• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
携帯電話の電磁波による健康障害の危険性、あなたのその病気の原因はもしかしたら電磁波が原因かもしれません

携帯電話の電磁波による健康障害の危険性、あなたのその病気の原因はもしかしたら電磁波が原因かもしれません

Author:
seo-shareseo-share
Posted date:
Update date:2017年12月17日
携帯電話の電磁波による健康障害の危険性、あなたのその病気の原因はもしかしたら電磁波が原因かもしれません
今では多くの人が当たり前のように使っているスマートフォン。
スマホから電磁波が出ていることは皆さんご存知かと思います。
しかし、この電磁波に健康障害があるということはご存じない方も多いです。
日本では電磁波に対する健康障害について大手マスコミがあまり報道しないために、ご存知無い方が多いのは仕方がないことかもしれません。

どの程度危険でどんな障害が出るかは電磁波を浴びた場所や時間、個人差も大きいため様々ですが、妊娠中、赤ちゃん、成長期までのお子様など、年齢が若いほど危険性は高くなる傾向にあるようです。
電磁波は携帯電話に限らず、様々な電子機器、変電所や高圧電線、電車、モノレールなどの乗り物からも電磁波が出ています。
携帯電話は、それほど強い電磁波じゃなくても、常に持ち歩く物で使用中は頭に近い場所で使うために健康障害が出やすく、危険とされています。

電磁波の危険性について知ろう

電磁波の危険性に知らずに、何も対策を取らないで生活をしていると、電磁波過敏症になる可能性があります。完全に避けることは出来ませんが、簡単な対策で効果はあるようです。

電磁波過敏症とは

電磁波過敏症(でんじはかびんしょう、英: electromagnetic hypersensitivity [EHS] )または電磁場に起因する特発性環境不耐症(でんじばにきいんするとくはつせいかんきょうふたいしょう、英: idiopathic environmental intolerance attributed to electromagnetic fields [IEI-EMF] )とは、「ある程度の電磁波(=電磁場)に曝露すると、身体にさまざまな不調が現れる」とする疾病概念、心気症の一つであるとされ、健康を害する電磁場に曝されてる(という観念)事によって引き起こされると称されている症状、疾病を記述する用語である。「特発性」(idiopathic)とは原因不明であることを意味する。現状、明確に疾病概念は定まっていない。

テトラサイクリン系抗生物質などの薬剤に光線過敏という副作用があり、少なくとも薬剤使用中に電磁波(可視光または紫外線など)に対し過敏になることは医学的に広く認められている[1]。紫外線は可視光ではない。

出典:電磁波過敏症 - Wikipedia

	
以下の動画では、「電磁波の10の有害性」について説明している動画になります。
電磁波の10の有害性については、ロバート・ベッカーさんが証明しています。
船瀬俊介 周波数に関わらず人工電磁波の10の有害性を誰も否定出来ない ロバート・ベッカー 発がん性・リウマチ・アトピー・膠原病・不眠症の原因

 「電磁波に近づいてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾 - YouTube はてなブックマーク数

電磁生体学の世界的研究で有名なロバート・ベッカー博士について

電磁波に近づいてはいけない!/ロバート・ベッカー 電磁波の10の大罪 (船瀬俊介)

“Robert Otto Becker (May 31, 1923 − May 14, 2008) was a U.S. orthopedic surgeon and researcher in electrophysiology/electromedicine. He worked mainly as professor at Upstate Medical Center in State University of New York, Syracuse, and as Director of Orthopedic Surgery at the Veterans Administration Hospital, Syracuse,  New York.”
Robert O. Becker - Wikipediaより引用
電磁生体学の世界的権威でノーベル賞に2度もノミネートされたロバート・ベッカー博士(ニューヨーク州立大)は「体内のかすかな電位差による生体内電流の刺激が、生体内をコントロールし、さらに治癒、再生まで制御している」ことを証明しているんです。

出典:電磁波はメディアの中で最後のタブー

	

電磁波と何か?それはどこまで危ないの?

