• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
光宗薫さん 10月から芸能活動を休止!?

光宗薫さん 10月から芸能活動を休止!?

Author:
sharemanshareman
Posted date:
光宗薫さん 10月から芸能活動を休止!?

自身のTwitterで活動休止宣言!

コメント

突然ではありますが、2017年10月より芸能活動を休止致します。
今日までの約6年間、多くの経験をさせていただきました。

私は10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています。

ですが様々な表現に携わるこの仕事を続けたいという私の強い希望の下、周りの方々にサポートしていただき現在まで続けることが出来ていました。

それでも近年は状態が落ち着かず、強い気持ちを持つ程バランスが取れなくなり好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていました。

そこで、再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました。

応援して下さった方々に感謝します。
この先も、宜しくお願い致します。

出典:光宗薫、芸能活動休止を発表<コメント全文> - モデルプレス

	
光宗は21日、ツイッターに直筆の文書画像を公開。「突然ではありますが、2017年10月より芸能活動を休止致します」とした。10代の頃から摂食障害や強迫的な症状に悩んでおり、「一時的に拘束してもらわなければ生活がままならない状態を繰り返しています」と告白。周囲のサポートによってこれまで仕事を続けてきたが「それでも近年は状態が落ち着かず、強い気持ちを持つほどバランスが取れなくなり好きな活動も徐々につらいだけのものに変わっていました」とし、「そこで、再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました」と活動休止理由をつづった。

 光宗は11年にAKB48に加入。アイドル離れしたイケメン風ルックスで脚光を浴び、研究生ながらテレビドラマや雑誌にも頻繁に登場するなど「スーパー研究生」と呼ばれ、将来を嘱望された。しかし体調不良が続き、12年10月にグループを脱退。その後はモデルや女優として活動していた、デザインや絵画の才能も知られ、13年10月にはボールペン画による個展を開催した。

出典:光宗薫が芸能活動休止へ、直筆の文書画像を公開 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

	

摂食障害?

光宗さんは、「10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と告白。2011年にAKB48の13期生としてデビューし、約6年間、周りのサポートもあり現在まで活動を続けることができたとしています。

 しかし、「近年は状態が落ち着かず、強い気持ちを持つ程バランスが取れなくなり好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていました」と現状を報告。「再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました」と今回の決断に至った経緯を説明しつつ、「応援して下さった方々に感謝します」と感謝のコメントを残しました。

 光宗さんはデビュー後、2012年8月のドーム公演を体調不良のため欠席。同年10月に「自分の思う万全の状態で皆さんの前に立つ事が難しくなり」とAKB48の活動を辞退することを発表。

出典:元AKB48・光宗薫、芸能活動を休止 摂食障害などの悩みも告白 (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

	

光宗薫さん 略歴

2011年
9月24日、AKB48第13期研究生オーディション最終審査に仮合格。
12月8日、AKB48劇場オープン6周年記念公演でお披露目。

2012年
8月24日、組閣により、チームKに昇格することが発表。
10月24日、AKB48としての活動を辞退することを発表し、AKB48としての活動を終了。

2014年
4月4日、フレイヴ エンターテインメント所属したことが発表される。

2017年
9月21日、自身のツイッターで、体調不良のため2017年10月より芸能活動を休止することが発表される[4]。

出典:光宗薫 - エケペディア

	

ニュースを見た人のツイート。

どんな素晴らしい才能持ってても環境が悪いと生かすことが出来なくなってしまう。光宗薫さん見てるとそれを凄く感じる。自分の特性を生かせる環境が見つかるといいなと思う。
	
たまたま1度だけ劇場公演見たこと有るけど。
背は高くてスラッとして美人さんだったし、ステージで華やかさが一段と違ってたな~。
ファンへのレスも凄かったし、良い印象しか残ってないな~

	
安室ちゃん引退もびっくりしたけど、光宗薫ちゃん休止もびっくりした
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
shareman