• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
夏の乾燥からお肌を守るためにはどんなケアが必要?

夏の乾燥からお肌を守るためにはどんなケアが必要?

Posted date:
夏の乾燥からお肌を守るためにはどんなケアが必要?

夏こそ乾燥から肌を守るべき?!

“乾燥=冬”だと思っていませんか?

夏は汗をかくし、肌だって乾燥しづらいから保湿ケアはいらないかな?・・・なんて思っている人は多いのでは?

実は、夏だからこそ、乾燥対策が必要なんです!!

夏は肌が乾燥しやすい季節?

紫外線対策など夏特有の行動が乾燥の原因に・・・

夏に何気なくしている行動の1つ1つが実は夏の肌乾燥につながっている可能性があるんです!

“私は肌が強いから”は関係ないんです。
日本の夏は高温多湿。外気はめっちゃ湿っています。
それでも、敏感な肌の場合、夏場でも肌が乾燥してしまうことが多々あります。

出典:夏の乾燥肌の原因と対策!夏なのに肌が乾燥するのはなぜ? – mjdsk.jp

一見乾燥とは無縁な気がする日本の夏・・・。
けれど、“夏だからこそ”肌を乾燥させてしまう原因があちこちに転がっているんです!
紫外線を浴びると角質層のNMF(天然保湿因子)という細胞内の水分を保つための成分が減少し、水分の保持量が低下するため乾燥します。

出典:隠れ乾燥多し!夏のドロドロ肌の裏に砂漠化現象あり | 女性の美肌・美容マガジンLBR

日焼けしないように日焼け止め効果のあるクリームやジェル、化粧品などを使うことでも肌の水分が失われてしまうので、紫外線の強い夏の時期は乾燥しやすい時期と言えます。
塩素によって、髪のキューティクルが失われ、表面が傷んできてきたり、肌の乾燥が引き起こされています。

出典: 夏の化粧崩れ・・・実は隠れ乾燥肌が原因だった!? 今から真夏を乗り切る元気肌のつくりかた | 美と健康的な生活のための美容らいふ

海も川もいいけど、プールも好き!っていう方、多いのではないでしょうか?海も塩で肌が刺激を受け乾燥することもありますが、プールの塩素ほどではありません。

最近は入浴剤の種類でも塩素を薄くしてくれる商品の人気が高まっているほど、塩素が肌に与える影響って大きいんです。
屋外と冷房の効いた部屋での肌の水分量を比較すると、冷房の効いた部屋ではなんと肌の水分量は約半分にまで減ってしまいます。

出典:隠れ乾燥多し!夏のドロドロ肌の裏に砂漠化現象あり | 女性の美肌・美容マガジンLBR

暑いとつい冷房がしっかり効いた部屋に避難したくなりますよね。けれど汗がスーッと引いて何とも心地よいこの時間にも、肌はどんどん乾燥していっているんです!

最近では冷房機能に加湿効果をプラスしたエアコンも販売されているので、こういったエアコンであれば安心できるかも??
汗を拭くときにタオルでこするとその摩擦で角質が傷つき乾燥の原因になることがあります。

出典:隠れ乾燥多し!夏のドロドロ肌の裏に砂漠化現象あり | 女性の美肌・美容マガジンLBR

確かに夏は肌を拭く機会が多くなりますね。また、お風呂に入ったりシャワーを浴びる回数が増える時期でもあります。

汗を拭きとるだけではなく、ナイロンタオルで身体を洗ったり何度もごしごし肌を擦ることで肌の乾燥は悪化してしまうので気を付けないといけませんね。

夏の乾燥からお肌を守るには?

夏は乾燥しやすいことに気づいたら・・・

夏の肌は実は乾燥しやすい。

そのことに気づけたら、次は夏の肌を乾燥から守るための肌ケアを行いましょう。特別なことはありません。

大切なのは冬でも重視されている“あのケア”なんです。

日焼け止め選び

市販されている多くの日焼け止めには、紫外線を吸収して放出させたり、反射させたりする、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」という成分が配合されています。これらの成分は紫外線対策に欠かせないものですが、肌への負担が大きい点が気になります。紫外線吸収剤は肌荒れの原因になるといわれており、紫外線散乱剤は肌の乾燥を引き起こすといわれているのです。

出典: 【医師監修】乾燥肌の紫外線対策!日焼け止めの選び方 | スキンケア大学

日焼け止めを使うなら、まずは商品選びから・・・。
肌に大きな負担をかける商品を避けて、できるだけ乾燥しない日焼け止めを選んで使うようにしましょう。

保湿対策

しっかりとした保湿対策をすることが大事です

肌がカラカラになってからでは遅いです!そうなる前にしっかりと保湿対策を行いましょう。
また、「今日は日焼けしちゃったなぁ」と感じた場合には、油分の入った保湿クリーム・ローションできっちりと保湿を行うことが重要。
なぜなら、紫外線によって肌のバリア機能が壊れているからです。

