• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
[2017年版]カードローン選びに失敗しないための最低限の知識

[2017年版]カードローン選びに失敗しないための最低限の知識

Author:
かりんとうかりんとう
Posted date:
Update date:2017年11月08日
[2017年版]カードローン選びに失敗しないための最低限の知識

カードローンの種類は1つじゃない

カードローンの申し込みをするときの検討材料になるのは
・金利の安さ
・審査スピード
・サポートの手厚さ
この3つが重要になってきます。この3つの検討材料の中でも最も重要なのが「金利の安さ」です。

申し込み後どのぐらいの金利が発生し毎月どのぐらいの支払いが必要になるか、という点は直接的にお金の出費に関係することになるので重要視しているひとは多くいると思います。

今回は金利が安くオススメのカードローンをご紹介させていただきます。

発行するカードローン業者によって種類があるのを知っていますか?

一言でカードローンといっても大きく分けて「銀行系カードローン」「消費者系カードローン」「信販系カードローン」の3つに分けられます。

借入方法や返済など基本的な流れは3種類あるそれぞれのカードローンの仕組みは同じですが、それぞれメリットやデメリットなど違いが出てきます。

銀行系カードローン

都市銀行、地方銀行やネット銀行などで提供されているカードローンです。普段使用している銀行のカードローンを使えば他のカードローン会社と比べ馴染み深い分安心感が違うと思います。

申込者の返済能力を大きく越える借入することは難しいですが、消費者金融系、信販系と比べると金利は安いです。

あまり大きな借入を考えていない場合には銀行系カードローンはオススメです。

消費者金融系カードローン

アコムやプロミスなどテレビなどの広告で見かけることの多い消費者金融が取り扱うカードローンです。
テレビのCMなどで見かけることも多いですが、消費者金融系カードローンは即日で審査をしてくれることが多く、銀行系、信販系と比べると比較的に審査は通りやすいのが特徴です。
金利は銀行系などと比べて高額に設定されています。

カード会社によって借入をしてから月内の返済なら無利子で利用できるなど様々なサービスが実施されています。

急な出費など審査にあまり時間をかけたく無いひとにオススメです。

信販系カードローン

クレジットカードを取り扱っている信販業者が提供しているカードローンです。
こちらも銀行系カードローンと比べ審査スピードが早く、業者独自で行なっているサポートや特典が多数あります。

各社カードローン業者の平均金利

銀行系カードローン

年間14%前後が平均金利となっています。
審査スピードが遅いが金利が安いので遅くても金利を下げたいというひとにオススメです。

消費者金融系カードローン

年間18%前後が平均金利となっています。
銀行系と比べ金利は高額になりますが、審査スピードが速いため、手元にすぐお金が欲しいという人にはオススメです。

信販系カードローン

年間15%〜18%と各業者によって多少前後します。
銀行系のカードローン会社と比べ審査基準は低めに設定されているためお手軽に借入することが可能です。

金利を決めるための条件

各会社によって幅がある金利ですが、金利の決まり方は融資金額によって大きく左右されます。
借入金額が決まっているならば、それをもとにどのぐらいになるのか確認をするのがオススメです。

同じ金額を借りたとしても業者によって金利が変わってしまうと損をしてしまいます。
できるだけ損をしないように上手にカードローン業者を選ぶようにしましょう。

カードローンの審査について

カードローンの申し込みをするときにどんな会社でも必要になるのが「審査」です。
なぜ審査があるのかというと、カードローン会社が返済能力の無いひとにお金を融資してしまうと会社が損をしてしまいます。

会社が損をしないように利用者の返済能力や信用度などを確認するために行われます。

金利が安いと審査が厳しいの関係

先ほども説明したように返済能力の無いひとに融資をしてしまうと損をしてしまいます。
さらに返済能力の無い人に低金利で融資をしてしまうと会社の回収できるお金が少なくなってしまいます。

金利が高額なカードローン会社は回収できないお金を少なくし、損をしないように金利を高く設定します。

低金利の会社はこのひとであれば返済能力や信用度において問題がなくしっかり返済してくれると判断されると低金利で借入することが可能です。

金利が安いと審査が厳しくなるのはこういった理由があるのです。

カードローン申し込みの注意点

カードローンは金利やカード会社選びをきちんとすればとても便利なものです。
ですが便利でいいことだけではありません。注意しなければいけないこともあります。
	

借入後の返済方法

借入が終わったからといって安心はできません。毎月返済をしなければ信用情報に傷がついたり自宅や職場に電話や取り立てが来てしまいます。

借入をする前に返済シュミレーションやどのぐらいのペースで完済できるかなど自分のライフプランにあった返済方法を考えてから申し込むようにしましょう

虚偽の情報で申し込みをしない

保証人不要、会社に在籍確認がないなど比較的に簡単に審査をしてくれる会社も数多く存在します。在籍確認や所得証明書がいらないからと虚偽の情報を登録をして、虚偽の情報だとなんらかのタイミングで発覚した場合、裁判や損害賠償などの問題に進展する可能性があります。

怪しい業者か法律の元正しく事業をしている会社か見極める

審査なし、保証人不要や高額貸付など怪しい業者は少なからず存在します。
闇金や裏金融などの違法業者と関わってしまうと思いがけないトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるのでできるだけ知名度が高く安心できる業者を選ぶようにしましょう

オススメのカードローン会社

アコム

・即日融資
・初めてご利用の場合30日間無利息
・利息はご利用日数分だけ
・ネットから24時間借入、返済可能

など初めてのひとにも安心してご利用できる手厚いサポートがあります。

プロミス

・即日融資
・初めてご利用の場合30日間無利息
・郵送物なし、カードレス。申し込みから借入、返済までWeb完結

アコムと同じく初めてご利用でもわかりやすくて厚いサポートを受けることが可能です。
また書類やカカードなく全てWeb完結なのはわかりやすく魅力的ですよね

まとめ

・アコム
融資額1〜800万
貸付利率3%〜18%
遅延利率20%
問い合わせ窓口0120-07-1000

・プロミス
貸付利率4.5%〜17.8%
融資額500万まで
遅延利率20%
問い合わせ窓口0120-24-0365

2つの会社は初めてのご利用でもて厚いサポーとしてくれる会社なのでとてもオススメです。
もし確認したいことや不安なことなどあれば問い合わせ窓口に電話をすると親切に教えてくれるので相談してむるようにしましょう。

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
かりんとう