• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
元ストーカーが教えるネットの危険性...たった1枚の写真から全てが暴かれるなんて事も

元ストーカーが教えるネットの危険性...たった1枚の写真から全てが暴かれるなんて事も

Release Date:
元ストーカーが教えるネットの危険性...たった1枚の写真から全てが暴かれるなんて事も
好きになりすぎて目の前が見えなくなるのは、みんなそうでしょう。まさに「恋は盲目」状態

だけど、ここからストーカーとストーカーじゃない人の分かれ道で
ずっと盲目状態の人は好きな人が迷惑と感じていることを気づかないでストーキング行為をしてしまっているんじゃないかなって感じています。

そんなストーカーは本当に危ないから気をつけてと、「元ストーカー」であったロマさんが詳しくどのように危ないかを解説していたのをでまとめてみました。

元ストーカーであるロマさんがストーカーの怖さを教えてくれます

私は元ストーカーでございます。ストーキングしたいわけじゃないんだけどストーキング以外に愛情表現わかんない☆っていうたちの悪いストーカーでした。過去ね、過去。
住所とか職場とか電話番号とか家族構成寝る時間好きなもの、全部調べるの得意です。

で、昨日の夜ふと思い立った。
「ストーキングしたいわけじゃないんだけどストーキング以外に愛情表現わかんない☆」これだけでも意思疎通ができる相手ではないという事がわかりますね・・・
絡みがあるわけではないけど、TLでたまに見かける人で、子供の写真を思いっきり晒してる人がいて…
この人のこと、インターネットだけを使って、どれだけ調べられるかなぁ?と、試してみました。

結果…
	
以下のことを、インターネットのみで特定することに成功しました。

・本人と子供の本名
・住所
・電話番号
・子供が取り組んでいるスポーツ
・子供が通っている中学校と小学校

どう調べたかは、秘密。
でもとても簡単。
私はもう、その人に手紙を送ることも、電話をかけることもできます。
インターネットのみで特定笑 恐ろしい・・・
子供の中学校と小学校と、住所が特定できたということは、通学路も特定できました。
スポーツをしてる子なので、帰りが遅くなることもあるんじゃないですかね。
一人でいるところに、声かけるのも容易そうです。
ゴミ捨て場も特定しました。
ゴミを見れば、もっと沢山の個人情報を入手できます。
	
子供の中学校と小学校と、住所が特定できたということは、通学路も特定できました。
スポーツをしてる子なので、帰りが遅くなることもあるんじゃないですかね。
一人でいるところに、声かけるのも容易そうです。
ゴミ捨て場も特定しました。
ゴミを見れば、もっと沢山の個人情報を入手できます。
	
変な話。
刑事ドラマのセリフのようなことを言いたくなりました。

「俺が若かったときは足使って汗流しながら調べたもんだが、今の若いもんは、PC一つで全部やっちまうんだな〜」

と。
PCどころか、スマホ一つで調べられるよ。
本当、本当に。
	
ストーカー規制法は制定されましたが、インターネットに個人情報が溢れる今、ストーカーにとっては花の時代なのではないでしょうか。
正直罰則も甘いし、「別に死刑になってもいいや」っていうくらいのストーカーにとっては、ただただ便利になっただけで、何も変わってないと思います。
	
なので、顔写真とか近所の写真とか、アップするの、絶対にオススメいたしません。

盗聴されてもいい!
尾行されてもいい!
ゴミ漁られてもいい!
イタ電もOK!
尾行も歓迎!
気持ち悪い手紙も待ってる!

っていう人以外は、本当に気を付けてください。
	
以上、元ストーカーからでした。

…本当に今は、何も法を犯してないよ!←
	

「別にストーキングされても平気よ」は危ない!

「別にストーキングされても平気よ」って言ってる人がいますが、本当かな?

人の心を壊すことは、とても簡単です。
手間はかかりません。
なぜなら、少しだけ壊せば、あとは自分で勝手に壊れてくれるからです。

『こちらの正体を明かさない』という方法を使えば、とても容易なんです。
	
私は匿名でストーキングはしたことありませんが…

例えば住所を特定して、ゴミ捨て場も特定するとします。
漁ったあとのあるゴミ袋を、その人の自宅の前に置いておきます。
そうするとその人は「誰がやったんだろう?」って、考えますよね。
そうやって周りを見ると…
	
その人の通勤路が分かれば、
「今朝の◯◯線、混んでましたね。近付けて嬉しかった」
って、手紙を投函すれば、その人は『誰かがどこかから私を見てる』という緊張を、ずっと抱かなくてはいけなくなります。
本当には、電車なんて乗ってなくていいんです。
それだけで、人は勝手に壊れます。
	
