• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
民進党【終了】「前原誠司」代表・北朝鮮美女との2ショット問題で批判の嵐!

サムネイル出典:

民進党【終了】「前原誠司」代表・北朝鮮美女との2ショット問題で批判の嵐!

Posted date:
Update date:2017年09月15日
民進党【終了】「前原誠司」代表・北朝鮮美女との2ショット問題で批判の嵐!

前原誠司

前原 誠司は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員、民進党代表、凌雲会会長。 京都府議会議員、民主党代表、国土交通大臣、外務大臣、民主党政策調査会長、内閣府特命担当大臣などを歴任。 ウィキペディア
生年月日: 1962年4月30日 (55歳)
生まれ: 京都府 京都市
配偶者: Airi Maehara (1995年から)
学歴: 京都大学

前原誠司氏(55)に、北朝鮮との不可解な蜜月関係が発覚した。

9月1日の民進党代表選で、新代表となった前原誠司氏(55)に、北朝鮮との不可解な蜜月関係が発覚した。

 小誌は1999年6月3日に北朝鮮を代表する観光地・妙香山で撮影された複数枚のスナップ写真を入手。そこには大自然をバックに、親密に身体を寄せ合い、カメラに向かって微笑む当時37歳の前原氏と、北朝鮮美女の姿が写っている。中には、前原氏が女性の頬に後ろから手をまわして顔を引き寄せたり、身体を密着させて後ろから女性に下半身を押し付け、ジャレ合っているシーンもある。

出典:前原誠司民進党代表と北朝鮮美女“親密写真”を入手 | 文春オンライン

	

いつ撮ったかが問題ではない。北朝鮮とつながりが深いという事が問題なのである。SNSでも呆れたという声多数

もう
文春のバズーカ砲が止まらない

遂に、今日(9月14日)発売号で
前原誠司氏のスキャンダラスな
疑惑が報じられた

なんと
北朝鮮の美女のハニートラップに
引っ掛かったのではとの憶測

状況証拠も多数あるらしい

しかも
1度は国会会期中に極秘で北に入国

もう、ダメだろう
	
【文春砲】前原誠司民進代表と北朝鮮美女『親密写真』これはアウトでしょうwwwww さんから
現在、民進党は
「パコリーヌ山尾」と「後ろから前原」で沸騰中の模様。(苦笑)
	
明日の には前原誠司が国会会期中に極秘で北朝鮮に訪朝した際に撮影された北朝鮮美女との写真が掲載されるようです。
国会サボって北朝鮮でデートしてた人物が民進党の代表なのか…
	
「やましいことは何もありません」じゃあその証拠を自分で出さないといけないな、納得いく説明が必要だよな、うん(棒)。……例によって納得いくかどうか決めるのは当然、聞き手側だけどなー。>前原氏 北朝鮮美女との親密写真
	
【民進党】前原誠司代表、北朝鮮美女の“ハニートラップ疑惑” 親密写真入手(動画&画像)


 ググ・・
(  \ .` 〃,,/ハ丶,
  ) ィ⌒`从リ;゚∀゚ノ バレちゃったね!
儿と、_入`_,つ λ う
	
返信先: @_500yenさん
今から20年前とはいえ、北朝鮮と繋がっている可能性が出てきましたね
反日野党の民進党といい、共産党といい反日国とつながりがあるのですね

民進党・前原誠司代表、北朝鮮美女の“ハニートラップ疑惑” 親密写真入手(動画&画像)
	
前原誠司民進党代表と北朝鮮美女“親密写真”を入手(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
…前原さん、週刊文春を買ってきて見たよ。あれはいかんわな~。特に下半身を押し付けている写真は、次に何が待っているか想像できるでしょ。ハニートラップにかかったに決まっている。アウトだな。
	
前原誠司民進党代表と北朝鮮美女と結合
夜の予行演習だろ。
また辞任かな。
	
前原氏 北朝鮮美女との親密写真
知ってる、知ってるwww
河村織物顧問名義でちょくちょく訪朝して、よど号犯と記念撮影してたもんなww
ていうか、日朝友好京都議連のメンバーだし、オモニから金貰ってたしよおwww
	
コイツ外国人って知っていて、金貰ってたよな!与党の時に。

前原誠司民進党代表と北朝鮮美女“親密写真”を入手
	
さて、そろそろ「なかったことの証明」をしていただきましょうかね。

前原誠司民進党代表と北朝鮮美女の“親密写真”を入手 北朝鮮と不可解な蜜月関係か|ニフティニュース
	
前原誠司民進党代表と北朝鮮美女“親密写真”を入手 さんから

北のスパイしていたのか…国会議員なのに。でも、民進党ならあり得るな
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。護身術師範。 悪質なクレーマーや左翼と戦う某団体所属。喧嘩上等。 「I'm proud of the fact I was born in Japan.」