• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【洒落怖】人形にまつわる話(Part3)

サムネイル出典:

【洒落怖】人形にまつわる話(Part3)

Author:
ankouankou
Posted date:
【洒落怖】人形にまつわる話(Part3)

『収録話』

『人形の中にいる』

289 :もしもし、わたし名無しよ:2005/09/22(木) 12:32:32 基本的にドライだけど、一体だけ気になる子がいる。 イタコの家系の子に「あ、これいるね。小さい女の子」と言われた人形で、 海外の某強制収容所で鞄に入れたまま移動してて、ついてきたらしい。 別に怖くもなんともないんだが、 しばらく忙しくてかまってなかったりすると夢に出てくる。 夢で泣いてて「~なら・・・で・・・」とよく解らない事を言って怒っているのを、 他の人形が宥めたりしている夢とか、 枕元の隣にこっちをじっと見て寝ているいる夢とか。 あと不思議な事に、箱に入れてしまったいるんだけど、 忙しくてしばらくかまわないと、髪の毛が物凄くボサボサになる。 よく遊んでいる時はサラサラだし、 他のサラン植毛の人形は一度もそんな風にならないので何か不思議。 いないかもしれないけど、いるとかわいそうなので、 その子はなるべく寂しくないように玩具を入れたり、 子どもの喜びそうな場所にはこっそり連れて行く。 怖がられるので、その子が憑いてると言われた話は周りには秘密。 霊感0なので、いてもいなくても別にいいやと思ってる。 怖い話じゃなくてすまん。 292 :もしもし、わたし名無しよ:2005/09/22(木) 13:04:54 >>289じゅうううううううううううううううううぶん怖い。 つか、強制収容所で何かがカバンに入って家の人形に移ったの? まさか強制収容所で拾った人形じゃないしな。 295 :もしもし、わたし名無しよ:2005/09/22(木) 17:31:12 289ですが。 人形を鞄に入れっぱなしだったんです。 で、帰国して友達に会う前の約束を電話でしてる最中に、 『人形になにかいるね、旅行に連れてった?』と言われ、 会ったら「あ、やっぱりいるね。 そこで殺されたすごく小さな女の子、何にも解らないうちに死んでるね」との事。 「なるべく楽しい所に連れて行ってあげてね」 と言われたので、こっそり遊園地なんかに行く時には連れてってる。 しばらく放置すると大概夢に出てくる。 怒っていたり、泣いてたり、追いかけてきたり、寄り添ってきたり色々だけど、 「あ、悪い、最近忙しかったからなぁ」くらいで怖いとはあんまり思わないのは、 いても小さい子だしってのがあるかも。

『大事にしてた抱き人形』

232 :もしもし、わたし名無しよ:2006/05/24(水) 04:09:12 子供の頃、大事にしてた抱き人形があった。 妹とお揃いで、滅多に会わない叔父さんからお年玉として貰ったもので、 姉の私は抱き人形を可愛がるにはちょっととうが立つくらいの年齢だったんだけど、 とても可愛い人形なので何年もそばに置いてた。 母に習って縫った着物を着せて、 正月に妹とその人形と4人(?)並んだ写真を撮ったりもした。 その後、度重なる引っ越しや家庭環境の変化で、人形をかまう時間もなくなって、 大人になって、人形を置いて家を出てしまった。 この間家に帰って、駄目元で「あの人形まだある?」と母に聞いてみたら、 「そんな人形持ってたっけ?」と言われてしまった。 妹にも同じ事を聞いたけど同じ答え。 人形と一緒に撮った写真があるはず、 と件の正月や同時代のアルバムを家族全員の分ひっくり返してみたけど、 他のぬいぐるみと写ってる写真はあっても、その人形の写った写真は一枚もなかった。 家族間では、「別の人形の記憶違い」という結論にされてしまった。 20年くらい前から17年くらい前にかけて、 3年ほどずっとべったりだった記憶があるんだけど、 食卓にも一緒に座らせるほど連れ回してた 50~60センチくらいの大きさの抱き人形が2体、 家にあったかどうかころっと忘れてしまったり、記憶違いをするものかな? 233 :もしもし、わたし名無しよ:2006/05/24(水) 07:56:17 >>232 脳内人形だったのかも 234 :もしもし、わたし名無しよ:2006/05/24(水) 08:57:27 >>232 あなた、本当にその家族の人? 235 :もしもし、わたし名無しよ:2006/05/24(水) 12:51:20 脳内家族?