電磁生体学の世界的研究で有名なロバート・ベッカー博士(ノーベル医学賞に2回ノミネート)は、電磁波の生体安全基準を1ミリガウスにすべきと主張しています。 さらに注意すべきは、「1ミリガウス以下なら安全」とは言っていないことです。 すべての異常な人工的な電磁波は、その周波数に関係なく、同様の生理的影響をもたらす。 これらの影響は正常な機能を低下させたり潜在的に有害であるといっています。

参考資料「船瀬俊介著書「やっぱり危ないIH調理器 三五館」より

出典:電磁波対策特集|コスミックエナジー研究所

	
私は、これまで電磁波過敏症や電磁波障害によって病気になったと思われる人たちを、少なくとも一万人以上見てきました。その中には、電磁波の10の大罪と思われるケースが数多くあったのです。 微弱な電磁波によって起こされる症状は慢性的な症状や慢性病としてしか現れないため、医師はもとより本人すら気付かない場合が多いのです。 私が患者さんに「あなたの症状や病気は電磁波障害によるものですよ」と言っても、ピンと来る人はほとんどいません。電磁波障害対策用の器具を使うことによって症状や病気が良くなって初めて、自分の病気は電磁波が関係していたのかもしれないと思う人がほとんどです。電磁波が人体に悪影響を与えているという事実は、電磁波が目に見えないだけあって信じがたいのです。 

出典:電磁波によってどんな悪影響が出るのだろうか?-電磁波クリニック

	

はやりスマホの電磁波には気をつけなければいけない

スマホから出る電磁波が体に与える影響は? 効果的な対策方法を紹介!

スマホは、現代の生活になくてはならないものです。所持年齢は年々低下し、小学生に持たせているご家庭も少なくありません。しかし、その一方でスマホから出る電磁波の影響が心配という方もいるでしょう。インターネットを少し検索しただけでも、スマホによる電磁波の害を訴えているサイトがたくさんヒットします。そこで、今回は、スマホの電磁波が体に与える影響をご紹介しましょう。
子供にスマホを買ってあげたお父さん、これから子供にスマホを買ってあげようと思ってるお母さん、ひょっとしたら、そのスマホが子供の健康に悪影響を与えるかもしれません。

「スマホが放出している電磁波は、ガラケーの電磁波より、人体へのダメージが10倍もあると言われています。」(ジャーナリスト・船瀬俊介氏)

スウェーデンの研究所は、20歳前に携帯電話を使い始めた人(使用期間は1年以上)は、脳腫瘍のリスクが5倍になると発表しました。

出典:スマホの電磁波が子供に与える影響!後悔しないための対策10か条 | 行列のできる情報館

スマホ使用の低年齢化は喜んでいる場合じゃない重大なことです。
保護者、親が知らなかったでは済まされない問題で、子供には重大な健康被害が起こる可能性が高いと知らなければなりません。
使用させないのが一番ですけど、ある程度の年齢になれば、勉強やその他生活にもスマホは活用できますので、時間や連続使用を避けながら使うなどの注意が必要です。何か電磁波障害が原因かもと思われる症状が少しでも出たら使用を避ける必要性があります。
「電磁波」というと、「体に悪そう」「浴びすぎると病気になる」というイメージを持っている方が多いでしょう。「電磁波」でインターネットを検索すると健康被害を訴えるサイトがいくつもヒットします。電磁波とは、電圧が発生する場所にできる電場と磁場をあわせもった波動のことです。電磁波にはたくさんの種類があり、IHクッキングヒーターなど家電などから低周波電磁波(磁場及び電場)、テレビ局やラジオ放送・携帯電話の高周波電磁波(電波)。X線・ガンマ線などの放射線。そして、太陽光に含まれる紫外線や赤外線なども電磁波の一種です。また、電磁波は電気が流れるところには必ず発生します。そのため、私たちは常に電磁波を浴びているといっても過言ではありません。ここでの電磁波とは低周波電磁波と高周波電磁波のことです。

出典:スマホから出る電磁波が体に与える影響は? 効果的な対策方法を紹介! | 電磁波対策グッズのエコロガ『環境通信』

	

イヤホンマイクを使ってスマホを体から離して使えば、電磁波の量は20分の1から136分の1まで減ります。

スマホ・携帯の電磁波を避ける最も簡単な方法は、イヤホンマイクを使うことです。付属でついているものは、自分の耳に合わなかったり壊れやすいなどの欠点があります(携帯ショップ店員の話)。

付属のイヤホンマイクが使いにくかった場合には、自動で巻き取れるタイプのものが電気店などで売られています。

イヤホンマイクをめいっぱい引き伸ばし、スマホを体から出来るだけ離して通話します。電磁波の強さは、発信源からの距離の二乗に反比例します。耳に5cmの位置で話すのに比べて、50㎝体から離すと、10分の1の二乗、つまり電磁波強度は100分の1に弱まります。

しかし、これは単純計算であって、実はイヤホンケーブルは位置によっては電磁波を増幅する作用もあるんだとか。しかし、少なくてもイヤホンマイクで電磁波を浴びる量は20分の1から最大136分の1に減らすことはできるそうです。

出典:スマホの電磁波が子供に与える影響!後悔しないための対策10か条 | 行列のできる情報館

ただし、Bluetooth(ブルートゥース)のハンズフリーキットを除く。
ブルートゥースも電磁波が出ており電磁波対策になりませんので有線タイプのイヤホンマイク、ハンズフリーキットを使い、本体は体から出来るだけ離して使用することで出来るだけ電磁波を避けて使用することが出来ます。

スマホの電磁波が子供に与える影響!後悔しないための対策10か条 | 行列のできる情報館

スマホの電磁波が危険と知り対策するまでよくまとめられたページです。是非訪問してみてください。

informationnow.xyz

危険!スマホで「電磁波過敏症」に

電磁波過敏症という病気をご存知でしょうか?電磁波は、毎日のように使っているスマホからも多く発生しているので、気をつける必要があります。電磁波測定器を購入するなら、ぜひ当店をご利用ください。

www.cellsensor.net

電磁波の健康障害について総務省健康障害はないと言っているがホントウか?

電波の生体に対する影響

 電波は、エックス線などの電離放射線と違い、物質の原子をはぎとる電離作用を引き起こしません。
では、まったく影響がないかといえば、短期的な影響として、次のものがあります。

1 刺激作用
    低周波(100kHz(キロヘルツ)以下)のきわめて強い電波を浴びることにより体内に電流が流れ、"ビリビリ""チクチク"と感じる、刺激作用のことが知られています。
    この周波数帯は、船舶の航行用等の特殊な用途に使用されています。
2 熱作用
    高周波(100kHz(キロヘルツ)以上)のきわめて強い電波を浴びると体温が上がります。この原理を応用したのが電子レンジです。
    なお、携帯電話基地局や放送局などから発射される弱い電波を長期間浴びた時の健康影響(非熱作用)については、現在のところ、熱作用による影響以外に根拠を示すことのできる影響は見つかっていません。

出典:総務省|東海総合通信局|電波の人体に対する影響

総務省といえど、何ら信用に足らない情報です。どこをどう調べてこういう情報を載せているのか全くいい加減もいいところです。
今後、国の機関であろうとも安心して信用したら、健康ではいられないということを充分知るいいきっかけにさせてもらいました。
騙しているのか間違いなのか知りませんが、いずれにせよ重要な情報なのには代わりありませんし、海外の情報も合わせて調べると、何らかの意図を持ってわざと間違った情報を流しているのではないかという疑惑すら湧いてきます。これは私の勝手な推測なのでご注意ください。

スマホの電磁波が身体に与える影響。レンジよりも危険なスマホの対策

もはやスマホのない生活なんて考えられないと思いますが、スマホの電磁波の影響が取りざたされていますね。でも毎日使っていますし、電磁波を防ぐなんて不可能な気がしますが、本当にそんなに危険なものなのでしょうか。電磁波が身体に与える影響とはどの

josei-bigaku.jp

スマホから出る電磁波は本当に危険?スマホ使用で健康に影響するの?

スマホから出ている電磁波が危険だ!という話を聞いたことがある方も多いと思いますが、本当に危険なのでしょうか?また、スマホを使っていることで健康に影響することはあるのか、まとめてみました。…

soraris39.com

スマホの電磁波は体にどんな影響があるの?自分でできる対策は? | Pinky[ピンキ-]

現代人の生活に欠かせない存在となっているスマホから、電磁波が出ているってご存知ですか?そのスマホから出る電磁波が、体に悪影響を与えると言われているんです。特に妊婦さんや赤ちゃんは注意が必要!そんなスマホの電磁波の影響について、対策も含めてまとめて解説します!

pinky-media.jp

電磁波について何も知らない方が、はじめて電磁波の危険性について調べた方でも。電磁波が危険で、健康障害があるということは理解してもらえたと思います。
しかし上記で引用したように、国の機関である総務省は、健康被害はないという内容を発表しています。
どんなに詳しい専門家でも、電磁波が健康被害はなく安全という専門家もいます。
専門家でも真実を知ろうとしない御用聞き専門家と、真実を伝える専門家とに別れるということも知っておきましょう。
これを機に総務省や国の機関などが発表した内容でも鵜呑みにはしない習慣にしてもらえたらと思います。
2011年に、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は、携帯電話の電磁波と脳腫瘍リスクについて過去の調査を評価した結果、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠(limited evidence)が認められる」とする結果を公表しています。

世界中で、これだけ問題視されている電磁波の身体影響の問題ですが、日本のマスコミでは、まったく取り上げられません。それもそのはず、巨額の広告費をテレビ局や新聞社に投入しているキャリアに対して、都合の悪い情報は広告カットの死活問題です。当然、ヨイショ記事しか取り上げることはできません。

このため、いつまでたっても、危険が放置されている状態であり、知らされないのですから、国民もわかりません。キャリアにとっては、知らされないことで、いつまでも問題を放置しておくことができます。目には見えないし、因果関係もはっきりしないのですから好都合です。

出典:WHOも認めた電磁波リスクを報道しない、日本のマスコミは、原発安全洗脳と同じ構造。

大手マスコミが電磁波の危険性を報じない理由がココにあります。スポンサーの不利益につながることが報じない原因ならば、NHKは何故報じないのだろうか?
真実を報道しないのであればNHKすら信用出来ないという事になります。
その通り、真実は自らネットを駆使して調べた人にしか知ることの出来ない様な構造になっているのです。
様々なことを調べていくと、信憑性の確認の仕方も身についていきます。必要な情報はとことん調べ尽くし、ネットで拡散し広げましょう。もちろん身の回りの方にも広げましょう。

電磁波恐怖!スマホを耳につけて話す人。チンして何でも食べる人。

人が病気になる原因は食事、ストレス、電磁波が大きいと言われていますが、その中の電磁波は気が付かない(知らない)部分で大きく人体にダメージを与えていて、実はかなりの病気の原因を作っていることに気がつかされました。

shinhakken-blog.seesaa.net

WHOも認めた電磁波リスクを報道しない、日本のマスコミは、原発安全洗脳と同じ構造。 - 大和心眼ーヤマトシンガンー

先月の8月28日にあの話題のグーグルタブレット、ネクサス7の新型が発売されました。iPadminiとは違い、あまり世間では話題になりませんでしたが、ガジェット好きやIT関係者の間では、すでに米国で発売済みとなった機種が、日本でいつ発売になるかどうか待たされました。そして発売の3日前ぐらいに報道公開され、店舗での販売も現在好調のようです。さて、今日は、タブレットの話しというよりも、このタブレットから発する電磁波について考えてみたいと思います。なぜ、電磁波かというと、電磁波は見えないため、安全性に疑問が残っている課題のひとつだからです。見えないと言えば、放射能と同じで、色も匂いもありません。しかしながら、人体に長時間に渡って影響を及ぼし、健康被害の要因となることがわかってきました。2011年に、世界保健機関(WHO...WHOも認めた電磁波リスクを報道しない、日本のマスコミは、原発安全洗脳と同じ構造。

blog.goo.ne.jp

2017年スマホ電磁波!子供への影響がやっぱり危険だった!幼いカラダに与える影響とは?

あなたは、「スマホを見ながら、寝ちゃった~!」朝、気付けば、スマホが頭の下や、枕のすぐ側に落ちている・・・ってこと最近よくありませんか?これって電磁波の影響をかなり受けてしまうそうです! しかも、子供はその数倍も・・・!

kokoro015.com

電磁波の危険性と健康被害を知らないのは先進国では日本だけです

電磁波とはなんなのか 電磁波とは、電場と磁場に別れており詳しくは次のように説明されています。

privateblogs.seesaa.net

電磁波の危険性をWHOも認める

基準値以下だから安全」とは言えなくなった
 WHO(世界保健機構)の専門機関である国際がん研究機関(IARC)が5月31日リヨンで記者会見を開き、携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発がん性の可能性あり」という評価結果が発表された。 

 5月24日から31日までフランスのリヨンで開催した評価会議の結果だ。世界14カ国31人の専門家が集まり8日間の協議のうえ出した結論である。

 ケータイ電磁波の発がん性についてはこのmynewsjapanでも報告してきているように、世界各国の研究では10年以上の長期使用者での発症率の上昇が発見されていた。しかし研究者の間でその解釈をめぐり対立が続いていた問題だ。

 WHOのような国際機関が可能性とはいえ発がん性を認めたのは初めて。これまでの「危険だという証拠はない」という立場から、「安全だという証拠はない」という立場に大きく舵を切ったことになる。

出典:WHOようやくケータイ電磁波の発がん可能性認定 決め手は中立...

