• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「話さなかったら誰かが同じ目にあう」レイプ被害者・伊藤詩織さんが実名で立ち上がる
殿堂

「話さなかったら誰かが同じ目にあう」レイプ被害者・伊藤詩織さんが実名で立ち上がる

Author:
whitework_jpwhitework_jp
Posted date:
Update date:2017年10月31日
「話さなかったら誰かが同じ目にあう」レイプ被害者・伊藤詩織さんが実名で立ち上がる
	
私は2年前にレイプされました。悪夢の始まりでした。レイプ救援センターや警察に助けを求めましたが、どこも助けてくれませんでした

出典:伊藤詩織さんに海外ジャーナリストが聞いたこと「日本でレイプがあまり報じられないのはなぜ?」

	
アメリカでジャーナリズムを勉強し、TBSワシントン支局長だった山口敬之氏と面識があったフリージャーナリストの伊藤詩織さん。日本に帰国後、山口氏から仕事を紹介すると誘われて食事へ。
ところが、2軒目のお店で突然記憶を無くして、ホテルに連れていかれた後、山口氏にレイプされたと訴えています。
動画は2017年10月24日の外国特派員協会(FCCJ)での記者会見の模様。

山口敬之(やまぐちゆきのり)氏

1990年にTBS入社以降、日本国外のさまざまな重大事件を取材。雲仙普賢岳火砕流、ネルソン・マンデラ大統領誕生、ルワンダ紛争、パレスチナ紛争、在ペルー日本大使公邸占拠事件など。
 
TBS在職中は、海外支局への赴任や社会部、政治部、外信部などを担当し、ワシントン支局長にも就任。
2016年5月30日付けでTBSを退職
明け方、〈身体に痛みを感じて〉目がさめると、ホテルの一室で裸にされた仰向けの自分の体のうえに山口がまたがっていた。逃げ出そうとすると、乳首からは血が流れており、その目に避妊具をつけていない山口の陰茎がとびこんできたという。彼女は避妊もされないままレイプされていた

出典:“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕|LITERA/リテラ

	
酔って記憶をなくした経験は一度もありません。私は薬(デートレイプドラッグ)を入れられたんだと思っています

出典:“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕|LITERA/リテラ


詩織さんが「週刊新潮」に語った内容より。仮に薬を使われていなくても、山口氏の行為は「準強姦罪」に値する。 準強姦罪の定義:人の心神を喪失若しくは抗拒不能に乗じた姦淫
この事件は高輪署が捜査。監視カメラやホテルのベルボーイ、タクシー運転手などへの確認した結果、山口氏の容疑が濃厚になりました。

詩織さんが主張する、証拠が得られている事実は以下のようなものです。
1、当時TBSワシントン支局長の山口氏とフリーランスのジャーナリストである私は、私がTBSワシントン支局で働くために必要なビザについて話すために会いました。

2、山口氏に会ったのはそれが3回目で、2人きりで会ったのは初めてでした。

3、そこに恋愛感情はありませんでした。

4、私が泥酔した状態だと山口氏は認識していました。

5、山口氏は自身の滞在しているホテルの部屋に私を連れて行きました。

6、性行為がありました。

7、私の下着のDNAを検査したところ、そこに付いたY染色体が山口氏のものと過不足なく一致したという結果が出ました。

8、意識のないまま引きずられている私が映ったホテルの防犯カメラの映像をタクシーの中で降ろしてほしい、駅で降ろしてほしいと繰り返し私が言っていたというタクシー運転手の証言など証拠を集め、警察は逮捕状を請求し、裁判所はその発行を認めました。

9、逮捕の当日、捜査員が成田空港で帰国する山口氏を待ち受ける中、当時の刑事部長の中村氏によって逮捕が突然取りやめられました。

出典:ジャーナリスト・伊藤詩織さんが会見(全文1)逮捕見送り問題報じた社はなし (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

	
山口氏は薬を使ったこと・レイプについて否定し、セックスは合意の上でのことと主張。しかし、酩酊状態の詩織さんをホテルに連れて行った点については認めています。
妊娠を心配する彼女に「精子の活動が著しく低調だという病気です」と“中出し”を言い訳する

出典:(2ページ目)“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕|LITERA/リテラ

「週刊新潮」には詩織さんと山口氏とのメールのやり取り画像も公開されており、山口氏のメール文章にはこう書かれていた
また、昨年出された東京第六検察審査会の「不起訴相当」判断について、代理人弁護士を通じてコメントを発表。自分の名誉を傷つけるような報道がされた場合には、法的措置を取ることも検討すると。
花田「なぜホテルへ」
山口敬之「駅で降ろせる状態ではなく、やむ無く、やむ無くホテルの部屋で休んでもらうしか無く、しょうがないからホテルに行き先を変えた」
花田「酔っ払った女性は嫌」
腐った身内でチマチマやってねぇでFCCJ会見しろ。
	

取り下げられた山口氏への逮捕状。 その裏には官邸による圧力が?

