• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「となりのトトロ」の続編!その名も「めいとこねこバス」!あらすじは?DVD化してる?ジブリ美術館ってどんなとこ?

「となりのトトロ」の続編!その名も「めいとこねこバス」!あらすじは?DVD化してる?ジブリ美術館ってどんなとこ?

Author:
Sharetuber_NSharetuber_N
Posted date:
「となりのトトロ」の続編!その名も「めいとこねこバス」!あらすじは?DVD化してる?ジブリ美術館ってどんなとこ?

となりのトトロ

田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキ・メイ姉妹が、“もののけ”とよばれ、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物・トトロとの交流を描いていくストーリー。

出典:となりのトトロ - Wikipedia

おなじみの名作。戦後の時代のお話です。

サツキのあのお弁当とか自転車3人乗りとかありましたね(笑)
実はこの、となりのトトロに続編があったのです。

それも公開されたのは2002年!ずいぶん前なのに全く知りませんでした…。

その名も「めいとこねこバス

めいとこねこバス

『めいとこねこバス』は、三鷹の森ジブリ美術館にて2002年より公開されているアニメーション映像。上映時間は約14分。カラー作品。

出典:めいとこねこバス - Wikipedia

ちょっとお姉さんになっためいと、ねこバスの子供のお話だそうです。

あらすじ

主人公のメイはある日、自宅の庭で、生き物のように振舞う不思議なつむじ風に遭遇する。メイは慌てて部屋に避難するが、つむじ風も部屋の中に入ってきてしまう。好奇心旺盛なメイはそのつむじ風を部屋の中に閉じ込める事に成功する。つむじ風の正体は、親からはぐれたこねこバスだった。メイはこねこバスに自分のキャラメルをあたえ、二人は友達となる。その夜、眠りについたメイをこねこバスが迎えに来る。メイはこねこバスに乗り、夜の空中散歩を楽しむ。やがてトトロたちを乗せた大小様々なネコバス達と共に鎮守の森に到着する。森の奥にはトトロやススワタリなど多くのもののけたちが集まっていた…。

出典:めいとこねこバス - Wikipedia

あらすじを読んでいるだけでも「14分で終わるの?!」という壮大さを感じます…。

Twitterでは

トトロの続編『めいとこねこバス』を知ってる人ほとんどいない説
ねこバスちっさ!(笑)

「ねこばあさん」も出てくるそうですよ。
トトロの続編知ってる人少ないよね
めいとこねこバス
みてみて、おもしろいよ
ねこばあさん。

めちゃめちゃ迫力ありますね…。

トトロの後ろやねこばあさんに乗っている人?はなんなのでしょうか?

「めいとこねこバス」はDVD化してる?

現在、テレビ放送やビデオ・DVD化はしていないみたいです。

ジブリ美術館、映像展示室「土星座」という所で見られるそうです。

三鷹の森ジブリ美術館

			
土星座では9作品ある上映作品を月替わりで上映していますので、めいとこねこバスの上映月に行かないと見られません。

ジブリ美術館ホームページで確認してから行くことをオススメします♪

ジブリ美術館ってどんなとこ?

受付にトトロ

ニセ受付でトトロが迎えてくれて、本物の受付の場所を教えてくれているんだそう。

宮崎駿館主とジブリ美術館オススメの本が読める

図書閲覧室「トライホークス」という所で宮崎駿館主とジブリ美術館オススメの絵本や児童書が読めるそうです。

館主オススメの本なんてがぜん興味沸いちゃいますね!

宮崎駿氏の頭の中がちょっと覗けちゃうかもしれません。

小学生以下限定でねこバスに乗れちゃう!

これはー!!!!すごい!

「ふわふわボヨヨン」とした感触らしいですよ。

子供限定なのが悔しいですが、お子さんいる方はここは是非行ってもらいたいスポットですね。

他にもまだまだ楽しめる!

他にもトトロのマックロクロスケがいたり、ラピュタのロボット兵がいたり、一日いても飽きないかもしれませんね。

カフェやショップもあるそうなので、「めいとこねこバス」以外にも楽しめる要素満載の場所です。

詳しくは公式へ

詳しい行き方や上映情報などは公式をチェックしてくださいね。
 
 
チケットは日時指定の予約制でローソンチケットでのみ販売されています。

さいごに

「めいとこねこバス」についてかなり詳しくネタバレしているサイトもあったので、より詳しく知りたい方は検索してみてはいかがでしょうか。

私は個人的に詳しく書かれるとムカつくのであらすじのみにしました。

調べているうちにジブリ美術館に行きたい熱が燃えてきてしました…。

(2017年現在)次回の「めいとこねこバス」の上映は11月だそうですよ!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Sharetuber_N