• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【洒落怖】古い仏壇(不可思議・中編)

サムネイル出典:

【洒落怖】古い仏壇(不可思議・中編)

Author:
ankouankou
Posted date:
【洒落怖】古い仏壇(不可思議・中編)

『古い仏壇』

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/28 02:47
厨房の頃、オヤジが家を新築した。
続き間の和室をふすまで仕切った一部屋がおれの部屋で、
隣は当時同居することになった叔父の部屋。

家を建ててだいぶ経ってから、なぜか本家からオヤジが仏壇を引き取ってきた。
古くてでかい仏壇。
置き場所がなくて、しかたなく叔父の部屋に置かれることになったのだが、
大きな仏壇が部屋の隅にどかんと置かれているさまは異様だった。

それ以来、おれはへんなものを見るようになった。

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/28 02:48

欄間ってわかる?(おれはその呼び名知らなかった)
ふすまの上、なげしと天井の間の短い壁面なんだけど、
おれんちのそこにはツルだかカメだかが彫られ、真ん中が開いて、
ガラス張り(透かし彫りっていうのかな)になった板がはめ込まれていた。
ってことで、おれが部屋の明かりを消すと、
続き間の隣、叔父の部屋の明かりが、透かし彫りのガラス部分から漏れてくるわけだ。
おれは真っ暗にして寝るタチだが、
叔父は蛍光灯についてるぽっちり豆電球をつけて寝るひとだった。
だからおれの部屋の天井には、
隣の部屋から欄間の透かし彫りを通して漏れる、
異様な形の黄色い光が天井に映っている、という状態だったわけだ。

ある夜、明かりを消し、布団に入って天井に目をやった。
隣の部屋からのいつもの異様な形の光が天井に映っていた。
それはゆらゆら揺れていた。大きくなったり小さくなったり・・・。
叔父が蛍光灯を消したばかりだったから、揺れているのだろうと思った。
(ふすま越しに「おやすみ」とお互い声をかけて同時に寝ていたんだ)

ところが、いつまでたっても揺れがおさまらない。

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/28 02:52

どうも揺れ方がおかしい。
自然な揺れの感じではなくて、誰かが意図的に蛍光灯を動かしているような感じ。
ブランコの揺れではなくて、
何かの機械が一定間隔で行き来しているみたいな感じなんだ。
見ているうちに光の動きはますます変になって行った。
大きくなったところでいったん止まったりする。
絶対ヘンだ。叔父がいたずらでそんなことをするわけはないし・・・。

光が小さくなる。そして動きが止まる。
終わったかな・・・?

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/28 02:53

次の瞬間、光はぐわっと爆発的に広がった。放射状に。
まるで威嚇するような動きだった。
でっかくて異様な形のそいつは、しばらくそのまま天井にとどまっていたが、
おれは何だかよくわからないものとして、そいつを見ていた。

しかし、そいつがやがて小さくしぼみ、ふたたび爆発的にでかくなったとき、
鳥肌と寒気が全身を襲った。
そこでようやく、何か異常なものにおれは遭遇しているのだと認識できたんだ。

そういうことがしょっちゅう起こった。
廊下で誰かが歩く足音を聞いたり、便所の小窓の外に白い物が飛んでいたり・・・。
金縛りにもしょっちゅうあうようになった。

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/28 02:55
しばらくして叔父の部屋を改修し、仏壇は壁の中に収納された。
すると怪現象はおさまった。

だが、おれが高校を卒業して家を出、何年もしないうちに叔父がおかしくなった。
夜中急に家から飛び出して、わけのわからないことを叫んだりするようになったんだそうだ。
手に負えなくなって病院に連れてったら、そのまま入院となり、
叔父はいまだに入院している。(もちろん精神科)

おかしくなった叔父が、夜中に叫んだ言葉ってのがいつも、
「そこに隠れてるのはわかってるんだぞ!出て来い!」だったらしい。

『オススメの怖い話リンク』

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ankou

怖い話を中心にしてまとめています。