• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
思わずスゴイと言ってしまう黒板アート感動の品々をまとめてみました

思わずスゴイと言ってしまう黒板アート感動の品々をまとめてみました

Author:
SuteraSutera
Posted date:
Update date:2017年11月12日
思わずスゴイと言ってしまう黒板アート感動の品々をまとめてみました

黒板アートの世界へようこそ!!

学校にあるのは勿論黒板ではないでしょうか。どの教室にも必ずあります。誰もが必ず先生が書く文字や図形を見て勉強した黒板。入学式や卒業式に書かれた送る言葉の数々。そんな黒板ですが、近年では黒板でアートしちゃおうと言う。とてもきれいで、いつまでも消したくない黒板アートの数々をまとめてゆきたいと思います。時々更新します。

そもそも黒板アートって何?

学校と言えば黒板とチョークと黒板消し

誰もが一度は触ったことのある学校のアイテム
黒板にチョークで描かれた絵や文字等の作品。黒板ならではのスケール感とチョーク独特の温かみ、いずれは消されてしまう“はかなさ”も魅力となり、ここ数年大きな話題となっています。

出典:第2回 日学・黒板アート甲子園

学生ならではの感性やデザイン。若い発想・アイディアがすばらしい作品の誕生につなっがっている。

映画を題材にした黒板アートがきれい

われらがマリオさんの黒板アート

もはや知らない人は居ないくらい超有名なマリオ。濃淡だけでここまで描けるのはスゴイ
ゲームのキャラクターって全ての世代に人気がありますよね。

「君の名は」の黒板アート

完成度が高く映画のワンシーンを思い出しますね。
もう一度映画を見たくなってしまいます。
ほうきに乗って空が飛べたらどんな気持ちになるんでしょう。

天空に浮かぶお城(白チョーク)

幻想的です。モノクロ写真のようで赴きある雰囲気がとても素敵です。
ポートレートと思ってしまうモノクロの黒板アート

天空に浮かぶお城

チョークでここまでのクオリティーを出せる事はとてもすばらしい才能ですよね。
雲がもくもくと動き出しそうです

アナと雪の女王

女の子の夢がつまっった映画を黒板に描かれてます。オーロラが揺らめいているように見えとても幻想的です。
当時高校3年の女子高校生の作品だそうです。
黒板に魔法がかかったみたい

有名絵画を黒板アートで

美術・デザイン科の生徒さんが作成

東北生活文化大学高等学校の生徒さんの作品。最後の晩餐
細かいところまで描かれたこれぞ黒板アート!と言う一品です。
美術・デザイン科では黒板アートを制作しました。チョークで描く大作はデッサンとは違った難しさがあり、生徒は悪戦苦闘をしていましたが黒板アートの面白さに目覚めたようです。放課後を3日間かけて制作した作品をご覧ください。

出典:黒板アート | 文化部, 美術部 | 部活動ブログ | 東北生活文化大学高等学校

細かい点まで描かれており、製作にものすごく手間と時間がかかることが伝わってくる黒板アートの一品です。絵画にも引けをとりません。

ラッセンの作品のようにきれい

こちらは黒板アート甲子園で特別賞をとった作品だそうです。
ラッセンは海を題材にした作品を多く輩出されておられ、お家に飾られている方も多いかと思います。

富士山の黒板アート

日本のシンボルのふじさん。モノクロだからこの品質の高さ!と思わず唸ります。
昔銭湯などどこの町にもあり銭湯画でおなじみの富士山がロマンティックです。

ショップでは黒板アートでお出迎え

喫茶店のアート

コーヒーショップと一目でわかります。思わず立ち寄ってしまいそうです。
パステルカラーがとっても素敵
喫茶店など視覚で一目でわかる工夫が目と心を潤してくれます。

ワンちゃん達の黒板アート

ペットグッズを取り扱うお店のアート犬好きにはたまらないかわゆさがあります。
動物の生き生きとした仕草や表情がかわいくて仕方ありません。

卒業生に送られた黒板アートの数々

思わずジーンとくる先生のアート

黒板アートと言うとアニメキャラクターなどを題材したものが多いですが、こちらは先生から送られた生徒さんへのメッセージ。何回でも読み返したくなる心温まるメッセージです。
先生の身にしみる言葉。恩師の言葉は心に残りますよね。

