• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
🐶もし愛犬が目の前で殺されたら? 貴方ならどうしますか? 「川崎ペット殺人事件」 男がとった行動とは?

サムネイル出典:

🐶もし愛犬が目の前で殺されたら? 貴方ならどうしますか? 「川崎ペット殺人事件」 男がとった行動とは?

Author:
kengeekengee
Posted date:
🐶もし愛犬が目の前で殺されたら? 貴方ならどうしますか? 「川崎ペット殺人事件」 男がとった行動とは?

1974年 川崎

11月7日早朝、神奈川県川崎市幸区河原町の団地で、35歳の女性が同じ階に住む男に包丁で刺され死亡する事件が起きた。
死亡した女性は、飲食業従業員の大関昌子(仮名)35歳。
刺した男は、タクシー運転手の渡部哲夫(仮名)24歳。
渡部は、飲食店に務める21歳の妻と団地の8階に住んでいた。二人には子供はなく、ペットの犬を我が子同然に可愛がっていた。
犬はポメラニアンで名前はチビといった。

出典: 【日本残酷殺人事件】ペット殺人事件【犬投げ落とし】

※事件の3ヶ月前に、146,000円で買った血統書付き4か月のオス。
 

犬を返してくれ!

11月6日の午前1時頃、渡部は愛犬チビと8階エレベーター前で妻の帰りを待っていた。そこに同じ階に住む大関昌子が仕事を終え帰宅、エレベーターを出た所で犬が近づき、玄関ドアを開けた時に犬は昌子と一緒に部屋に入ってしまった。渡部は昌子宅の前に行くが、犬を返す様子が無い。渡部は「犬を返してくれ」と頼むが昌子は返そうとしない。
「うるさい。団地では犬を飼ってはいけないことくらいしっているでしょう」

出典:※朝日新聞 昭和49年11月7日 夕刊

	
昌子はドアを開け叫んだ! 二人は口論になりかっとなった渡部は、昌子を殴ってしまった!
殴られた昌子は、足元の犬を抱え・・・
その後、渡部は大関夫婦と警察署に向かう。署で警官が立ち合い昌子が示談金17万円を支払うことで解決したように見えたが・・・
 

仇をとってやる!

その夜はチビのための通夜ということで、翌7日の午前1時ごろまで団地近くのスナックで、妻(当時21歳)と一緒に酒を飲んだ。スナックのママ相手に、いかに可愛らしい犬だったかを身振り手振りで何度も同じことを語った。

出典:アパートやマンション騒音トラブル対策を求める内容証明  マンションの子供足音騒音トラブルを相談http://www.onojimu.co.jp/medical_accident/souon.shtml

	
チビのいない寂しさから酒を飲んだ、飲んで忘れたかったのだろう。子供の様に可愛がった愛犬を目の前で殺されたのだから無理もない。しかし、飲めば飲むほどチビの事を思い出し、酔えば酔うほど昌子への怒りが湧いてきた。そして夜が明けた頃、渡部の怒りは頂点に達した。渡部は台所に行き包丁を握りしめると、昌子の部屋へ向かって行った・・・
大関家の玄関ドアを叩き開けろと叫ぶが、大関夫婦は取り合わない。渡部は厚さ5mmの金網入り明り取り窓を叩き割って部屋に押し入る。
「なぜオレの犬を殺したんだ」とわめいて、口論になった。
渡部の勢いに驚いた大関さんは、いったん包丁を取りあげたが、渡部は大関さんの台所にあった別の包丁で、そばにいた大関さんの妻昌子さん(三五)の背中や頭など五カ所を刺した。大関さんは病院に運ばれたが、出血多量で間もなく死んだ。渡部は川崎・幸署に殺人の疑いで緊急逮捕された。

出典:朝日新聞 昭和49年11月7日 夕刊

	
医者から死んだと聞かされると「俺はあのイヌを子どもと同じように可愛がっていた。自分の子どもを殺されたと同じだ。これでチビのカタキをとったぞ。成仏しろ」と叫んだ。

出典:第1号事件 Archives | 事件集

	

愛犬を投げ殺された男

主婦をめった刺し!












この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kengee