出典:夏の乾燥肌の原因と対策!夏なのに肌が乾燥するのはなぜ? – mjdsk.jp

冬に重宝される保湿ケアですが、夏だって重要な肌ケアの1つなんです。紫外線を浴びたり、日焼け止めを塗ったりして肌の水分がカラカラになってしまっているので、化粧水や乳液、クリームなどを使ってきちんと保湿してあげることが大切です。
便利なのが「シートパック」。
気軽に利用できますし、すぐにお肌が潤う上にリーズナブル。

出典:夏でも乾燥対策は必須!でも、こんなパックケアはやってはいけない! | 30代からのアンチエイジングライフ

肌に乗せておくだけで簡単に保湿ケアができるシートパックはお手軽な方法ですよね。でも、毎日使ったり、シートに含まれている美容液がもったいないからとそのまま寝てしまうなど長時間肌に乗せておく行動などはNG!乾燥を悪化させてしまう恐れがあるんです。

ひたひたな美容液がもったいない気もしますが、シートが乾く前にはお肌からはがしてあげましょう。
スクラブケアで邪魔なものを洗い流すことができれば、化粧水や乳液、高価なパックの栄養も余すことなく肌に吸収させることができます。
乾燥して盛り上がった角質や毛穴の汚れも落としてくれるので、ザラつきや毛穴の黒ずみなどの悩みにも有効です。

出典:使ったもの勝ち!「スクラブ」が肌を生まれ変わらせる | 女性の美学

肌を傷つけるイメージが強いスクラブも、乾燥が進む夏のお肌にはプラスの効果を与えてくれることも!

おすすめはシュガースクラブ。塩よりも保湿効果が高く、肌に刺激も与えないので使いやすいです。また、ハチミツがプラスされていると一層保湿効果が高まるので、夏の乾燥肌対策にバッチリなんです。

ただし、強くこすりすぎないように注意してくださいね。

規則正しい生活

ジリジリと暑い日は、食欲不振に陥ったり、睡眠不足になったり、涼しい部屋でグ~タラしがち。
でも、美容と健康のためには、そうであってはなりません。栄養バランスを考えた食事をしっかり摂り、夜は涼しく快適な空間できちんと眠りましょう。

出典:夏の乾燥肌の原因と対策、ご存知ですか? | 顔・目尻のシワを改善するためのブログ

夏バテ気味で栄養バランスが偏ってしまっていたり、熱帯夜でぐっすり寝ることができない・・・。そんな生活をしていると、肌の乾燥もどんどん悪化してしまうことに・・・。

まずは規則正しい生活と健康的な食事バランスを心がけることにしましょう。
運動をしないと体の新陳代謝能力が衰えてきますよね。そうなると身体の症状はどうなるでしょうか。
・血行が悪くなり、老廃物が溜まりやすい→むくみを感じる
・胃腸反射が悪くなる→便秘気味
・皮脂を含んだ汗をかかないことで肌のターンオーバーがうまくいかなくなる→肌のツヤやハリがなくなる
・肌のバリア機能が失われ、潤いが保てなくなる→乾燥気味になる

出典: 夏の化粧崩れ・・・実は隠れ乾燥肌が原因だった!? 今から真夏を乗り切る元気肌のつくりかた | 美と健康的な生活のための美容らいふ

汗をかきたくない!メイクが崩れるから外に出るのはイヤ!っていう人、多いですよね。でも、ある程度身体を動かさないと、こんな仕組みで肌の乾燥が悪化していくことになるんです。

比較的涼しい早朝などにウォーキングをするなど、自分の身体に負担のない方法、無理をさせない方法で適度に身体を動かしてあげましょう。

夏の肌を守りぬけば そのあとの季節も・・・

肌は1年中乾燥からは逃れられない・・・

どんなにジメジメしていても、蒸し暑い天候でも、お肌が乾燥から解放されることはありません。常にどんな季節でも乾燥から守ってあげる心がけが大切なんです。

ケアを忘れなければ、1年中うるおいのある艶肌を維持できますね。
夏の肌を乾燥から守ることは、“=そのあとの季節への備え”にもつながります。

夏のようにギラギラした日差しはなくとも、秋も紫外線はなかなか強いですし、冬だって紫外線は降り注いでいます。しかも、冬はまた1年で特に乾燥しやすい時期でもありますね。

夏のうちに保湿ケアを行って水分がたっぷり満ちているお肌を作っておけば、秋~冬と肌が乾燥に負けることなくみずみずしい状態を維持することができます。

・肌に良い日焼け止めを選ぶ
・保湿ケアを徹底する
・肌が乾燥しやすい環境に長時間いることを避ける
・肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)を乱れさせない規則正しい生活を心がける

これで今年の夏も肌を乾燥から守りぬいてあげましょう!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Sharetube女子部

Sharetube公式チャンネル。女の子向けの情報をまとめていきます。恋愛、ファッション、カフェ etc...