海外でも取り上げられてます

先生が生徒さん一人ひとりの名前を書き出し送った言葉のようです。感動は世界共通なんですね。
フランスのホームページでも取り上げられています。すばらしい。感動に国境がないことがしょうめいされていますね。

悟空さんも卒業式のお祝い

元気な声で卒業を祝ってくれそうな孫悟空さんの黒板アート。また戻ってきそうな予感。
「おら悟空げんきでやれよ!」ってエールを送ってくれそう。

先生からのプレゼント

先生が生徒の皆さんに送られた黒板アートだそうです。生徒を送り出す先生の気持ちが伝わってくる。アニメのワンシーンでなおよし。
先生もがんばって描かれたのですね。

教師と先生の学習風景が胸を打つ

勉強中の教室を描いており、楽しかった高校時代を感じさせてくれます。先生が数式書いている細かい点もクオリティーが高いと思います。
入賞作品だけあってとてもスゴイ力作です。
独自デザインでよくここまで描けたなーと共感してしまいます。

浮世絵が独創的に描かれてます

葛飾北斎を彷彿させる?作品ですね。たこかわいいと聞こえてきそう。
日本らしい風景を描写した作品です。

さくら並木が綺麗に

桜舞う季節それは卒業をイメージします。素敵なワンシーンですね。手作り感が感情を誘います。
思わず卒業ソングを流しながら見ていたいですね。

ONE PIECEの有名シーンが黒板に

仲間、同級生との別れを大事な思いにしたい気持ちが、思わず見ているこちらも貰い泣きしてしまいそう。
仲間がきっと支えてくれる、勇気づけてくれる。

心のこもった黒板アート

娘さんが描いた黒板アート。心の穏やかさが伝わってくる作品です。
作者の優しい気持ちがあふれてる。

黒板アートの大会はあるのか?

大会あるなら出場したい

黒板アートの大会はないの?
探してみました。
黒板アートの大会とかイベントって誰か開催してくれないかな?
「日学・黒板アート甲子園」は、日本国内の高等学校・高等専門学校に在籍中の生徒を対象に、黒板をキャンバスにチョークのみで描いた「黒板アート」を募るコンテスト。

出典:「黒板アート甲子園」の入賞作品が決定! - 全国の高校生から力作が集結 | マイナビニュース

ますます黒板アートの世界が身近にそして無限大に広がりを持ってゆきそうです。
今後は数多くの大会やコンテストなど新聞社はもとより雑誌・TVなどのメディアを含め多くの主催者が現れることが、黒板アートの発展へとつながってゆくのではないかと確信しています。

黒板アートの世界をまとめてみて感じたこと

青春時代

どなたにもある青春時代。色あせても重いでは色あせない。

黒板と言えば

学校をまず最初に思い浮かべます。皆さん思い出すのは学生時代の思い出。楽しいことも辛いことも、感動したことも。日々毎日見つめていた黒板に多くの思い入れが詰まっている方が多いのも事実です。ですから一生消えることのない心の引き出しに思い出を詰め込んでおきたいですよね。そういった気持ちを黒板アートでより美しく伝えたいと言う学生の気持ちを感じました。

子を持つ親の気持ち

いつだって愛おしいものですよね。自分の時代も子供の時代も学び舎での数々の思い出がよみがえってきますが、入学式や入学式など人生の節目に黒板アートがあればよりキラキラとした思い出に代わるでしょう。

今までの黒板って

数年前までは「黒板に落書きするな!」と先生などに怒られた方もいらっしゃると思いますが、近年では、ただの落書きではなくアートとしての位置づけが確立され始めました。美術・アート部などでも手掛けられておられる学校も近年では増えてきているように感じます。

黒板アートの大会って

現に黒板アートの甲子園と言われる大会が開かれるほど広まってきています。黒板アートはまだ始まったばかり!学生の想像力を生かして様々な感情豊かで、多くの人を感動させる作品を発表してもらいたいと思います。

SNSでお友達で感動を

共有でき色あせることなくいつでも見直すことが出来るので、多くの方に共感を得ることは間違いありません。友達同士で描いた黒板アートの思い出をいつまでも大事にしてほしいと心から感じました。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Sutera

お気に入り登録や人に紹介していただける記事を書いてまいりたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします。