• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
新ビジネス「医療モール」、医薬分業的にはどうなの?

新ビジネス「医療モール」、医薬分業的にはどうなの?

Author:
tamatama
Posted date:
新ビジネス「医療モール」、医薬分業的にはどうなの?

どんなビジネスモデルなのか

「医療モール」とは

医療モールとは、診療科が異なる複数のクリニックと調剤薬局が一つの建物や敷地に集まった医療施設のことをいいます。 

出典:医療モールとは|医院・クリニック開業のメディカルセンター.JP

各科目の専門性を活かし、患者さまが質の高い医療サービスを受けられるようになります。
モールと聞くと小売業、飲食業、旅行代理店など専門店が集まったショッピングモールを想像すると思います。医療モールも同じです。内科、皮膚科、整形外科など複数の診療科と調剤薬局で構成される集合体です。

出典:医療モールとは|まごころ薬局

	
都市部では、ビル内の複数階にまたがって入る形態が多く、また地方では、駐車場を共有して複数の診療所が立ち並ぶ形態もあります。

出典:医療モールとは|金融経済用語集

前者をビル型、後者をヴィレッジ型といいます。
地主やビルのオーナーにとっては、イメージがよく、不景気にも強いという印象があるため、近年、大都市圏を中心に増えてきた。

出典:医療モールは“冬の時代”に著名な運営会社も相次ぎ破産 | inside | ダイヤモンド・オンライン

	

従来の門前薬局で抱える経営リスクを回避

門前薬局が抱えている問題というのは、どうしても調剤薬局ひとつに患者が集中してしまうというところです。

出典:門前薬局とは~役割とメリット・デメリット~ | 薬剤師の求人・転職の最前線【いまどき薬剤師の仕事術】

	
何らかの形で「門前薬局」への減額の方針が検討されている。

出典:門前薬局に逆風。「かかりつけ薬局」の更なる推進へ - 医療ニュースハック

特定の医療機関から処方箋を受け取る率が非常に高く、隣接ないしは近隣にある薬局、いわゆる門前薬局の診療報酬を減らす
経営のほとんどの要素が医院に左右されてしまいます。

出典:面分業と点分業 | 薬剤師の転職相談所 -ファーマシストライフ-

したがって、医院が流行らないと経営も成り立たず、医師次第で売上も左右されてしまいます。また、開業する場所も選べません。
月に平均4000回以上の調剤を行い、集中率が7割を超えている保険薬局と、月に平均2000回以上の調剤を行い、集中率が9割を超えている保険薬局は処方箋受付が25点となる規制です。それ以外では、41点としています。

誰もが得をする、win-winの関係

高齢者などの患者にとっては受診面で利便性が高く(ニーズにあった診療が受けられ)、一方で開業医(医師)にとっては、認知度や集客(患者集め)などの経営面、また専門性特化や診療連携などの医療面においてメリットがあります。

出典:医療モールとは|金融経済用語集

	
各ドクターは専門性を活かすことで各々質の高い医療を提供することができます。複数の疾患を抱える患者さんは1カ所で受診することができ、医療モール薬局において患者さんのすべての薬剤管理ができるため、重複投与、相互作用のチェックができます。

出典:医療モールとは|まごころ薬局

薬剤師は複数の処方箋を引き受けるので、さまざまな患者さんと接することでより多く服薬業務に携わることができ、偏りのない幅広い知識、服薬指導技術の向上が見込めます。
クリニックモールは開業時の初期費用を抑えることができます。なぜなら、事務室や職員の控え室、トイレなどの間接スペースが削減でき、駐車スペースも共有化し賃借面積を抑えることができるからです。

出典:MediMedi 【開業前 開業地・物件】 失敗しない!クリニックモールでの開業で気をつけるべきポイント

	

保険の観点から見た、医療モールの3つの問題

医薬分業の理念を損なう

ビジネスの構造上は病院の下請けのようなものです。処方元の医師との間に絶対的な主従関係が生まれてしまうので、立場が非常に弱くなってしまいます。

出典:調剤薬局薬剤師のデメリット | 薬剤師の仕事研究室

これは門前薬局にも当てはまります。
医療機関と従属関係に陥るのではないかという意見、また、そもそも点分業するくらいなら院内調剤の方が患者さんも面倒でなくて良いのではないかという意見もあります。

出典:調剤薬局業界の現状

	
病院と経営的な癒着があると、薬局側は病院に意見しにくくなる。それだと病院の外にわざわざ薬局を作る意味がないですよね。

病院・薬局間で賃貸関係が生まれる

クリニックモールには企画・運営会社が存在します。調剤薬局、ドラッグストアが最も多い形態です。クリニックモール内での調剤薬局出店には大きなメリットがあるからです。

出典:MediMedi 【開業前 開業地・物件】 失敗しない!クリニックモールでの開業で気をつけるべきポイント

薬局が医療モールの事実上のオーナーである場合さえある。
医療モールのテナントは診療所と薬局がそれぞれ賃貸契約をしているのだろうが、そこに不透明さがある。

出典:InsideOutside 開設相次ぐ医療モール 医薬分業の理念に合っているのか | 日経ドラッグインフォメーション | 日経BP記事検索サービス

病院側と薬局側が協議して、薬局側の家賃が高くなって病院側の家賃が安くなる、なんてことがあるかも?

