• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【ニトリ】サイトリニューアル大失敗したニトリ システムエンジニアを急募していた

【ニトリ】サイトリニューアル大失敗したニトリ システムエンジニアを急募していた

Posted date:
【ニトリ】サイトリニューアル大失敗したニトリ システムエンジニアを急募していた
おねだん以上のニトリがお値段以下のとこに発注してしまったの?(´・_・`)
誰がうまいこと言えとwww

で・・・ハローワークにてニトリが急募をかけていましたよっと

≪急募≫システムエンジニア【開発】/札幌市北区
株式会社 ニトリ 東京本部 -北海道札幌市北区 - 正社員

    採用人数:12人
    受理日:6月4日
    有効期限:8月31日

出典:≪急募≫システムエンジニア【開発】/札幌市北区 - 株式会社 ニトリ 東京本部(ID:13100-05583751)のハローワーク求人- 北海道札幌市北区 | ハローワークの求人を検索

	

ニトリの急募内容

必要な経験:Oracleデータベースの基礎知識WEBアプリケーション開発経験者(Java)

という事でバックエンドはJavaだったみたいです。
ニトリSEの求人が「正社員」「12名」「急募」でやばいという話ですが、
「受理日:6月4日」てのを見るとどういう時系列で何が起きたのか想像したくなってしまう。
	
急募12名のOracle使えるJavaの人!by ニトリ。昨日の今日でこれやばいやつや……。逃げたのか切られたのか、最悪飛んだのか……。 / “≪急募≫システムエンジニア【開発】/札幌市北区 - 株式会社 ニトリ 東京本部(ID:…”
	
運用も10人急募って完全にアカンやん。何があったんだろう>≪急募≫システムエンジニア【運用・技術】/札幌市北区 - 株式会社 ニトリ 東京本部の求人- 北海道札幌市北区
	
受理日6/4って事は、システム更改のリリースちょっと前から人手が全然足りなかったということかな。
	
急募で新規チームになりそうな感じで、この給与かぁ。
まさに「お値段以上」のことさせるアトモスフィア充満してんなー。
	
これからは交渉の場で
「いいんですか…?ニトリみたいになりますよ…?」
って言い回しをするSEが増えるんだろうな(勝手な妄想)
	
ニトリの求人、王子神谷で面接して札幌でお仕事・転勤なしとか、屯田兵めいている(戦慄)
	
ニトリのSE募集、勤務地北海道で月25万円〜40万円ボーナス2ヶ月ってそこそこいい気がする
	

爆死したニトリの通販サイトが7日ぶりに復旧

 家具専門店のニトリは23日夕方、システムトラブルで閉鎖していた自社のインターネット通販サイト「ニトリネット」をほぼ7日ぶりに再開した。

 再開後の新たな通販サイトでは、購入した商品の配送状況を確認できるほか、全国の店舗の在庫の状況を表示する機能も備えた。ニトリは通販サイトを安定して運用できるよう調整作業を引き続き進めるとしている。

出典:ニトリ、ネット通販サイトが復旧 7日ぶりに再開  :日本経済新聞

	
ニトリ復活か。それにしても重いなぁと思ったら、トップページですら無駄な改行も含めて約9,000行のHTML。Yahoo! Japanで1,100行弱だからどれだけ異常か…
	
軽い気持ちでニトリのソースコード見たら8000行あったのでそっと閉じました
	
ニトリ()のHTML、開発体制が悲惨だったんだな、という印象を与えるくらいには「学び」に満ちあふれているので、綺麗になる前に(なるならばの話だけど……)一度読んでおいたほうがいいと思う
	

まあ・・・中の人たちおつかれさまです

今回の爆死はおそらく期限がキツキツで起こったんじゃないかと推測する

チェックすらままならず、少しだけテスト環境で確認しただけで本番に上げて爆死
こんな感じなのではと
HTMLがー
検索がー
バックエンドがー
って問題はまだまだ山積みなのだが・・・

中の人は生死が危ぶまれるほど体力・MP共に限りなく「0」に近いので、休んでいただきたい

おつかれさまでした。
HTMLを読んだ限り、ニトリの炎上を回収した人は、動くところまで持っていったのだから、一ヶ月間の特別休暇を支給してゆっくりと療養して欲しいという気持ちしか無い
	
ニトリのサイトが復活したようです。中の人お疲れ様でした!
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。