『モヘアウィッグ』

874 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/09(木) 00:00:57 オクでポチったモヘアウィッグに髪の毛が縫い込んであった。 偶然と言うにはあまりにもたくさん。 前出品者もこれがイヤで手放したのか?と疑いたくなる程。 塚、これって製作者『たまごめ』…? 876 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/09(木) 00:09:48 >>874 なんか不気味だね…知らない人の毛ってのがまた何とも 877 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/09(木) 00:53:30 >>874です。 件のウィッグは結局処分しますた。 まさかまたオク出しする訳には行かないし、これも一つの勉強(?)だと思って。 ふわふわのモヘアウィッグでうちのお人形(キャストドール) にはとっても似合ってたんだけど、 なにせ金髪の中に黒い人毛(ストレート)が多数…。 本当に気味の悪いウィッグだった。 878 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/09(木) 16:10:21 ふんわりモヘアとて、黒い直毛が混ざっているのがデフォのものもある… ってのは、野暮な指摘だよね。 879 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/09(木) 16:18:05 さすがに人毛はそれとわかるんじゃないか? 880 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/10(金) 01:35:57 毛糸に縒り込むには人毛は太いもんな 881 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/10(金) 09:58:45 黒ストレートだったから、ぱっと見で人毛と勘違いしたんじゃないのか? 884 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/10(金) 12:44:47 >>881タソ >>880タソの言う通り太さが違うし、 一本抜いてみたら毛根があったので、人毛に間違いないと判断しますた。 縫い目の荒い手縫いのウィッグでした。 怖い話から離れて来ました。 ごめんなさい。

『おとなしくて怖がりのYちゃん』

170 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/25(土) 08:35:36 心霊スポット&不法投棄場所として有名な所へ友達数人で行った。 「死体が埋まってたりしてw」 などと言いながら、ふざけてゴミを引っ繰り返して騒いでいたら、 少し離れた場所にいた男友達2名の凄まじい悲鳴が。 慌てて見に行くと、古い日本人形が捨ててあった。 ガラスケースは割れ、ボロボロで顔も剥げかかっている。 「怖い」「呪われそうだよ」 皆が口々に言う中、おとなしくて怖がりのYちゃんがいきなり、 「大馬鹿者。完全受動態に何が出来るというのだ。  呪いだなどと、人間の勝手で愚かな恐怖心だ。  哀れな人形だ。うちに来るだろう?」 と言って、人形を大事そうに抱いてその場を去って行った。 Yちゃんは隠れ人形者だったのだろうか?それとも何かに取り憑かれて…?

『雛人形が飾ってある和室』

295 :もしもし、わたし名無しよ:2006/11/30(木) 23:28:49 俺が子供の頃、父親が体験したらしき話。 両親は当時、同じ部屋で寝ていたっぽいのだが、 ある日、母親が父親に、 「イビキがうるさすぎる。寝ている間に特大のオナラをして部屋中臭すぎる」 などの文句を言いまくっていた。 仕方なく、父親は一階の広い和室で1人で寝ることになった。 その和室には、七段飾りの立派な雛人形が飾ってあった (女の子はいないんだが、母親の趣味?で、儀式的な意味は特に無く飾っていたらしい) 数日後、父親がどんどん元気を無くしていき、 「雛人形を撤去するか、あの部屋で寝るのはもう勘弁してくれ」と母親に頼んでいた。 どうしたのか聞くと、 毎日夜中に目が覚めて、雛人形が寝ている父親の周りを取り囲んで、 恨めしそうに顔をじっと見ているらしい。 しかも金縛りで動けず、毎日寝不足だそうだ。 で、父親と母親が寝る場所を入れ替えてみたが、母親のときは何事もなく、 「何も無かったじゃない。ただの夢なんじゃないの?」 と母親は言い、雛人形はしばらくそのままだった。 その雛人形は元々は祖父母が母親に買ってあげたもので、 俺も特に嫌な感じはせず普通に思っていたが、 父親だけはその雛人形をものすごく怖がり、和室に入るのすら嫌がっていた。 雛人形は今、パソコンとマッサージ椅子設置の場所取りのため、 押入れにしまわれてる。