	

WHOようやくケータイ電磁波の発がん可能性認定 決め手は中立性、安全派委員の資格剥奪|MyNewsJapan

国際がん研究機関(IARC)がケータイの電磁波に発がんの可能性があるとの見解を発表したが、今回のIARC評価会議の直前に、安全派のリーダー的研究者であるスウェーデンのアールボム博士に、通信会社との利害関係が発覚し、委員の資格を剥奪されてい...

www.mynewsjapan.com

「研究対象の10%程度を占める最大のヘビーユーザー(累積通話時間1640時間以上)のグループで、神経膠腫リスクが上昇している。それも常に携帯を使う側の側頭部の腫瘍が増加している。そこが電磁波の暴露をもっとも受ける部分だ。
 ただ、バイアスと誤差のせいで強い結論は出せない。つまりリスクが増加するということを証明していないが、逆にリスクがないということも証明していない。
 最大のヘビーユーザーのグループで、携帯電話の電磁波をもっとも暴露する側頭部での腫瘍の増加は、相関関係があるという可能性を示唆しているが、結論づけるだけの十分な科学的証拠はない」(太字筆者)」

出典:ケータイヘビーユーザは脳腫瘍1.9倍 WHO研究結果も、...

	

ケータイヘビーユーザは脳腫瘍1.9倍 WHO研究結果も、日英で180度異なる報道|MyNewsJapan

携帯電話と脳腫瘍との関連を調べる世界最大規模の研究結果が、5月18日に発表された。世界保健機関(WHO)の中の国際がん研究機関(IARC)が進めていたインターフォン研究と呼ばれるもので、日本も含めた13カ国が参加している。結果について日本...

www.mynewsjapan.com

携帯電話を10年以上使い続けると脳腫瘍のリスクがあがるという研究がふえていることは、すでにMyNewsJapanでも紹介している。携帯電話を使う際に、脳がかなり強い電磁波を浴びてしまう点が問題にされている。

 一方中継アンテナの場合、周辺環境の電磁波の強さは桁違いに低い。しかしたとえ微弱であっても24時間浴び続けることのリスクには不明な点が多い。一部の研究では、白血病などガンや頭痛や集中力の欠如などの症状が増えるという報告も出ている。

出典:欧州で進むケータイ中継アンテナ規制 対策取らぬ企業にアン...

	

欧州で進むケータイ中継アンテナ規制 対策取らぬ企業にアンテナ撤去命令も|MyNewsJapan

欧州議会は4月2日、欧州全体での基準値の見直しと、アンテナ設置の規制強化を求める決議を圧倒的多数で採決した。司法の場でも、昨年9月にフランスで中継アンテナの撤去と近隣住民への損害賠償を認める判決が下された。判決では、通信会社が技術的に可能...

www.mynewsjapan.com

携帯電話、スマホの電磁波の危険性まとめ

  • スマホからは通話中、通信中に限らず待ち受け時でも電磁波が出ている
  • 妊娠中、幼児、成長期の子供は電磁波に対して特に注意が必要
  • 大人も含め寝る時は枕元に携帯、スマホを置かない
  • 通話中は有線のヘッドセット、ハンズフリーキットを使い、本体を体から遠ざける
  • 危険な電磁波を発するものは携帯電話だけでなく多くの家電などからも出ているので合わせて注意し対策を取る
携帯電話の電磁波の危険性、健康障害についてまとめましたが、あなたはどう思われましたでしょうか。 それほど危険ではない可能性もあるという情報や、危険だから避けるべきという情報とあるから、どれが本当かわからないという人もおられると思います。 私は、電磁波は危険で、出来るだけ避けなければならないという考えです。 うつ病や何らかの精神障害の子供が増えたのもスマホが普及しだした頃とほぼ一致していることからも、電磁波が危険であることの、ほぼ証明と言えるのではないでしょうか。 後は読んだ皆様が同感じ、同判断し、行動するかです。 知っていても行動が変わらなければ知らないのと同じです。 最後までお読み頂き、有難う御座いました。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
seo-share

Web作成、SEO集客、物販アフィリエイトを得意としております。 その他コピーライティングや、行動心理学なども合わせて勉強中で、皆様の参考になるページをわかりやすくまとめることをモットーに精進していきたいと思います。