• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
💈「栃木県鹿沼市-女子高生殺人事件」 隣人連続殺人犯S

サムネイル出典:中日新聞 昭和61年12月12日

💈「栃木県鹿沼市-女子高生殺人事件」 隣人連続殺人犯S

Author:
kengeekengee
Posted date:
💈「栃木県鹿沼市-女子高生殺人事件」 隣人連続殺人犯S

1986年11月25日 県立高校1年の女子生徒が行方不明

栃木県鹿沼市に住む県立高校1年の女子生徒Aさん(16歳)が11月25日朝、自宅から自転車に乗り高校へ向かったまま行方不明に。
1986年11月25日は、火曜日。
 

1986年12月11日 女子高生の絞殺死体が発見される。

中日新聞 昭和61年12月12日
1986年12月11日午前10時頃、栃木県鹿沼市加園の山林で、若い女性が死んでいるのが発見された。首には絞められた痕があり死後数日が経っていた。女性は11月25日の朝、自転車で家を出てから行方不明になっていた県立鹿沼高校1年の女子生徒Aさん(16歳)と判明。
遺体には、長さがバラバラで種類の違う毛髪が大量に付いていた。
 

1987年1月12日 理髪店経営の男を逮捕

被害者Aさん宅の斜め向かいで、理髪店を経営する36歳の男Sを殺人、死体遺棄の容疑で逮捕した。
床屋は、火曜日休み。

理容店主を逮捕

散髪の毛付着でアシ


中日新聞 1987年1月12日 夕刊
昨年十一月二十五日午前八時半ごろ、通学のため自転車で家を出たAさんを自宅内に誘い込み、細ひものようなもので首を絞めて殺した。遺体の処置に困り、自分の四輪駆動車で自宅から約十㌔離れた同市加園の山林まで運んで捨てた疑い。 

出典:中日新聞 1987年1月12日 夕刊

	
通り掛かった近所の女子高生Aさん=当時(十六)=を店内に呼び入れ関係を迫ったが、拒まれたため布ひもで首を絞めて殺害した。

出典:中日新聞 平成2年3月14日

	
 

1983年の幼児殺しも自供

1983年8月、隣に住んでいた会社員の次男H君(6歳)を殺したことを自供した。
昭和五十八年八月、隣家の幼稚園児Hちゃん=当時(六つ)=が被告宅玄関で、分解修理中のドライヤーの部品を踏んだことに憤激。電気コードでHちゃんの首を絞め、殺した。

出典:中日新聞 平成2年3月14日

	
逮捕された後、息子の友達を殺して山林に捨てたのを自供したとのこと。
その2ヶ月ほど前に両親が子どもの白骨死体を発見しています。

出典:【この事件について教えてください】専用スレッド - 1092670770 - 無限回廊☆掲示板 - したらば掲示板

	
 

幼児殺しで再逮捕

五十八年八月、栃木県鹿沼市緑町一、会社員Iさんの次男Hちゃん=当時(六つ)=が遊びに出たまま失踪、約三カ月後の同年十一月末に自宅から六㌔離れた雑木林で白骨死体で見つかった殺人、死体遺棄事件を調べている栃木県警鹿沼署は、Hちゃん宅の隣人で近くにすみ女子高生の殺人事件で起訴されている鹿沼市緑町一、理容師S(三六)の犯行と断定、十二日午後、Sを殺人、死体遺棄の疑いで再逮捕した。

出典:中日新聞 昭和62年2月13日

	
鹿高女子生徒殺害以前にも近所の男の子も殺害してた。
事件発覚以前に、当時小学生だったオレは一回だけ、その床屋に髪切りに行ってその殺人鬼に散髪してもらったわ(´・ω・`) 

出典:ψ ψ ψ 栃木県鹿沼市スレッド §42すれ目§ ψ ψ ψ

	
 

1988年 死刑判決

中日新聞 昭和63年11月30日
◆栃木の幼児・女高生殺しに死刑判決/宇都宮地裁
 隣近所の幼児と女子高生を殺したとして、殺人、死体遺棄罪に問われた栃木県鹿沼市緑町一の三の六、理容業篠原伸一被告(38)に対する判決公判が、二十 九日午後、宇都宮地裁で開かれ、上田誠治裁判長は「なんの罪もない二人を殺害した責任は重大で、情状酌量の余地はなく、極刑が相当」として、求刑通り死刑 を言い渡した。
1988/11/30 読売新聞 東京朝刊

出典:死刑関連ニュース(1988年)

	
 

1990年 死刑から無期に・・・

中日新聞 平成2年3月14日
裁判長は女子高生殺害について犯行に使われたひもが短いことなどから、「殺害のため前夜から用意していた、との一審認定は事実誤認」として計画性を否定。そのうえで、両犯行とも偶発的だった、精神鑑定などからみて、矯正の余地が残されているなどの情状を考慮、「残忍、非情な犯行で若い命を二度も奪った責任は極めて重大だが、死刑は究極の刑罰であり、適用は慎重に行われなければならない。死刑の選択が、真にやむをえない場合と断定することにはためらいが残る」と結論づけた。

出典:求刑死刑判決無期懲役【1985年〜1990年】

	
 
隣に住む6歳の幼稚園児、向いに住む16歳の女子高生の首を絞めて殺し山林に捨てる・・・
栃木県の狭い範囲で起きた殺人事件、数年後にTBSのテレビ番組「女神の天秤」で取り上げられ日本全国に知られることに・・・

女神の天秤 「顔見知りがなぜ・・・」

隣人連続殺人犯の日常に潜む暗い衝動の秘密

1997年8月20日放送

中日新聞 1997年8月20日
 床屋やってて、「俺の子よりできがいい」で近所の子供殺して、 
客から「最近の女子高生は開放的だ」って聞いたからって 
近所の女子高生にいたずらしようとして殺した馬鹿の話が 
あった記憶がある。 

出典:女神の天秤 | ログ速@2ちゃんねる(net)

	
懐かしいけど、ちゃんと覚えてるのが床屋のオッサンが犯人の事件だけだ… 
「最近の女子高生は性にだらしないからヤらせてくれるだろう」って思い込みで 
被害者に手を出そうとして拒絶され殺害とか 
お葬式の受付で真っ赤なセーター着てたとか、すごく気持ち悪かったな

出典:名番組「女神の天秤」の思い出を語ろう - 懐かしニュース(1) : ナルログ

	
 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kengee