山口氏が米国から帰国する2015年6月8日には、成田空港で捜査員が逮捕執行のため捜査員が待ち構えていましたが、上層部からストップがかかりました。
事件の中身として、(逮捕は必要ないと)私が判断した。(捜査の中止については)指揮として当然だと思います。自分として判断した覚えがあります

出典:(3ページ目)“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕|LITERA/リテラ

当時、これを逮捕の中止を決めた警視庁の中村格刑事部長はこう語っていますが、この職位の刑事部長が介入するのは異例の事なのだそうです。
この中村氏、今では菅官房長官の片腕として有名な警察官僚です。
その背景には、安倍首相周辺との親交が関係しているのでは、との推測が・・・
山口氏は当時、まだTBSの記者だったが、安倍首相とは2006年にいっしょに靖国神社に極秘参拝するなど、第一次政権前からズブズブの関係を築いていた。菅官房長官とも、その著書で明らかにしているように、当時、安倍首相返り咲きのために頻繁に情報交換をしてべったりの関係を築いていた。

出典:(3ページ目)“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕|LITERA/リテラ

	
安倍首相と昵懇の見城徹氏率いる幻冬舎から安倍首相のPR本『総理』を出版し、評論家デビューを果たす

出典:(3ページ目)“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕|LITERA/リテラ

	
「週刊文春」(文藝春秋)15年4月2日号に掲載された「歴史的スクープ 韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!」。旧日本軍の従軍慰安婦を糾弾する韓国へのカウンターとして書かれたもので、実はネタ元は官邸、菅官房長官ともいわれていた

出典:(3ページ目)“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕|LITERA/リテラ

	

山口氏の逮捕見送りは2年以上、マスコミに無視された

詩織さんは事件の後、さまざまなメディアに相談したそうですが、問題を正面から報じるメディアは1社もなかったと言います。しかし、(衆院選が終わったからなのか)マスコミでもようやく報道され始めています。
「レイプ被害の救済システム整備を」 伊藤詩織さん会見
	
伊藤詩織さんの事件、メディアでやっと取り上げてくれた。
ありがとう、モーニングクロス
	

現在の司法では、準強姦の被害は起訴できない。 警察や検察に存在する無数の「ブラックボックス」

詩織さんは検察の不起訴という判断に対して、検察審査会の不服申し立てを行っていました。それについて2017年9月22日、検察審査会は不起訴相当という議決を下しています。
検察審査会は検事が出した判断を見直して精査する場。審査会の場に申立人が呼ばれ、事情を聞かれることもある。
詩織さんは必要な資料や証言を集めて提出しましたが、彼女も弁護士も審査会に呼ばれることはなく、議決が出たあともそれに対する説明はなかったそうです。

申し立ての中では、彼女がタクシーから降ろされホテルへ引きずられていく防犯カメラの映像を審査員の方々に見てもらうよう頼んでいた。
しかし、実際に動画として証拠が提出されたのかどうかも不明、「検察審査会法26条」を根拠に一切の回答もなかったと言います。

レイプ被害への社会の意識を変えていくこと、 被害者を救うシステムが必要

警察、司法、マスコミなど、いまの日本の社会システムはレイプ被害者の人権を守らず、逆に加害者の名誉を守るようなものになってしまっています。 日本でも5%以下の被害しか報告されていないように、世界中でレイプを報告することはある意味タブー。詩織さんはこれを問題提起すべく、自らの顔も名前も晒すことを決心したのです。
詩織さんすごい。私は心底驚いた。
こんなしっかりした優秀な女性が日本にいたということに。
【中継録画】暴行被害訴えた伊藤詩織さんが外国特派員協会で会見 | THE PAGE より
	
詩織さん@外国特派員協会
私は自分のことを強いとは一切思っていない
すごく悩みました
この話をしたら、もうこの業界では働けないと言われていたから
自分の中で唯一クリアーだったことは
自分で真実に蓋をしてしまったら
真実を伝える仕事であるジャーナリストとしてもう働けないと思っていた
	
伊藤詩織さんの会見に心揺さぶられない人はないだろう。涙の顔を晒しての最初の会見、それまでも葛藤はあったろうに、今回は覚悟を決めてのフルネームの会見なのだ。我が国の警察権力、逃げ回る男とその裏に広がる大きな闇を思う。どうにもならないものなのか。せめて痛みへの想像力を失わずにいよう。
	