『守護霊?』

123 :もしもし、わたし名無しよ:2007/02/22(木) 12:40:17 仕事でお会いした人が、自称霊感の強い人だった。 仕事の話が一段落したときに、 「何か小鳥みたいな小動物をたくさん飼ってらっしゃいます?」って尋ねられた。 何の事か聞き返してみると、 オレの周囲には手の平サイズの小さい子供の生き霊が100人くらいいるらしい。 この子供たちはオレの家にいる子で、外出時に一緒に付いてくるのだそうだ。 その子たちはオレの周囲で好き勝手に遊んでるけど、 それが邪魔で悪霊が近寄れないらしい。 オレは小動物は飼ってない。 プチブラ (※プチブライス:小さなサイズで価格設定が低い着せ替え人形) なら100人以上いる。 そうか、この子たちはいつもオレと一緒なのか。

『夜中に一人でトイレに行けない』

736 :もしもし、わたし名無しよ:2007/03/23(金) 14:32:20 私は子供の頃すごい怖がりで、夜中に一人でトイレに行けなかった。 で、母か姉を起こすんだけど、二人とも眠りが深い。 それで間に合わずに漏らしてよく怒られたorz それが何時からか、妙な夢を見るようになってから失敗しなくなった。 家の祖母が人形好きで市松人形が六体いるんだけど、 その子達がトイレに付いてきてくれる夢。 夜中にシュタタッて走って迎えに来てくれて、 終わるまで何か喋りながら待っててくれて、(内容は忘れた) 私が布団に入るの見届けたら、 みんなで手を振ってからまたシュタタッて走って帰って行く。 10歳くらいには怖がりも治って夢も見なくなったけど、 大人になっても時々思い出して、ちょっとほのぼのしたりする事もあった。 ・・・ところが、最近ちょっと気になる事が。 家の姉に姪が生まれたんだけど、 その子が私そっくりの怖がりで、 同じパターンで漏らしちゃったりするんだけど、 実家に泊まってる時は一度も失敗した事が無い。 何でかなーって話してたら、姪(今5歳)が、 「みんな付いてきてくれるから怖くないんだよ!」 って、超イイ笑顔で答えてくれた。 よくよく聞いてみたけど、私の夢と同じ事言ってるよ・・・ 本当かどうかは分からないけど、 今姉の家には毎回二体づつ市松人形がお泊りに行ってる。 そのせいかは分からないけど、姪のお漏らしはキレイに無くなった。

『壊れていたポーズ人形』

226 :連投 1/2:2007/05/25(金) 12:35:23 友達の話。 昔、友達が遊んでいた人形はリカちゃん位のサイズの、 いわゆるポーズ人形 (※昭和30~40年頃流行した、観賞用のポーズ固定の人形)だった。 お祖母さんに貰ったらしいんだけど、 女の子たちがリカちゃんを持って遊ぶ中、一人だけ妙な存在感を放っていたw (でも、手足が針金入りで自由に動くから人気者だった…) でも、子供の無茶な遊び方が災いして、首の芯が折れてしまった。 仕方なくその人形は、友人の部屋で壁にもたれて飾られるだけの人形となり、 友人が成長するにつれ忘れられていった。 が、ある時、友人人形者として『開眼』w 人形にのめりこむうちにふとポーズ人形を思い出し、修理しようと決意したらしい。 227 :連投 2/2:2007/05/25(金) 12:36:57 あれやこれや試行錯誤して、なんとか修理が完了した夜…金縛りにあったらしい。 その最中、部屋にトラほどもある大きなネコが入ってきたそうな。 ネコといっても、浮世絵に描かれるネコのような現実離れしたネコ。 そのネコが、ノシノシと部屋に入って来るなり友人の腹の上に飛び乗り、 喉を鳴らし始めた。 で、おもむろに亡くなった友人祖母の声で、 「助かったよぉ、ずっと首が痛くてねぇ」 と言うと、目を剥いてにいっと笑い、消えた。 それと同時に金縛りも解けた友人は、 飛び起きてポーズ人形を探したが、部屋中どこにも無い。 修理が終わって机の上に置いたはずなのに、綺麗さっぱりどこにも無い。 翌日、友人はダメもとで母親にポーズ人形の所在を知らないかと聞いたらしい。 母から帰ってきた答えは、 「先週、粗大ゴミの時に捨てた。壊れていたし、ほったらかしてあったから」 ……友人が人形修理したのは前の晩。粗大ゴミは10日程も前だった筈。 部屋には人形修理に使った材料が散乱しているし、完成させた覚えもある。 で、友人… (((( ;゚Д゚)))ガクガクドルドル すっぱり人形趣味からは足を洗ってしまった。 友人祖母は人形に宿っていたんだろうか? いずれにしろ、人形は首をどうしても直してもらいたかったみたいだけど…

