首と身体を離したらダメかもしらんよ。 まだ身体を捨ててないなら、木粉系の粘土と胡粉系塗料かなんかで修復して、 元の身体につけてあげた方が良いかも。 861 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/08(水) 09:48:43 髪とか木片って、昔の人形は生かすこと前提だったの? 866 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/08(水) 15:41:05 >861 うちの田舎の方じゃ、 『人形を空の器にしておくと良くないものが入るから、最初から何か入れておく』 という習慣があったらしいよ。 子供のおもちゃの人形は、子供と2人きり(一体と一人きり?) になる機会が多いから、 その間に子供を引っぱって行ったりしたら困るの。 なので、信頼できるご先祖とか供養されてる死んだ兄弟の形見を入れて、 遊び相手兼良くないものから守るお目付役になってもらうって感じ。 人形を中古で売ったり本来の持ち主以外の人にあげるのはなるべくやめて、 本来の持ち主が死んだとき棺に入れるか、 形見だけ取り出してお供養してもらうのが良いらしい。 だから、ひいばあちゃんあたりは、 着せ替えとか球体関節の人形を集めるって趣味が怖いらしい。 自分は大きくなってからの人形趣味だから黙ってるけど、 小さい従妹が持って行った人形をすごく嫌がってた。

『オススメの怖い話リンク』

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ankou

怖い話を中心にしてまとめています。