調剤基本料の「特例逃れ」の温床に

通常は41点を算定するが・・・

			
調剤基本料1以外は調剤基本料の特例と呼ばれ、低い点数を算定することになります。

出典:調剤基本料特例除外のためにやるべきことを具体的に解説する - 薬剤師による調剤薬局の仕事解説

特定の病院の集中率が高い、卸取引において未妥結取引が多い、などにより特例扱いになります。
4月の診療報酬改定で、処方箋受付回数が月間2500回超で特定の医療機関の集中率が9割を超える薬局は、特例として調剤基本料が引き下げられることとなった。

出典:InsideOutside 開設相次ぐ医療モール 医薬分業の理念に合っているのか | 日経ドラッグインフォメーション | 日経BP記事検索サービス

これは2014年度の改定のお話。2016年度改定では2000枚超となりました。
なんにせよ、医療モールだと集中率が分散されますので、調剤基本料1(41点)を算定しやすくなるわけです。

今後は少しずつ見直される、と予想

医薬分業の意義を再確認

医薬分業は医師と薬剤師の権限を独立させ、それぞれが専門性を発揮して患者の利益に貢献することです。

出典:調剤薬局薬剤師のデメリット | 薬剤師の仕事研究室

医師の処方が患者にとって有益なのかを判断するのが薬剤師の職務である以上、処方について疑わしい点があればはっきりと医師に意見するべきです。
薬剤師は調剤するときに薬の組み合わせや量により、患者さんに副作用がでたりしないように確認をしたうえで調剤しますが、このような制度のことを「医薬分業」と呼びます。

出典:医薬分業とは

この「医薬分業」については、国をあげて具体的には厚生労働省が、現在も推進しています。
ヨーロッパでは800年近い歴史があり、神聖ローマ帝国のフリードリヒⅡ世(1194~1250年)が毒殺を怖れて、主治医の処方した薬を別の者にチェックさせたのが始まりと伝えられています。

出典:日本薬剤師会

毒殺が横行していた時代にできた制度です。
医師が自分の手元にある薬だけを使ったり,薬を多く使って収入をあげたりする弊害を防ぐのが目的。

出典:医薬分業(いやくぶんぎょう)とは - コトバンク

薬剤師は「過剰な薬の使用を控えさせるための存在」でもある。
医薬分業を推進することにより、薬の過剰投与や副作用などの問題も未然に防止され、その結果、医療費を適正化することが期待できます。

出典:医薬分業の目的

	
薬局が次々と医療モールを建てることで、医薬分業の意義を問う声が高まりかねない。

今や乱立気味で、集客は見込めない?

都心部では医療モールが乱立気味となり、かつてのような目新しさと集客効果がなくなりつつある。ほかに患者を紹介せずに、患者を囲い込むことも多い。

出典:医療モールは“冬の時代”に著名な運営会社も相次ぎ破産 | inside | ダイヤモンド・オンライン

たとえば、花粉症ならば、耳鼻科や眼科には行かずに、行きつけの内科ですませてしまう患者が大半。医療モール内で複数の診療を受診する患者は10%もいたら多いほう
豪華でゆったりとした共同スペースに、コンシェルジュを配置しただけのようなハードに頼った医療モールはどんどん廃れていっています。医療モールが乱立し、目新しさがなくなった今、こうしたハードの豪華さと商業施設に頼った利便性だけでは患者は集まらなくなっています。

出典:成功する医療モール(メディカルモール)の開業

	
すでに近隣に病院やクリニックがあって、今更医療モールを立ち上げても儲からなさそうなのでできません。まとまった土地を確保するのも大変ですし。

出典:調剤薬局が乱立していますが、調剤企業として経営は成り立つのです... - Yahoo!知恵袋

	

賃貸契約があると、調剤基本料が引き下げに

調剤基本料3 20点
規模の大きい薬局グループ、いわゆる大手チェーン薬局に対する点数と言われているものです。

出典:細分化される調剤基本料~H28年(2016)調剤報酬改定① - 薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

	
調剤基本料3はいわば、大手薬局チェーンが儲けすぎないように設定された区分です。

出典:12種類ある調剤基本料の完全解説 - 薬剤師による調剤薬局の仕事解説

該当要件は、同一グループの保険薬局の処方せん受付回数の合計が月4万回超のグループに属する保険薬局であり、かつ以下①、②のいずれかに該当する薬局です。
①集中率95%超
②特定の保険医療機関との間で不動産の賃貸借取引がある
グループ企業で集中率が95%を超えるまたは不動産の賃貸借契約がある薬局が調剤基本料3の20点になる。95%はまさに門内薬局を想定しているのか。

出典:医療・介護を支える継続企業の知恵袋 ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

不動産賃貸云々は、医療ビルや医療モールを対象にしているのだと思います。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
tama

気ままに働く薬剤師。 医療情報を中心にまとめています。