何人も、疑わしい人が出てくるんですよ。
隣の奥さんが最近はそっけないなとか、職場の同僚にこの間仕事頼んじゃったなとか、友達に嫌われることしたかも、元恋人に恨まれてるかも、あのときフッたあの人…

そうすると、他人の些細な言動が少しずつ気になりだし、もう、前の日常には戻れません。
	
家に帰った瞬間に電話鳴らすとか、職場や実家にも被害が及ぶとか、そういうことが続いても犯人の正体が分からない場合、被害者は、被害のないことまで心配し始めます。

『今朝出て行ったときと部屋の物の位置が変わってる』

そんな思い込みから始まって、被害者が被害者本人を、壊すんです。
	
だからね!ダメだよ!
安易に「ストーキングに遭っても平気だと思う」なんて言ったら!ダメ!
人を壊すのが趣味の人もいるんだよ!!
周りが誰も信じられなくなっても平気かって言ったら、無理でしょ?
特定できない誰かにストーキングされるって、そういうことなんです。

気を付けてね。
	

【休憩】ロマさんも相当ヤバい元ストーカーでした笑

念のためもう一度言いますが…

私は!匿名の!ストーキングは!
したことありません!!!
されたことはありますけど。

私は、住所調べたら家の前でニコニコしながら待ってて「遅かったね♡早く家入ろ♡」とか勝手に言い出すタイプのストーカーでした。
過去ね!過去!!!
サイコパスすぎる笑

本当のストーカーは本当に危ないらしい

お前らなぁ!
甘いんだよ!
本当のストーカーなめんなよ!!!

自宅を特定するだけでなく手紙投函したり帰り待ってたりしてからがストーカーなんだよでも自宅をまずは特定されないように注意しろよな!!以上!!!
	
なんか、髪色がお人形さんみたいに可愛くて、恐らく若い女の子であろうアカウントから

「写真晒すより特定する方が悪いし!」

みたいなこと言われてるんですけど、そんな当然のこと言われても、この髪色だとどんな洋服着てるんだろう?やっぱりドールみたいな感じなのかな?しか考えられません。
	
例えば、午前二時のひと気のない道を露出の多い洋服を着た女の子が一人で歩いていて痴漢に襲われたとしても、そんなの、女の子より痴漢が悪いに決まってる。

でもね、午前二時のひと気のない道を露出の多い洋服を着た女の子が一人で歩くのは、悪いことじゃないけど、危ないでしょ?
その発想があぶねーwww やはり夜道は危険
別にいいんだよ。

子供の顔晒そうが、子供の通ってる小学校の外観を晒そうが、近所の風景晒そうが、全然!全然悪いことじゃないよ。

たださ、危ないよ。
	

元ストーカーからのストーカーへ助言

RT>

夫とはその通りの馴れ初めですが…
しかし、全国のストーカー諸君。
ストーキングはやめた方がいい。
上手くいったかもしれないであろう恋も、たくさん失ってきたよ、私…
	
高校生の頃、好きな人に告白してはフられ続けて、ずっとくっついて追いかけて、

「なんでも言うこと聞くので付き合ってください!食えと言われればこの草だって食べます!」

って言ってそこに生えてた名も知らぬ雑草をぶちぶち抜いてむしゃもぐするような可愛いストーカーだったよ、私は。←
	
そしてそれを見た意中の人は真顔で

「おいしくないでしょ?」

って聞いてきて、その冷静さにまた心鷲掴みにされたよ。それから3年間毎日のように手紙を渡し、雨の日も風の日も後ろをくっついて、邪魔にされ怒られ、なんだかんだあって今ではその人が夫です。
草は、まずかったです。
	
でも、普通のアピールしておけば、もっと早く付き合えたかもしれない。
『ストーキングしたから付き合えた』という展開は、あり得ないのだよ。ストーカーのみなさん。
嫌がられることは止めましょう。
草を食べるのは、色んな意味でまずかったと思います。
	
------------------------------

さて、元ストーカーであるロマさんの言葉を受け止めるとやはりストーカーというのはものすごく危険な存在なのではと感じていまったのですが、いかがでしょうか?

好きになる感情は大いに賛成ではあるのですが、踏み込んではいけない線引きというものが世の中には存在しており、その線引きがわかっていようがわかっていまいが自分の気持ちをストレートに表現したい!っていうのがストーカーなのかなとも感じました。

ストーカーがいかに怖いのかを語ってくれたロマさん。さすが元ストーカーというだけありました。インターネットで必要以上に個人情報を露出しないほうが良い事もわかりましたね。

とはいうももの他人事ではなく、自分自身が「恋の盲目」にかかってしまいストーカー認定される方も多々いらっしゃいます。
こんな行動はいけないと心に誓いながら生きて行きたいと思いました まる

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。