• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【閲覧注意】・本の世界・届いた封筒・ついてくる犬・プレゼント・無縁さん【怖い話】

サムネイル出典:

【閲覧注意】・本の世界・届いた封筒・ついてくる犬・プレゼント・無縁さん【怖い話】

Author:
haranharan
Posted date:
【閲覧注意】・本の世界・届いた封筒・ついてくる犬・プレゼント・無縁さん【怖い話】

心霊スポット巡り

彼女が体験した話。
彼女は幽霊とか信じるタイプだけど、その友人Aはどちらかというと信じない人
じゃあ見てみようかってことで一緒に某有名な心霊スポットに行ったそうな。

何でも女の幽霊を見ただとか、ナースの幽霊がとかなんとかの廃病院、ひとしきり徘徊したが特に何もなく、車に戻って一息ついてたら彼女が急に叫んだ。
Aが何事かと思って問い詰めるとルームミラーに何か変な影が写っているそうだ。

見てみると血だらけで服装もぼろぼろな女が暗闇の中から走ってくる。
流石にAもびびり車のエンジンをかけドライブに彼女はもう半狂乱で早く車出して!とぎゃーぎゃーわめいた。
サイドブレーキ外していざ!と思った時、Aが急に困惑した表情でルームミラーを見つめている。

彼女はと言えばそんなのんきそうなAに腹が立ち「どうするのよ!早く出してよ!」とキレる。
しかしAは車を出すどころか女が来るのを待ち、窓も全開にして早く乗れ!と叫んでる。
もう彼女ガクブル、幽霊乗せる気か!いくら信じてないからってそこまでするか!と思ったが、Aは何を思ったかサイドブレーキをひき、車を出て女のほうへダッシュ

免許持ってない彼女は車の中でガクブルしてもうだめだ!呪われる殺される!とか思った。
そしてとうとう後ろのドアが開きAがその女を乗せるような音…と一緒に

「すみません助かりました!ありがとう…ありがとう…!」って女の声がして

彼女ぽかーん、友人すぐ運転席に戻り車発進
と思ったら今度は男の怒声みたいなのが後ろから聞こえてきたがAは構わず出発、すぐ警察署へ。

もうここら辺りから彼女も気がついたらしく、どうやら血まみれの女の人はレイプされかけてぼこぼこに殴られたらしい。
命と貞操を守りなんとか逃げ切ったところに自分たちの車があったんだと。

もしあのまま逃げてたら、その女の人殺されてたかも…だそうだ。
Aは幽霊をはなから信じてないから、そういう行動が出来たのだろうと警察まで行って帰り道Aは「もう死んでるやつに殺されるなんて馬鹿らしい、こっちは生きてるんだ」
とか言ってて、彼女も彼女から話聞いた俺もすげー頼りがいある女だと思ったよ。

本の世界

689 本当にあった怖い名無し sage 2011/05/24(火) 17:27:16.32 ID:WlDOcgD70
小学生の頃に放課後の図書室で 
本棚を見渡して読みたい本を適当に見繕っていた。 
面白そうな本が有ってそのまま数ページ立ち読みしてたら 
元々静かな場所だけど、何かやたら静かになったなーと思って周囲に目をやると 
誰もいなくなってた。 

届いた封筒

学生の頃、同じサークルの後輩で、すごくオレのことを好きになってくれた子がいた。
すごくいい子で、みんなから人気もあった。

そんな子に、ある日、告白された。
でも、オレには他に好きな人がいたから、丁寧に断った。
彼女は、まさかふられるとは思ってなかったみたいで、すごくショックを受けていたようだった。

その後、オレはサークルを引退し、就職活動やら色々忙しくなり、彼女とは会わないまま卒業した。
(というか、あえて彼女を避けていた、と言ったほうがいいかもしれないけど)

東京の会社に就職し、一人暮らしを始めて、3ヶ月くらいたった、ある日。
深夜、仕事から帰ると、ポストに、切手のない封筒が入っていた。
空けてみると、例の彼女からの手紙だった。

便箋には、昔の思い出と、今でもオレのことを忘れられないというようなことが書かれていた。
それとは別に、走り書きしたようなメモが入っていた。
「ここ探すの苦労しました。せっかく来たのに留守みたいで、残念です」
親以外、誰にも住所なんか教えてないのに…

ただ、一番怖かったのは、もう一枚入っていた紙。
そこには、オレと彼女が二人で微笑んでいる絵が描かれていた。

想像で書いたわりにはすごくリアルで、しかも上手で驚いた。
さらに、なんと髪の毛の部分が、明らかに人間の毛…
おそらく彼女の毛が、丁寧に、びっしりと貼り付けてあった。 

今はまた引越して、別の部屋に住んでいるのだが。
またいつか同じことが起こるのではないかと、今でも結構不安な毎日。

ついてくる犬

443 本当にあった怖い名無し sage 2013/03/15(金) 08:08:34.51 ID:XXLPWkj30
もう20年以上前になりますか。 
俺が高校生の頃の話ですが。 

自転車で1時間ほど離れた里山に写真撮影に出かけたんです。当時一眼レフを買ってもらったばかりでした。 
おにぎりを二つ、おかずにソーセージを持って。 

山に至る道の両側には畑が広がってまして、作業してるじいちゃんばあちゃんがちらほら。 

「あれ?」 
前方に犬がいるんです。鎖を引きずったままトテトテ歩いてる。 
口笛を吹くと止まってこっちを見てる。 

日本犬の雑種かな。数年前に死んだうちの犬に雰囲気が似てる。 
「おまえ、鎖引きずったままは危ないだろ。」 
おにぎり半分食べさせながら鎖を取ってやりました。 

プレゼント

学生の時、女子三人組みにイジメられていた。

臭そう、なんかきたないこっち見ないで、純粋な僕はとても辛かった。
女子三人組みがゴキブリが嫌いと話をしていた、僕はなぜかゴキブリが好きになった。

女子三人組みのイジメが酷くなってきた、僕はゴキブリで恨みを返すことにした。
ゴキブリホイホイのゴキブリの餌を集めて女子三人組みの下駄箱や靴の中の先、机の中にばらまいた。

しかしなにも起こらなかった。
2週間くらいして夏休みに入りゴキブリの事は忘れていた。

事件は2学期の初日におきた。
女子三人組みが仲良く登校してきた。
僕も近くを歩いていた、女子三人組みが下駄箱を開けた瞬間、10匹くらいのゴキちゃん達が飛び出してきた。

女子三人組みは悲鳴をあげて腰が抜けた様だった。
一人は泣き崩れ、一人はこけて、もう一人は失禁してたかもしれない。

あの日から僕はゴキブリを飼うようになった、水槽に1000匹くらい飼ってる。
餌代はタダだし、とても人なつこい、僕には最高のペットである。

女子三人組みがの一人が結婚して新築の家を買ったらしい。
広い庭があるので300匹のほどプレゼントしようと思う。

無縁さん

85 本当にあった怖い名無し New! 2011/09/20(火) 11:23:01.74 ID:PUFu+qQm0
今年のお盆は震災後の初盆。 
家まで津波はこなかったがあの時は大変な思いをした。 


うちの母方の曾祖母はある離島の出身で、その島の環境や風習の所為か 
代々女だけ霊感というか感受性が凄く強い。 
自分も小さい頃から不思議な体験を色々としてた。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haran