• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
🏩都市伝説!? 「ラブホテル殺人事件」 ベッドの下から腐乱死体...

サムネイル出典:

殿堂

🏩都市伝説!? 「ラブホテル殺人事件」 ベッドの下から腐乱死体...

Author:
kengeekengee
Posted date:
🏩都市伝説!? 「ラブホテル殺人事件」 ベッドの下から腐乱死体...

都市伝説?

あるホテルで一夜を過ごしたカップルの話。部屋に悪臭がするため、我慢できずにフロントに電話した。スタッフがかけつけると、臭いの元はベッドで、マットレスをはがすと、その下に腐乱死体があった。
	
誰もが一度は耳にした!?事件... 映画やテレビドラマの話でしょ? 
いいえ、実際にありましたよ...
 

1986年 3月11日 新潟市中央区

A子と婚約した茨城県の会社員Bさん(当時26歳)から、金を奪おうと計画。同月11日、Bさんを新潟のラブホテルに誘い出し部屋で両手両足をシーツで縛って浴槽で窒息死させた。その後、Bさんの遺体は円形ベットのマットを剥がして中空になっている部分に押し込んで逃走した。

出典:カミカゼ ニュースブログ : 山梨・新潟連続殺人事件 藤島光雄

	
「山梨・新潟連続殺人事件」
1986年3月、山梨県笛吹市(旧春日居町)の前妻宅で祖母(当時73歳)と口論になり、浴槽に押し込んで殺害。5日後、逃走資金を得るため、前妻の知人男性(同26歳)を新潟市内のホテルに呼び出し、金を脅し取って殺害した。
ようつべで見つけました。
今も有りますけど、86年頃にベッドの中から死体見つかったホテルだそうです。
それにしても「シノって」ってどういう意味なんですかね?
	
 

1988年 1月2日 東京都大田区

東京都大田区蒲田にあるラブホテルのベッド下から、女性の腐乱死体が発見された。
ラブホテル「×××ホテル」(××××支配人)から、 
「四一二号室のベッドの下に女性の死体がある」と一一〇番があった。

出典:[東京都]蒲田のラブホテル [大田区]

	

ラブホテルに女性腐乱死体

中日新聞 昭和63年1月3日
女性は二十五~四十歳、身長約一六〇センチで前歯が出ており、着衣はピンクのガードルと白いパンティーだけで、衣類やハンドバッグなどの所持品はなく、犯人が持ち去ったとみられる。
死後十~二十日が経過していた。

出典:中日新聞 昭和63年1月3日

	
同室では、四、五日前から悪臭がし始め、一日夜に宿泊しようとした客から苦情があったため、二日朝、従業員二人 がベッドの下を点検して死体を見つけた。 
 四一二号室では、悪臭がするまで従業員は特に不審な状況に気づかず、毎日二、三組の客が利用していたという。

出典: ラブホテル板のスレッド | itest.bbspink.com

東京1988/01/03, 東京読売新聞
何も知らずに、数組のカップルが・・・

1月5日 犯人逮捕

5日夜、元パチンコ店員の男(46歳)が逮捕されました。

元パチンコ店員を逮捕












中日新聞 昭和63年1月6日
ラブホの腐乱死体の犯人って俺が当時バイトしてた
某コンビニによく来てはクソ忙しい時にカップめん作らせやがったオッサンだった。
ある日突然来なくなったので、ヤレヤレと思ってたらあの事件。
マジにビビッたっけなぁ。 

出典:大田区蒲田 Part2

	
ラブホの殺人事件、ありましたねぇ。 
あの犯人が、現場からちょっと離れたセブンイレブンでバイトしてた頃に、カップメンにお湯入れろっ、てよく来てたと言う話を聞かされて、なんかダークな気分になった事がありますわ。

出典:ソーシャル・ネットワーキング サービス [mixi(ミクシィ)]

	
犯人は、カップラーメン好き。
 

1997年 2月19日 京都市東山区

京都のホテルで女性殺される 
1997.02.20 朝日新聞大阪朝刊   

十九日午後二時二十分ごろ、京都市東山区************のファッションホテル 
「******」三〇二号室で、ベッドの下に全裸の女性の遺体があるのを従業員が見つけ、 
府警松原署に届けた。着衣を含め遺留品がないことなどから、府警は殺人事件とみて同夜、捜査本部を設置した。 
調べでは、この女性は推定年齢が十六歳から三十五歳ぐらいで、身長一六一センチ。長髪を茶色に染めていた。 
従業員はベッドのマットレスが不自然に盛り上がっているのに気づき、 
マットレスを上げて仰向けになった遺体を発見した。死後三日から一週間たっているとみられる。 死因は分からず、二十日午後、司法解剖する。 