レイプ被害は話さない方が身のため... 被害者を黙らせて、加害者は咎められない社会

日本で生活する性犯罪の被害者として社会もメディアもよく私たちに、私たちに隠したほうがいいというふうに言われます。
これは私たちのためであるということも言われます。
実際、捜査員にも報告しないように私は勧められました。
もし報告をするとしたら、ジャーナリストとしての仕事も失い、そしてこの業界で仕事ができなくなるというふうにも言われました。
自分の人生もこれで終わりだよということまでも言われました。
この主な理由というのは、私が犯罪者として訴えている人は知名度が高く、業界でも尊敬されている人だからです。

出典:ジャーナリスト・伊藤詩織さんが会見(全文1)逮捕見送り問題報じた社はなし (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

外国特派員協会(FCCJ)での記者会見より
「性行為の同意があったと思われても仕方がないと思うもの」という質問に対して、「2人きりで飲酒」「2人きりで車に乗る」などと答えた人がおよそ2〜3割

出典:伊藤詩織さんに海外ジャーナリストが聞いたこと「日本でレイプがあまり報じられないのはなぜ?」


NHKの番組「あさイチ」のアンケートより。男女2人きりでこうした行為をした場合は、性犯罪にあっても「仕方がない」と思われているのが日本の現状。民度の問題も大きいと思います。
伊藤詩織さんの会見見てる。
どうして2年もかかったの??という奴とか、彼女の代わりにあたしが片っ端から張り倒したいわ。

あたしは23歳の時レイプに遭って、40歳の今、やっと彼女が今、会見でスピーチしてるような意見を持てるようになった。

2年もだって?ふざけんな。
	
レイプから17年。

理解あるパートナーも得て『克服』したと言えるからこそ打ち明けて

『あなただけじゃない。あなたは悪くない。自分を責めないで。あなたには幸せになる価値がある。』

を伝えたいと思った。
17年経とうと思い出す度、動悸が止まない。
詩織さんの心労は如何許りか。
	
伊藤詩織さんを応援する意味も込めて【ブラックボックス】を鹿屋の書店で購入した。
本が売れることで世論が高まって、刑事事件として立件される日を心から願う。逮捕状がもみ消されたこの事件は、日本の三権分立国家としての危機でもある。
	
本でも伝えたかったこと 詩織さん「自分の妹たちに起こったらと思うと、繰り返させたくなかった。自分に起こったこと(レイプ)が特別だとは思ってない」
	
性的暴行の後、山口は詩織さんの下着を隠し「パンツくらいお土産にさせてよ」と。伊藤さんの著者「BLACK BOX」にある。底抜けの下衆である。

元TBS金平氏「元同僚に非常に怒りを覚える」、伊藤詩織さんの記者会見で強く批判
	
もし、いまYouTubeで詩織さん会見アクセスできる人いたら、コメントも見て欲しい。山のような地獄の中傷が、この事件のヤバさを逆説的に証明しているんじゃないかな。
	
長老RT笹田 惣介氏抄
朝から、ハリウッドの元大物の女優たちへのセクハラ事件を報道するメディア。
一方で逮捕直前揉み消された山口敬之の強姦事件は完全にスルー
 
	
詩織さんの事件は衝撃的だった。

DNA鑑定の結果もあり、防犯カメラにも写っていて、裁判所が逮捕状の請求を認めたにも関わらず、上からの圧力で捜査が打ち切られたこと。

こういうことを見て見ぬフリをするようなメディアは、終わりですね。
	
今日、FCCJで伊藤詩織氏が会見を開いた。これをマスメディアが大きく報じなければ、日本の未来は真っ暗。山口敬之と同じ、TBSワシントン支局長をつとめた金平茂紀氏が質問した。彼の番組TBS「報道特集」で深堀りしないと示しがつかないよ。
	
返信先: @minervaowl_flyさん
そうですね。そう意味では、詩織さん問題を追わないメディア=女性の敵であると思います。
とても長い間続いてきた古い体制。
こういう体制を「古き良き日本の…」などと言ってよしとする日本は本当に異常です。

女性を見下して発展した国家はない。生活も経済も何もかも上手くいかなくなる。
	
選挙が終わるまで、会見をさせない、与党に不利になる情報は発信させない、この国の社会もモラルもおかしい。言論表現の自由をメディア自ら封じて損なってどうするんだ!本当に山口敬之も警察権力も司法も、加担するメディアも許せない!
	
ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。
この記事が気に入ったら、ぜひ【シェア】で記事を広めてください!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
whitework_jp

【ホワイト労働を広める会】 日本のブラックな社会システムにドロップキックするアカウント