『人形者が洪水に遭った』

960 :1/2:2007/06/20(水) 11:18:26 ご近所に住んでる人形者の奥さん、前に住んでいた所で洪水に遭ったらしい。 その頃はまだ子供はいなかった。 旦那さんが大切な物はまとめて持ってくれて、 「あとXX(奥さん)の宝物を持っていきな」って言われて、 お母さんの代から可愛がってたオールドビスクって言うの?を連れ出したらしい。 お母さんの塗ってあげたドレスを何着も持っていて、 彼女も仕立ててあげて、衣装持ちの美人な子だったって。 そして、屋上というか物干し場に避難した。 2階の上まで水がすごい勢いで流れていて、 狭い物干し場でバランス取るのも危なくなってきていた。 やがて救助の人が来て、助けて貰う順番を待っていたそうだ。 そうしたら、近所の人が飼ってたらしい小鳥の入った鳥かごが、 今にも沈みそうになりながら流れてきてた。 中に鳥も2羽いて暴れてて、このままでは沈んでしまう!って思ったときに、 彼女はとっさに人形を放して鳥かごを拾ってしまった。 彼女の誂えてあげたグリーンのドレスを着た人形は、 あっという間に流れに飲み込まれてしまったらしい。 すごい後悔したけど、目の前で生き物が死んじゃうのは見捨てられなかったって。 961 :2/2:2007/06/20(水) 11:18:41 その後、災害の後も落ち着いて、 旦那さんの転勤で東京の方に越してきて、子供も出来た。 たしか今年小学校に入ったのかな? 自分もたまに見かけるのですが、活発で可愛い女の子。 それで、ここからが怖い?話なんだけど、 その子が喋れるようになったときくらいから、 その子の夢の中にお姉さんが出てきて、ときどき遊んでくれるんだって。 子供が言うには、そのお姉さんは金髪で、 緑の洋服を着てて、お姫さまみたいな格好だと。 そしてケガしてて左手が無くて、いっつも悲しそうであまり喋らない。 もちろん子供に人形の話をしたことはないし、写真とかも見せたことはないらしい。 彼女は今はブラ(※ブライス人形)者で、当該するような人形は今は持っていないそうだ。 子供も年長さんになって本物のお友達と活発に遊ぶようになってからは、 あまり『その子』の話をしなくなったので、 彼女はもう気にしないようにしてるそうだけど。 人形は恨みを晴らしに子供の所に現れたのかな? それなら怖いんだけど、自分的にはなんか可哀相な話だと思った。

『お寺さんに送った市松人形』

965 :もしもし、わたし名無しよ:2007/06/20(水) 13:36:12 市松人形者なんだけど、過去に1体だけ、お寺さんに送った市松がある。 作の割に安価で、自分はホクホクしながら買ったんだけど… お約束どおり、その日から妙な現象が。 ・帰宅時、部屋の中から女性の笑い声が聞こえたり(当方一人暮らし) ・化粧品が置いた覚えの無い所まで移動していたり ・男性と携帯で話していると『誰か来てるの?』と聞かれたり 今でこそさらっと書いているけれど、当時は恐怖で死にそうだった。 それでも人形を手放さなかったのは、半ば意地。 「市松人形の怪奇現象なんて、そんなベタな話市松者として認めるもんか!」とw。 でも、数日後に親戚(殆ど先祖)の100回忌? で菩提寺に行った時、住職に呼び出されて、 「何かひどく困ってませんか?」と聞かれて、思わず泣き出してしまった。 事情を説明して、後日人形を宅配で送って供養して貰った。 で、この間、彼岸の時に墓参りでに顔を出したら、 「よくあんなモノと暮らしてましたね」って笑顔で言われてしまった。 どんなモノだったかは教えてくれなかった。 教えるとまた縁が出来てしまって、私の所に戻ってきてしまうからだと。 お買い得だからと言って、 何でもかんでも買ってしまうのはよくないんだと実感した経験でした。