東山区のラブホテル殺人事件初公判 被告、起訴事実認める--京都地裁 /京都 
1997.06.24 毎日新聞地方版/京都   

今年2月、東山区のラブホテルで下京区の女性(当時27歳)が殺された事件で、 
殺人、死体遺棄罪に問われた住所不定、無職、****被告(35)に対する初公判が23日、 
京都地裁(近江清勝裁判長)であった。起訴事実の認否で**被告は「間違いありません」と認めた。 
起訴状によると、**被告は今年2月11日午前1時すぎごろ、東山区****のホテルで、 女性と口論となり、首を絞め失神させた上、浴室で湯につけて水死させ、死体をベッドのマット下に隠した。

出典:ぐぐっても見つからないニュース総合スレ 

	
ベッドのマットレスの下に被害者の女の遺体が隠されていたのにホテル側が気づかず、
数日間その部屋にそのまま客を泊めていた。
ベッドのマットレスがだんだん盛り上がってきて異臭がしたので
やっとわかったらしい。

長い間発見されなかったのはウオーターベットの為 
密封状態にあったからではないかと当時のワイドショーでやっていた。 

出典:kyoto-u.com > 談話室 > 京大ライフ > 京都にラブホ

	
俺 当時その向かいにあるクラブでバイトしてて 
事件のあったホテル付近発覚するまでに凄い変な 
臭いするって皆でウワサしてたんだよね。 
低い建物でさらに路地で入り組んでるから 
まじあの臭いが死臭だったんだと感じた 
しばらく食欲なくなったよ、バイトもやめたし 

出典:【社会】臭いがするホテルの一室で、全裸女性の腐乱死体見つかる…那覇

	
 

2004年 3月26日 沖縄県那覇市

「那覇市若狭のホテル」で死体発見
26日午後6時55分ごろ、那覇市若狭のホテルから「客室に死体がある」と110番があった。那覇署が調べたところ、ベッドの下に女性の遺体が隠されており、腐乱していた。27日の司法解剖で、指紋などから身元を那覇市真嘉比のアルバイト女性(29)と断定した。外傷はなかったが、腐乱が進み死因を特定できず、同署は殺人と病死の双方を想定。死体がベット下に隠されるようにあおむけに置かれ、衣類や所持品がなくなっていたことなどから、客室に一緒にいた人物が死体遺棄や窃盗にかかわった疑いが強いとみて捜査している。
 調べでは、女性と同居の兄が今月9日夜「家を出たまま、4日過ぎても帰ってこない」と届け出ていた。現場はラブホテルの1階客室で、宿泊者名簿はなく、1週間ほど前から利用者はいなかったらしい。料金後払い制で、1人が一括で精算すれば、他の利用者は従業員と顔を合わせなくていい。ホテル関係者が部屋を掃除中に異臭がし、死体があるのに気付いた。
[毎日新聞3月27日] ( 2004-03-27-23:44 )

出典:遺体発見:ホテルのベッド下に腐乱女性、死因を捜査 那覇 [毎日新聞]【発見が遅れたことが不思議な事件】 あっしら

	
女性に発作性の疾患があったことがわかり、死因は病死との見方もある。 
 部屋を客が最後に利用したのは約1週間前で、その後、ホテル経営者が部屋を清掃した際も異状に気づかなかったという。 

出典:[mixi]未解決、 2004年3月26日沖縄県那覇 - 行方不明者、未解決、不思議 | mixiコミュニティ

	
コレめちゃ恐ろしいよな。
一週間前に泊まった客が居たらしいけど、その前から異臭がしてたってのが
怖えー!!!二人して寝てるベッドの下に死体だよ。うわぁ。
もはやコレは都市伝説の域を超えてるよー。 

出典:沖縄での犯罪総合スレ

	
1週間誰も泊まらないホテル? どんな所なんだろう?
 
若い頃バイト先の先輩が
ラブホテルで彼女と御休憩した次の日、そのホテルのベッドの下から死後数日経った死体が見つかったらしい(^^;
	
                                         おぉ怖っ
 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kengee