『捨てられていた人形』

613 :もしもし、わたし名無しよ:2007/08/09(木) 16:31:09 私が厨房だった頃。 年末に、粗大ゴミ置き場に大きなポーズ人形が捨ててあった。 綺麗な水色のドレスで、一目で気に入った私はお持ち帰り。 母に見せたけど、母も「お人形は捨てるもんじゃないしね」とあっさり承認。 私は掃除したての室内に飾って浮かれていた。 その日の夜。 冬休みの宿題で机に向かっていると、ポーズ人形の方から物音がする。 ゴミ捨て場にあったから、まさかG? とおそるおそるふり返ると、人形の裾が動いている。 そして、何か見える。 よくよく目を凝らすと、人の手が…指の先が、 スカートの中から見え隠れしている。 「え」 思わず呟くと、指先は一瞬動きを止め、スカートの中に引っ込んだ。 人形ひっくり返して中を確認するのがセオリーだけど、 自分にはそんな勇気がなかった。 ビクビクしながら人形を掴んで、ベランダに放逐した。 翌日、母には虫干しと偽って人形はベランダに出しっぱなし。 そのまま、年明けまで放置していた。 で、元旦。 行く年来る年も見た、 じゃあ明けましておめでとう&おやすみ…と部屋に引上げた時の事。 窓ガラスがペタペタ言っている。 ベランダに出した人形を思い出して血の気が引いたね、この瞬間。 ものすごい勇気を振り絞って、カーテンをほんの数cm開けてみた。 そこには予想通りの人形。スカートの裾がほんの少し上がっている。 ただ、人形を見下ろす状態なので、裾の下は良く見えない。そして、見たくも無い。 そのままカーテンを閉めると、布団を引被って強制睡眠。 覚えている限り、ずっとペタペタという音はしていた。 翌朝ベランダを確認すると、ポーズ人形のスカートがワイヤーごとまくれ上がっていた。 そのまま、適当な空き箱に包むと初詣に直行。 神社の『お焚き上げぬいぐるみ』箱に入れてきました… って、季節感無視で投下。もう十数年前の話でした。

『跡取り娘の仕事』

637 :もしもし、わたし名無しよ:2007/08/11(土) 23:10:28 先祖(大名)が大量虐殺を執行した家系だが、男は早世する習わし。 跡取り娘は大量の人形を秘密の一室に大事に飾って、世話をしなければならない。 婿殿がそこそこで死ぬと、次の跡取り娘が人形を集め始める。 それも母親の集めた人形は全部骨董屋に手放して、一から自分の気に入った人形を集める。 その一室にズラリと並ぶ位になると完成で、婿も上手く見つかる。 その繰り返しだが、結婚後に人形の御世話するのは跡取り娘の仕事。 それぞれの人形の前に、ズラリと朝と晩に食事を並べ、後で下げる。 髪をすいたり、季節に併せて着替えをさせたり面倒を見る。 それを怠ると、娘も婿も子が出来ないうちに早世する。 すると分家から養女を貰って、同じ事の繰り返し。 地元では名家で通っているが、気味悪がって地元の者は婿に入らない。 近年は、跡取り娘が高等教育を受けながら、遠方から婿を探してくる。 大金持ちの大地主だし、とにかく美人で惚れ惚れするような魅力がある。 人形部屋の存在は婚姻後に知る事になる。でも何故か逃げ出す婿は居ない。 オレが大学時代、すげえお嬢で超美人が居た。結構偏差値高い東京の大学な。 仲良しになろう~と近付こうとしたら、その同郷のヤツに上の話を聞いた。 躊躇している内にイケメンの彼氏が出来て、婿に入る約束で婚約したのは知ってる。 その後はわからん。ヤツの出任せかもしれん。でもオレ的には気味悪かった。 「この話を人にする時は、絶対に場所を教えるなよ」と口止めされた。 「祟られるぞ」とヤツが言うから、ここまで。 嘘か本当か、オレは知らん・・夏用にちょっと披露。

『オススメの怖い話リンク』

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ankou

怖い話を中心にしてまとめています。